カテゴリー

じゅん散歩は調布!見逃した方こちら!2019.8.14放送

こんにちは!お散歩ブロガーのへいあらんです。
2019年8月15日放送のじゅん散歩をレポートします。
調布は、国領生まれの高田純次さんの地元。
じゅん散歩の開始以来、高田さんの誕生日の1月には、調布を散歩して、町の変化を見続けてきました。
今回は何が見つかるでしょうか?



じゅん散歩:最新スポット「鬼太郎ひろば」

鬼太郎広場からお散歩スタートです。
高田純次さん、いったんもめんの遊具に乗っています。
鬼太郎のオブジェがある公園。2019年5月にできたばかりです。

「電車が地下に入って跡地に公園ができました。オブジェがあるといいよね。」
電車が入ってきて、公園の下にもぐっていきます。
「私がいつも使っていた京王線にこんな日が来るとはね」

【ナレーション】
7年前に京王線が地下に入り、線路跡地の整備がすすんでいます。
鬼太郎広場から駅までの間に、水木広場を設置する予定もあるそうです

◆鬼太郎広場についてのツイートです!

調布駅前を歩きます。
「1月の誕生日にも来ました。どこが変わったかな?
多目的広場はこのあとも変わっていくのかな?
線路を地下にいれるとこんなにスペースができるんだね」

調布駅前は、まだ整備途中のようで、広場が広がります。
買い物に行くという女性二人にインタビュー。
15年も住んでいるという二人は、「お店が増えて便利になった」と答えました。

「調布銀座 ゆうゆうロード」にきました。
入口の鳥屋さんを見て、「うちもインコをふやしました」

お店の中からも声がかかり、家族で出てきてくれます。

お菓子の松月堂さんは、前にミス調布を紹介してもらった店。
「ミス調布にははばたいてほしい。このあたりは残してほしいね。きれいにするのはいつでもできるもの。のれんなんかわざと汚したりして」

高田純次さんが何度も口にしましたが、「調布銀座 ゆうゆうロード」はレトロな良い雰囲気の商店街。ここはこのまま活かしてほしいな、と私も深く同意しました!

鬼太郎ひろば
調布市下石原1-58-5


じゅん散歩:「ぱくぱく くもくま堂」超人気!“くまさん顔”かき氷

甲州街道に出ます。
「突然郊外の都市って感じになった」

「女の子ばっかりの店だ。」窓から見たお店に行っていることに。
かき氷専門店です。

清楚な店主の橋本さんがおすすめの「ずんだみるく」を注文。
かき氷が、くまの顔。
「おやじの食べるものじゃないけど」と試食。

【ナレーション】
最近では、専門の本も出るほど、かき氷は人気沸騰。
愛好家はゴーラーと呼ばれるそう。
4月からこの場所にオープンしたこの店は、人気沸騰。
顔や耳がついて、ソースは日がわり、夜だけたべられるミント味もあります。

「ずんだがいい味だしてる。あずきの時代じゃないんだね」
「あずきも人気ありますよ」

「頭がキーンとしない?」
とお店にいたお客さんに質問する高田純次さん。

シャイな感じのお客さんたち、「します」というグループが一つ。
「そうだよね。するよね」

私へいあらんは、頭がキーンとする派なので、かき氷ブームに乗れないでいます。
このお店のかき氷だったら、3口くらい食べていたいかも。食べるのなら、ずんだみるくですね!

ぱくぱく くもくま堂

調布市調布ヶ丘2-1-8
070-4333-7264
※8月14日(水)から8月20日(火)は休業
・黒糖みそくりぃむ きな粉 1,000円
・ドラゴンシークヮーさーみるくにちょっぴりパインよーぐると 1,200円
・カカオみるくにベリーなくまさん 1,050円
・抹茶くりぃむにあんこなくまさん 1,200円
・コーヒーみるくにゼリーなくまさん 1,100円
・パチパチミントにチョコくりぃむなペンギンさん 1,200円
・ずんだみるくなくまさん 1,000円



◆ぱくぱくくもくま堂についてのツイート




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする