カテゴリー

アド街ック天国は高島平!見逃した方はこちら!2020.8.22放送

アド街は、高島平特集。
今日は、裏番組で24時間テレビもあって、イノッチ部長ファンの人は忙しかったみたい!

高島平団地は、農村地帯にできた大団地。
に50年前、東洋一のマンモス団地として誕生。
3万人が引っ越してきました。
それから半世紀、独自の進化を遂げている高島平にスポットを当てます。

昔の写真です。

1万人がくらす、団地の下の商店街。

Contents

アド街(高島平)20位 ちばや食品ストア

ちばや食品ストア、人気の総菜は昼には売り切れてしまう。
ご主人がつんできた山菜で春を感じます。
唐揚げは毎日10キロ売れますが、花火大会の夜は100キロ越え。
大晦日には、えび天が売れます。

団地とともにおよそ半世紀前にオープンしたお店。手作りのお惣菜が40種類以上並ぶ。アジフライなどの揚げ物は年中大人気。中でも、唐揚げは、「いたばし花火大会」の夜にはなんと100キロ以上も売れるという。これが高島平の夏の味。
住所: 東京都板橋区高島平2-33-7
TEL: 03-3936-0165




アド街(高島平)19位 高島ライダー

高島平商店街のローカルヒーロー。腰が低く、名刺ももっています。
フットワークが軽く、子どもたちにも人気です。

高島平駅北口にある高島平商店会のローカルヒーロー。幼稚園の誕生日会や商店会のイベントなどでフットワーク軽く活躍中。子ども達からファンレターもよく届くという、地元の人気者。
TEL: 03-3934-0007
<高島平商店会>

アド街(高島平)18位 板橋の田園調布

西高島平には、一軒家が多い。
高級住宅街、板橋の田園調布と言われています。
昭和40年に売り出され、放射状のまちなみは特徴。

これまで家賃相場が低かったが、東横線との乗り入れで、人気上昇中。

◆板橋の田園調布は常盤台でしょう!の声が多い!

都営三田線の終着駅、西高島平の駅前は戸建てが並ぶ住宅街。緩やかにカーブする道路、放射線状に広がる街並みは田園調布にそっくりで、「板橋の田園調布」と呼ばれている。

アド街(高島平)17位 ロケが多い洋食店「フットレスト」

「ロボット8ちゃん」を赤塚公園でやってたり、おっさんずラブの撮影もあった高島平。綾野剛さんもきていた、

特に洋食店の「フットレスト」は、ロケによくでる、松島奈々子、リリーフランキーもこの店に来た。イノッチ部長も出演した「特捜9」では、店の二代目が殺されてしまうという設定だった。
一番人気はハンバーグのチーズ焼き。

実は映画やドラマのロケ地としてテレビで目にすることが多い高島平。中でもこちらは、数々の作品でロケに使われた洋食店。これまで、ドラマや映画に登場すること20回以上。窓際の席には豪華な俳優達が座ってきた。そんなお店の一番人気は”ハンバーグのチーズ焼き”。ハンバーグにどっさりとチーズを乗せてオーブンで焼き上げる。
住所: 東京都板橋区高島平2-22-11
TEL: 03-5398-6665

アド街(高島平)16位 団地ライフ

団地の人は、ほとんどが知り合い。
「棟が違っても、学校は一緒なので、知り合いですね」とインタビュー。
間違えた家を開けたすることもある。
洗濯のものが飛ばされると、エレベータホールに貼っておいてくれる。

子どもたちは、「ドロけい」も団地をまたいでやってました。
この町ならではの文化がはぐくまれています。

この街では、マンモス団地ならではの暮らしや文化が生まれている。建物や部屋の形が一緒なので、帰る部屋を間違えることは”団地あるある”という。そして、子ども達の遊びはというと、鬼ごっこなら逃げるエリアを団地内にまで広げ、ダイナミックに遊んでいる。

アド街(高島平)スタジオトーク

今日のゲスト 峰岸みなみさんは、高島平育ち。
峰竜太さんは、「いい感じに年輪を感じる、高層じゃない住宅が素敵」
山田五郎さんは、「当時の一番優秀な人たちが設計した団地。住みやすいはずです。」

「フットレストさんは、よく殺しの現場をさせてくれたよね。食中毒以外ならいいっていってた」

アド街(高島平)15位 激安

西高島平駅の北側には、流通の拠点が集まっている。そのため、街にはお得なお店がいっぱい。団地のお祭りや運動会など、一年中イベントだらけの高島平では、大量に安く買えるこれらのお店が重宝されている。

アド街(高島平)15位 「ヤスノC&C」食品卸問屋

イベントだらけの高島平ではこのお店が重宝!

【ヤスノC&C 高島平店】
一般の方も買い物できる食品の卸し問屋。団地の住民もよく利用している。
住所: 東京都板橋区高島平6-6-6
TEL: 03-3975-7754




アド街(高島平)15位 価格破壊の洋品店「のとや」

価格破壊している洋服屋さん。

【のとや 高島平店】
高島平のおしゃれを牽引。価格破壊の洋服屋さん。
住所: 東京都板橋区高島平8-18-2
TEL: 03-3935-4600

アド街(高島平)15位 価格破壊の洋品店「丸富商店」

牛を一頭飼いしている精肉店
ブランド大安売りの日は半分の価格で売ってます。

【丸富商店】
和牛専門の卸問屋。毎月第4土曜日は工場直売セールを開催している。
住所: 東京都板橋区高島平6-2-4
TEL: 03-6904-2981



アド街(高島平)14位 峰岸みなみさんの両親の店 キリギリス

峰岸みなみさんの、両親のお店。
AKBファンよりは、地元の人が多い。

峰岸さんは、子どものころ、移動販売の漬物やさんのキュウリを食べていた!
「南さんは、時々帰ってきます?」
「グリーンカレーの日は帰ってくる」

「ママかわいいね!」とスタジオでは話題。
お店にいって、ママのファンになる人が多いみたいです。

高島平で人気を集めるビアパブ。店名のキリギリスは、アイドルグループ「ノースリーブス」の曲名から名付けられた。クラフトビールに合う料理も充実。中でもカリーヴルストが人気。
住所: 東京都板橋区高島平8-14-5-101
TEL: 03-6906-8251

アド街(高島平)13位 団地マニア

団地マニアとして知られる照井けいたさんは「団地のレジェンド」と高島平を表します。

高島平には、特徴的な建物があります。
「ツインコリダー団地」は、中央の吹き抜けに配管が集約されています。
「V字型団地」は日当たりを実現するため。時代をこえる名建築があります。

近年、静かに広がりを見せる団地ブーム。中でも高島平はマニア達が一目置く、団地界のレジェンド。建物の両側に部屋を配したツインコリダー型や、住居の多さと日当たりの良さを両立させるV字型など、時代を超える名建築が残っている。



アド街(高島平)12位 ブラウンオニオンカレーファクトリー

こだわりのカレー屋さん、

ときどきラーメン店に変身、週末には、のれんがかかりウナギやさんになる、
オーナーが一番すきなのはうなぎで、ひつまぶしを研究した。

カレーファン注目のお店。オーナーのカレー好きが高じて5年前にオープン。ブラウンオニオンという店名通り、毎週120キロ以上の玉ねぎを使う。研究を重ね生まれた3種類のカレーに、様々なトッピングを混ぜ合わせていただく。そして、毎月第1日曜はカレーラーメンの日に。実はオーナーはラーメンも大好物。さらに祝日には、またまた大好物のうなぎ専門の日に。カレー屋さんだが、うなぎの日はカレーを一切出さない。
住所: 東京都板橋区高島平5-22-12
TEL: 03-5967-1477

アド街(高島平)11位 高島平新聞

毎月無料で配布、団地の一室で作られています。
半世紀とりためた写真が・・

池でのどじょうすくい、2万人の盆踊り、操縦飛行機の墜落(ガス欠だから火がでなかったけど)

人の多い高島平ではm何やってもおまつり状態で、予防接種は大行列。

峰岸みなみさんも、マルシェで両親の手伝いをして新聞にのりました。(記事がちょっと小さかった)

昭和47年に生まれた地域紙の先駆け。毎月1回無料で配布。街のイケメンコーナーが人気。編集部は団地の一室。地元の主婦が記者を務めるなど、高島平の住民による手作りの新聞。
住所: 東京都板橋区高島平2-33-4-109
TEL: 03-3936-1634

アド街(高島平)10位 板橋区立 熱帯環境博物館

コロナで閉館した時に、いい動画がとれました、
ビルマムツアシガメの散歩や、チンアンナゴの散歩、ウーパールーパーのお食事を動画配信しています。

「板橋区は地味だけど、区の施設が充実」 と山田五郎さん。

熱帯の植物や魚などを生活している環境ごとに展示。植物は4つのゾーンに分かれていて、およそ700種類が展示されている。小・中学生なら、土日は入館無料で楽しめる。
住所: 東京都板橋区高島平8-29-2
TEL: 03-5920-1131



アド街(高島平)9位 剣閣 四川料理

名店四川飯店で修行したオーナー。
新メニューも開発中。マーボーのナポリタンなど楽しいメニューも。

ルコルトンブルーを卒業した、パートの高木さんのデザートもあります。

昭和52年に創業した四川料理の名店。シェフは「四川飯店」で修行。原宿の名店「龍の子」では料理長を務めた。自家製ラー油と四川省の香辛料を駆使した麻婆豆腐は絶品。今はテイクアウトにも力を入れ、中華風のナポリタンなど、次々と新メニューを開発している。
住所: 東京都板橋区高島平7-32-5
TEL: 03-3939-6750

アド街(高島平)8位 徳丸ヶ原遺跡碑

天保年間に日本初の砲術の訓練が行われた。
高島秋帆が、ここで訓練をしたのが、高島平の名の由来。

かつては、徳丸ヶ原と呼ばれていた高島平。江戸末期、この地で日本初の西洋式砲術の訓練が行われた。これを記念して石碑が建てられた。大砲の訓練を指導したのは長崎の町年寄だった高島秋帆。高島が訓練を行った平地ということから、のちに「高島平」の名がついたといわれる。



アド街(高島平)高島平ものがたり

最初に越してきた人は「風呂なしのところから来たからm天国だった。」
100以上のサークルができました。
広場や通りの名は住民の公募。
Lちゃんひろば、おまわりさん通りなどの名前も。

アド街(高島平)7位 あぺたいと 両面やきそば

両面焼きそばで人気。本店は高島平。

純烈もファン。
マン-ジャーが通いはじめ、今はみんながファン、
大分の日田やきそばを独自に進化させました。
生卵を落とすのがいい!

マスターはコンサートの楽屋に焼きそばを差し入れたほど。

焼きそばブームの前から人気の名店。関東に7店舗を展開。本店が高島平。30年かけて生み出された”両面焼きそば”が名物。麺もソースも自家製で、大分県日田市の名物、日田焼きそばを独自に進化させた。
住所: 東京都板橋区高島平7-12-8
TEL: 03-3938-6302

峰岸みなみさんは、リリーフランキーさんと、先週はじめて「あぺたいと」に行ったんだそう。

純烈は、インタビューで「高島平の改札で歌ったことがある」


アド街(高島平)6位 野球チーム 戸田橋緑地

戸田橋緑地には、野球チームがたくさん。
戸田橋緑地では花火の思い出もあると、峰岸みなみさん。

荒川の河川敷に広がる。この緑地にはなんと30もの野球場がある。

アド街(高島平)5位 町工場

HINODEは工業製品の塗装専門、
スカイツリーの通信機器も補修し、試験問題をつくっています。

板橋区は23区で2番目に製造品の出荷額が多い工業王国。その工場の多くが、高島平の北側エリアに集まっている。

【HINODE】
工業製品の塗装専門の工場。社長は、国家資格の試験問題を作成する塗装の超エキスパート。スタッフも全員、技能資格の保有者。
住所: 東京都板橋区新河岸3-8-13
TEL: 03-5997-1235

アド街(高島平)4位 大東文化大学

ラグビーも有名
高校の書道部も全国優勝する実力。
書道部部長は、成田山の大会で大きな賞をとった、
将来は看護士志望だといいます。

ラグビーや駅伝の強豪校。大正12年創立。昭和36年に高島平へ移転してきた。
住所: 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL: 03-5399-7800

【大東文化大学 第一高等学校】
大東文化大学の附属高校。書道部は、昨年、書の甲子園として知られる国際高校生選抜書展で全国優勝を成し遂げた。
住所: 東京都板橋区高島平1-9-1
TEL: 03-3935-1115

アド街(高島平)3位 板橋トラックターミナル

1日3200トン、自家発電装置も備え災害時対応。

アド街(高島平)2位 公園がいっぱい

およそ50年前、緑豊かな街を目指し、公園もあちこちに作られた。

【赤塚公園】
板橋区最大級の公園。天然芝の競技場に加え、バスケットコートなどスポーツ施設も充実。園内にはバーベキュー場もあり、休日には地元住民が集まる。
住所: 東京都板橋区高島平3-1
TEL: 03-3938-5715

【徳丸ヶ原公園】
野球場やテニスコート、こども動物園などを有する。
住所: 東京都板橋区高島平8-24
TEL: 03-3932-0090

【こども動物園 高島平分園】
板橋区のこども動物園。団地はペットの飼育が禁止。そのため、動物と触れ合えるよう住民が要望し作られた。
住所: 東京都板橋区高島平8-24-1
TEL: 03-3932-0090



アド街(高島平)1位 高島平団地

50年たて、時代と共に変化。生活相談もしています。

約1万世帯2万人が暮らす日本最大級のマンモス団地。巨大すぎて、さながら一つの街。一面田んぼだったこの地を開発し、昭和47年に完成した。完成から約50年経った団地は、時代に合わせて変化。高齢者向けにバリアフリーに改装された部屋は、見守りアービスや生活相談も行ってもらえる。

スタジオトーク

団地に住みたくなりました。
須黒アナに団地をすすめるみなさん。

「出没!アド街ック天国」の高島平見ました。もうほんと凄く良かったです!!地上波で「団地生活憧れますね」「オススメだよ」なんて言葉を聞けるとは思いませんでした。第二次団地ブーム、間違いなくキテますね。#日本懐かし団地大全 #団地 #アド街 #高島平 pic.twitter.com/HETg0FQ1JU

— 公団ウォーカー てるる (@codanwalker) August 22, 2020

▶公団ウィーカーてるるさんの解説がすごい

▶番組を見た方の喜びの声が!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする