カテゴリー

ブラタモリ 四万十川源流で「メランジュ」「ゼロ系新幹線」と遭遇!付加体が身近に!2020.2.8放送


林田理沙さん情報を別記事でかいています。こちらです。



ブラタモリ四万十川(2020.2.8放送)の記事をかいています。
こちらです。

ブラタモリ四万十川:まずは前回の復習から!

「四万十川が最後の清流と呼ばれる秘密とは?」
透明度では120位の四万十川がなぜ「清流」なんでしょう?

・下流で舟に乗って見た」のは、「人工物が少ない」こと。見渡す限りの大自然。
・やはり、同じ舟から、カニをはじめ、生き物の豊富さを知りました。地元の人が川漁師として、川とかかわって生活しています。
・中流でラフティングに挑戦し、川がものすごく蛇行をしている(40分も漕いで一回りしてしまうくらい)ことを体感。


ブラタモリ(四万十川):中流域の奇跡の地形

今日は源流点を目指します。

前回の放送終了の場所からです。
「意外な地形ですね」
タモリさんは、何か違和感を感じている様子。
上空からみると、深い谷の中ほどに広い平地(ドーナツというか馬蹄形)がひろがっています。

「ここは随分前の蛇行したあと?」
「蛇行がはげしくなって、ショートカットしたあとだ」

そのあと、その跡地が隆起し、川より高いところに平地が残った。
その平地は、水田となって、活用。
しかも、この土地は、川より高い場所にあるので、水害から守られています。

「川には川の論理があって曲がってるんです。攻撃できない岩盤があると流れを変える」
「人間とは違うスケールの営みがあるね」

「ここの人間は川に合わせて生きている。いいことは受け取って、悪いものは上手にいなす」と案内人さん。

「川とともに生きるのにちょうどいい集落の規模」タモリさん。
「大きくなりすぎると、川のことを忘れますね」林田さん。

洪水を受け流す沈下橋も、そんな人間の生き方のあらわれです。

ブラタモリ(四万十川)メランジュで隆起

「今度は、土地の隆起の理由をさぐりましょう」
筑波大の先生の案内人さん。

地層があらわになっているところを、ハンマでたたく。


「硬さがちがう。砂岩と泥岩の互層だ」
違う地形が交互になってるのを互層といいます。

その積み重なり方は乱れて、ごちゃごちゃしてます。なぜまぜこぜなんでしょう。

「メランジュ?」タモリさんが正解。
大陸プレートに、海洋プレートが陸地にしずみこむようにぶつかってくる。その時、海洋プレートの表層にあるものが大陸プレートにくっついた付加体がぐしゃぐしゃに。

カステラで実験!
実験後のカステラそ食べていいことになり、嬉しそうな林田アナ。

ここの地層は四万十帯といわれます。
隆起のおかげで、川が底の方を走る美しい景色が見られます。
◆メランジュを説明してくださるツイート

ブラタモリ(四万十川):ゼロ系新幹線が予土線を走る

予土線が通過!
「新幹線型だ」
鉄道ホビートレインといって、ゼロ系新幹線の形をしたかわいい電車です。

予土線は四万十川を眺められるんですね。
本数は少ないので、タモリさん、見ることができて喜びます。

「一両の新幹線・・」と林田アナも楽しそう。

◆かわいい車両ですね。胸きゅんです!


そのあと、「アンパンマン列車」も通ります。

ブラタモリ(四万十川):四万十川が海に注がないのは?砂岩と泥岩が流れを決めた

四万十川は、中流域で、太平洋に近いところを通りながら、太平洋に注がず、長い流れになっている。
「海といっしょにならないぞ。川を楽しみたい」
あるカーブで、流れを西にとった、という地点に立ちます。
窪川というところ?

この地点で、太平洋の方に流れようとしたが、隆起してきた、付加体でできた山が四万十川のゆくてをはばみ、付加体のシワに沿って四万十川は西へ。
太平洋には注がなかったのです。

「川がしゃべれたら、「このポイントだった」っていうよね」とタモリさん。

地質図と川の流路を比べると、硬い砂岩にはばまれ、柔らかい泥岩をけずって、流れていくことがわかります。
四万十帯の砂岩と泥岩が川の流路を決めていました。
川の気持ちになって、タモリさんが解説。
「逃げるばかりの人生じゃだめだ!」と砂岩層に突入した、と川の人生を語ります。
すぐに太平洋にそそいでいたら、こんな川にはなっていなかった・・


ブラタモリ(四万十川):源流点には石灰岩!秩父帯の急峻な地形

190キロ地点まできました。
最後の集落は、高知県津野町船戸集落。

源流があるのは、不入山(いらずやま)。
山は人の手がはいっていなくて、落ち葉がフィルターとなって、きれいな水が川に流れます。

最後の25分は、徒歩になります。

険しい山帯道を登り始めて、10分で白っぽい石が出現。
「石灰岩?」

この石は、もともとはサンゴ礁。
2億年前プレートとして運ばれ、隆起したもの。
ここは秩父帯という硬い地層になります。
四万十帯より、急峻な地形が作られやすい。

「さっきからの急な山道は秩父帯なんですよ」
急な山があることで、太平洋からの湿った空気がここに多くの雨を降らせ、それが源流になったのです。

源流も近く、川は糸のよう。
「山道はどうですか?」
「好きじゃないね」

源流にきました。
白い標識(があり、渡川(四万十川)ここからはじまる。


「実はダムがないんですよ」と案内人さん。
ダムがないので、土砂も流れないし、生き物の遡上もさまたげられないのです。

「今回はどうでしたか?」
「いろいろあったね、こんなに付加体を身近に感じたことはなかった」
◆秩父帯の解説でしょうか?読まなくては!


◆付加体がこんなに有名になるとは!




番組のサイト

タモリさん、いよいよ四万十川の源流へ! 高知を流れる四万十川が“最後の清流”と呼ばれる秘密をブラブラ歩いて解き明かす▽蛇行が生み出した不思議な地形の秘密とは!?

「ブラタモリ#155」で訪れたのは、前回に続き高知県の四万十川。今回は全長196kmにわたる川の中流から上流、そして源流点までをさかのぼる▽中流域で見つけた奇跡の地形の謎を探る!?▽マーブル状の地層「メランジュ」とは!?▽四万十川の運命を分けた“曲がり角”を訪ねる▽まさかのゼロ系新幹線?四国を走るレアな鉄道に遭遇!▽ありのままの自然が四万十で保たれる秘密▽そして、源流点を目指して険しい山道を歩く!

【出演】タモリ,林田理沙,【語り】草彅剛



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 四万十川では、メランジェをバームクーヘンを使って実験。 私、この話、よくわからなかったんです。バームクーヘンに乗っている付加体が、特に何だか。 実験のあと、バームクーヘンを食べていいことになり、うれしそうに食べる林田さんがよかったです。 放送のくわしいレポートはこちら! […]