カテゴリー

ぶらり途中下車の旅 京王線・愛華みれさん 見逃した方こちら

5月18日放送の「ぶらり途中下車」の旅は、愛華みれさんが、京王線沿線を訪ねました。

都立小宮公園(京王八王子駅)、古代ローマのジュエリー「guest」(中河原駅)、古民家で食べる韓国料理「茶寮おもだか」(多磨霊園)、青果屋さんでアーティスト「小野田青果店」(調布駅)、ポーランド生まれのドーナツ「ボンチキヤ」(柴崎駅)、三陸のワカメ屋さん「サンリク」手作り陶器のボタン「陶と布0.5gram」(仙川駅)、九州の味「北九州酒場」(新宿駅)

都立小宮公園(京王八王子駅)

旅のはじめに訪れたのは、「都立小宮公園」

気軽に森林浴が楽しめる、野鳥の楽園です。

公園を出て、京王八王子駅まで歩きます。

<都立小宮公園>
 東京都八王子市暁町2-41-6
 042-623-1615

guest(中河原駅)

中河原駅で見つけたのは「古代ローマのジュエリーあります」の看板。

マンションの階段を上がると小さな工房らしいものが。

「guest」という店です。

古代ローマのジュエリーってなんだろう?

店主の大澤さんが、教えてくれます。

ローマ帝国時代のガラス製品が、土や砂の中に長い間埋もれて出来たもの、だそう。

土や砂の成分と、ガラスの成分が化学反応で銀化して、さまざまな色と銀色が混じりあいキラキラ。自然の芸術です。

触ってもこわれないので、ペンダントにして身に着けることもできます。

愛華さんは、1万2000円のペンダントをお買い物しました。

<guest>
東京都府中市住吉町1-48-2 マスダビル2F
042-368-7910

茶寮おもだか(多磨霊園)

途中下車の旅は、多磨霊園駅の「茶寮おもだか」に入ります。

白い暖簾をくぐると、心落ち着く庭園と古民家。

意外なことに、メニューは韓国料理!

お勧めの「三枚肉のプレート」をオーダー。

お肉とキムチを白菜に巻いて、いただきます。愛華さん3口で完食!

この古民家はオーナーの河内直子さん夫妻の河内さんのお父さんのもの。

住みにくくて空き家にしていたのを、譲り受け、改装して韓国料理の店にしました。

夫妻のご主人の方は、韓国出身。韓国料理の店を出したい、という夢をかなえました。

最近他界された直子さんのお父さんは、お店で食事するのを楽しみにしていて、日本人の口に合うメニューにはお父さんのアドバイスがあったそうです。

<茶寮おもだか>
東京都府中市若松町3丁目34-1
042-302-3341

小野田青果店(調布駅)

ゲゲゲの鬼太郎で有名な天神通りにある青果店。

お店の前に、「アラベスクアート」と書かれた謎のポスターが。

お店の中には、ポスターに映ってる人が働いている!

ポスターの人、山田高靖さんは、お嫁さんの実家を継いだ、青果店の2代目で、アーティスト。

描いている絵を、友人から「アラベスクアート」(イタリア語でアラブ風という意味のアラベスコに由来する言葉。植物紋様などを組み合わせて作る装飾技法)みたいだと言われたので、アラベスクアート、という呼び名を使だしました。

「今から描きますよ」

山田さんは、紙をボードに挟んで、黒のマーカーでさらさらと書く。

「さーっと迷わずに描きます。ちょっとまがったら色を塗る。

でこぼこになったら、びよーんと伸ばす。後から塗っちゃえばいいんだよ。」

話しながら、初めは輪郭だけだった絵が、どんどん緻密に躍動感あふれるものになっていきます。

商店街、野菜の届け先の学校や幼稚園にも、絵を頼まれり、教えたり。

絵と青果店の仕事が上手く繋がっているそう。

「人生も後から塗りなおせるといいわね」と愛華さん。

<アラベスクアート> 小野田青果店
東京都調布市布田1-22−4 

ポンチキヤ(柴崎駅)

お店の外から、揚げパンが見える!

揚げパンには目がない愛華さんは、店内に。

「ポンチキ」は、ポーランドで16世紀から食べられている国中で人気のドーナッツ。

店主の坂元さんは、もともとピアノを勉強していました。ショパンの出身国のポーランドに興味を持ち、ポーランドについて学び、旅すると・・

みんなが行列を作るソウルフード「ポンチキ」の虜になり、これを日本に広めようと決意。

4年間のキッチンカーでの販売を経て、今は店を構えるようになりました。

おすすめのポンチキは、「バラのジャム入り ポンチキ」

ジャムがゆるいので、ジャムの注入部から食べます。

「甘酸っぱい、上品な香り!」

<ポンチキヤ>
東京都調布市菊野台1-27-20

サンリク(仙川駅)

仙川を降りてやってきたのは、「サンリク」

店頭には、ワカメが並びます。

社長が三陸出身で、ワカメなどを百貨店やスーパーなどに卸す加工業者です。

地元の人にもワカメを味わってほしい、と店舗をオープンしています。

ワカメの試食です。

まずは、三重県のワカメ。「柔らかい!」

三重県のワカメは、柔らかく、サラダなどに向いています。

続いて、三陸のワカメ。「歯ごたえがしっかり!」

三陸のワカメは、食べ応えと香りが特徴。

<サンリク>

東京都調布市柴崎2-2-18
042-444-5796

陶と布0.5gram(仙川駅)

「陶器のボタンあります」の看板が。

この店は、アーティストが作った陶器のボタンを販売しています。

ボタンは、白いシャツに付け替えるのもおしゃれで、おすすめ。

ホールの無いところにつけても、アクセントに。

昨年オープンのお店です。

陶器に釉薬をかけて焼いて作っているボタンは、一つとして同じものはありません。

<陶と布0.5gram>

東京都調布市緑が丘1-10-22-2F

北九州酒場(新宿駅)

途中下車の旅は、提灯がずらーっと並んだお店に入ります。

このお店、北九州酒場は、「北九州市応援ショップ」です。  

地下に降りる壁にも北九州の案内、店にはいると太鼓がドンと迎えます。

注文をとりにきたのは、久有さん。小倉出身です。

鹿児島出身の愛華さんは、「九州弁、私もしゃべれます。」

おすすめ料理が運ばれてきます。

まずは、「どぶだき」

真っ黒のだいこんと卵、牛筋。

「お酒に合いそう。甘い味噌味です」

「どぶだき」は、北九州の一部で愛されてきたおでんです。

「北九州ハイボール」は、真っ赤です。

「北九州の日本酒と、梅を使っています。」と久有さん。

ぜいたくで、よく酔えるハイボールです。

「一気飲みしそう」と愛華さん。

「肉肉うどん」

生姜がたっぷりのっています。

「うちでも生姜いれようかな?九州を思い出す。」

九州を思い出すお店で、旅はおしまいです。

<北九州酒場>

東京都新宿区西新宿7-11-18
03-5358-9815

コメント

  1. […] 他にないなどものを売ってる、店主さんが素敵(かわいいし、コメントがはっきりしてる)など、取材されちゃう要素満載なのでしょう。 その時の放送は、こちらです! じゅん散歩柴崎 2019.8.16放送 ぶらり途中下車の旅 京王線 2019.5.18放送 […]