カテゴリー

じゅん散歩 大田区・天空橋 見逃した方はこちら! 2019年7月29日放送

2019年7月29日のじゅん散歩は、大田区・天空橋を歩きました。

「雨ですね。こんな日は楽しくいきましょう。天空橋はかっこいい名前のベストいくつかに入っています。何番目かはよくわからないんだけど」(本当は2018年日本一かっこいい駅名ランキングで7位!)

【ナレーション】
夏休みは旅行で訪れる人が多い羽田空港。昭和6年に開港した羽田空港は、高度成長期の旅行ブームもあって大きく発展しました。天空橋はモノレールと京急線で羽田空港まで一駅。再開発が進んでおり、来年はホテル街が開業予定。空に続く町でお散歩スタート。

運河沿いを歩きます。
「むこうはビル。雨だとさびしいね」
テレサ・テンの雨の空港を歌う高田純次さん。昨日一人カラオケに行ったのだそう。

穴守橋はジェット機のデザイン。
「そこまでしなくても・・」という高田純次さん。



じゅん散歩 羽田クロノゲート まるで宇宙船!?巨大ナゾ施設

「宇宙船みたいな、聖火台みたいなもんがでてきたよ、なんだいこれは?」
丸い建物がたくさん連なります。

「スポーツセンターなの?バスケットするところかな?」

「クロノゲート」の看板がでてきました。
建物内の総合受付で、「皆川おさむです。クロネコのタンゴ歌ってます。」受付の女性が笑っています。
「物流のターミナルとして6年前にできました。ご案内します」と案内してくれます。

巨大な黒猫とトラックが並んでいる!
ねこの鼻を押すと鳴くしくみのようです。
鼻を連打する高田純次さん。
「1回押すと鳴かないな」

トラックは、クロネコヤマトの1号車。
ウォークスルー(運転席と荷物置き場がつながっている)タイプで、昭和56年から平成12年まで使われたものだそう。
「かっこいいね」と高田純次さん。

【ナレーション】
クロノゲートは、物流拠点に、地域住民も利用できるアリーナ、カフェ、保育所などを併設した複合施設です。
1時間で48000個の荷物を仕分け、見学コースは子どもや外国の方にも人気です。

残念ながら、取材したのは見学コースが休みの日。
「ねばっても今日は休みだよね」と見学はあきらめる高田純次さんでした。

羽田クロノゲート
大田区羽田旭町11-1
☎03-6756-7180
・ヤマトフォーラム アリーナ
一般(大田区在住・在勤・在学者)3時間 6,800円~
・見学コース 無料
見学のご予約は下記ホームページからお申込みください。
http://www.yamato-hd.co.jp/hnd-chronogate/visitortour.html



じゅん散歩「ラグジュアリーフライト 羽田本店」目指せパイロット!操縦体験

雨で、人通りが少ないようです。
「CAさんの二人や三人と思って出てきたんだけど」と残念そう。

「ラグジュアリーフライト」の看板を見て、マンションの中へ。
個人経営だが、ボーイング゙社と提携して営業そているそう。

室内には、順番待ちの人が3人。
そのうちの一組は親子で、息子さんが操縦士に興味があるそう。
「では、お母さんは将来CAさんになるの?」と高田純次さんの問に
「いえいえ」

フライトシミュレーションの様子を見学します。左に常連の利用者、右にスタッフの方が座っています。丁度、羽田に着陸するところだそうです。

【ナレーション】7年前に操縦シミュレーションを始めました。世界中の空港の夜景などを眺めなフがら、操縦を体験できます。現役パイロットも試験や緊急時対応を学びに訪れるそうです。

高田純次さんは、緊急対応の着陸を特別に体験させてもらいます。
霧で視界が見えない成田空港への着陸。
スタッフの誘導で、とても上手に着陸でき「明日から操縦士になれますかね、また離陸しましょうか?」

◆ラグジュアリーフライトのツイッター
こんな感じで操縦できるみたい!

ラグジュアリーフライト 羽田本店
東京都大田区羽田5-11-1 コクコビル羽田1F
☎03-6423-7371
・737シミュレーション 15分 3,240円

じゅん散歩 食通 ゆたか 歴史を味わう逸品「ぼさ天重」

「会社街ですね。店がない。雨だから口実つけて中にはいりたいな」
人もお店もない路地をぬけると・・「やっとのれんがあった!」
駐車場にご主人がいます。
丸い容器にいっぱいの小エビ。
「多摩川でとれるボサエビです」
ボサ(木の枝をたばねた)という道具を使ってとるので、ボサエビというらしいです。
「かきあげがおいしいそうだ」
「香ばしいんです」
人数分のかきあげをお願いする高田純次さん。【ナレーション】
昭和30年代後半までは、この周辺は、海苔の養殖や穴子漁が盛んでした。海苔漁師の家に生まれたご主人が、江戸前の食材で腕をふるいます。ぼさえびのからあげは、ジックリ揚げるために、忙しいランチタイムを避け、午後5時からです。かきあげを食べます。「大きい!大胆不敵だね」
「あ、歯が喜んでいます。味に飽きがこない、たれがいい味だ。たれだけれもいける」
食通 ゆたか
大田区羽田4-22-9
☎03-3741-2802
・ぼさ天重 1,650円 ※午後5時からのメニュー
・定休日 月・火
・営業時間 午前11時30分~午後1時30分 / 午後5時~8時