カテゴリー

じゅん散歩はオリンピックミュージアム 見逃した方はこちら!2020.2.11放送

今日のお散歩は、「日本オリンピックミュージアム」です。

ここは、「ぶらり途中下車の旅」で林家たい平さんが訪ねていました。
スキージャンプを体験して、体幹のよさを褒められたのでした。
その時の記事はこちらです。

「前回はいれなかった日本オリンピックミュージアムに入ります。」
前回のじゅん散歩のロケでは休館だったのでした。

屋外の地面にも、金メダリストの名前が刻まれています。
織田幹夫さんは、日本初の金メダリストで、乗用車3台分を跳びました。

館内を、学芸員の下湯さんが案内。
天井は、1964年に各国選手団が持ち寄った種が成長した木でつくられています。

金メダリストの写真が埋め込まれた展示物のコーナー。
「織田幹夫さんは、りりしいな」
重量挙げの三宅さんや、羽生弦さん、スケートの清水さん、見知った顔が並んでいます。
「字が小さくて読めない」

2020年聖火リレーのトーチ。
「僕が持つやつですね」
高田純次さんは、聖火ランナーに選ばれています。
仮設住宅の材料が使われていて、上から見ると桜の形です。

2階は、エキシビジョンエリア。
最初のオリンピックの再現映像が流れています。

最初のオリンピックは全裸で行われ、出場したのは男性だけでした。
「神にささげる祭りだったので、体を隠さなかった」と説明の下湯さん。

聖火のトーチも、歴代のものが展示。
バルセロナでは、聖火台に矢をはなったて火をつけたことを思い出します。
高田純次さん、アスリートの身体能力を体験できるエリアへ。
砲丸を持ち上げてみる。(重い!)

ボルトの100mを体験できるコーナー。(速い!足跡の歩幅がすごい)
「100m1秒でいっちゃってない?」

ジャンプしてみるエリアを高田純次さんも飛んでみる。
自分の跳んだ高さと、オリンピック選手のバスケットボールや幅跳びの選手の記録と比べられます。

「一度はオリンピックに出たいですよね。」
「種目は?」
「サーフィンならどうだろう?初めて挑戦した時、5秒乗れたんですよね。
そのあとは、1秒ものれなかったけど。」

五輪を楽しむ!神宮外苑の新施設日本オリンピックミュージアム
新宿区霞ヶ丘町4-2 JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE
03-6910-5561
<2階エキシビションエリア 入館料>
・一般 500円・65歳以上 400円・高校生以下 無料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする