カテゴリー

じゅん散歩は稲毛海岸、稲毛卸売市場

2019年5月23日のじゅん散歩は、稲毛海浜公園のヨットハーバーと、千葉市地方卸売市場を訪ねました。

この日は、雨が激しいお天気、どんなお散歩だったのでしょうか?




稲城海浜公園 ヨットハーバー

じゅん散歩は、稲毛海岸にやってきました。

稲毛海浜公園は、日本で初めて人工の砂浜ができたところです。1600種もの花が咲くフラワーミュージアムもあります。

ヨットハーバーです。

ヨットマンは、雨でも海に出ていきます。
「雨の海はさびしいね」

<稲毛海浜公園>

住所 千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2番1号 稲毛海浜公園

千葉市のホームページによると、いなげの浜は平成31年4月から、令和元年10月まで、白い砂浜に生まれ変わるための工事中のようです。

晴れた日だったら、きっと気持ちのいい海浜公園。工事中のようなので、お出かけの時には気をつけなくては!


千葉市地方卸売市場 市場編

じゅん散歩は、千葉市地方卸売市場にやってきました。

「広いね。ターレーですね」

「今日はそこそこ終わっちゃいました?」
「だいぶ終わっちゃいましたね」
「このあたり、何がとれるの?」
「千葉は、あなご、房州さざえ、赤なまこ・・」
「なまこは、食べられないんだよね」

さすが市場。なかなか珍しいものが並んでいます。
私は、なまこが食べたいです。

「一般の人もはいれる?」
「市民感謝デーがありますよ」

第二第四土曜日に「市民感謝デー」があり、市場にはいれるようです。
なまこを買いにいきたいですね。

千葉市地方卸売市場 市場編

じゅん散歩は、一般の人がいつでも入れる「関連棟」に移動します。食堂と新鮮な食品の買い物ができるところです。

「高級つまもの 銀一」という店にやってきました。
「つまもの」ってなんでしょう?
「さしみのつま」の「つま」なんですね。みょうが、しそなどがあります。

「たべるローズ!これは?」
「食べられるバラの花。フレンチなんかに使います」

これはおしゃれ。こんなものもあるんですね。市場ならではの珍しいお店です。




「ごはんを食べよう」
じゅんさんは、お店で出会ったおじちゃんと一緒に「長谷川食堂」へ。

「なにを頼めばいいの?」
お店の方のおすすめは、「海鮮丼!」

もともとは中華のお店だった長谷川食堂。
10年前に娘さんの提案で、新鮮な海産物の海鮮丼を出すようになりました。

今では、一番の看板メニューです。

アシスタントプロジューサーのりっちゃんが呼ばれて、一口。
りっちゃんは海鮮丼好きらしい。
りっちゃんもじゅんさんも満足して、お散歩は終わりです。

長谷川食堂は、千葉市観光ガイドにものっている、市場の人気店のようです。
千葉市地方卸売市場 商業振興組合のHPを見ると、「関連棟」には、「つまもの」だけではなく、乾物、海藻、調味料、梱包材など、おもしろそうな専門店がありそうです。

<千葉市地方卸売市場>
住所:千葉市美浜区高浜2-2-1

・長谷川食堂
043-248-3411

・千葉銀一
☎043-248-3327