カテゴリー

じゅん散歩は目黒!見逃した方はこちら!2020.2.26放送

「向こうに見えるのは、日の丸自動車。
50年前に
バイトで写真をとってたんですよ」

電車から見える赤い球体のオブジェが、いまだけ東京イリンピック仕様になっています。

「こっちはあんまりなにもないんじゃない?」

じゅん散歩(目黒)撮影スタジオ「イーズ」

「イーズ ニューヨーク」の看板。
「ここはなんだろう?」

店内には、家具などがたくさん。
「家具屋さん?」
「撮影スタジオと家具などの小道具のレンタルショップです」

外側の外観も撮影スポットとして貸しているそう。
アメリカンっぽい階段とドアも。
番組スタッフの東海林さんが、ものおもいにふけるポーズ、振り返るポーズ。

「あっちにも風景があるんですよ」
「なめてかかったらすごいね。日活みたい」

普通のお店ではなく、撮影パークみたいなものでした!
ここは、東急目蒲線の線路跡地の空いた場所が、撮影スタジオに生まれ変わったもの。
雑誌などの撮影以外にも結婚式場にも使えます。

ヘップバーンも乗っていたスクーターに東海林さんと二人乗り。
ローマの休日のポーズ。
「撮影に急ぐタレントとADみたいだ」

イーズ
品川区西五反田3-1-2
03-5759-8283 03-3415-7990

イーズのサイトはこちら!




じゅん散歩(目黒)おしろい地蔵(蟠龍寺ばんりゅうじ)」

高田純次さんがバイトしていた写真やさんの跡地を通ります。

いい感じのストロークのあるお寺、蟠龍寺(ばんりゅうじ)へ。
浄土宗のお寺。
雰囲気がある坂を上ります。

副住職吉田さんとお話。
「クロちゃんに似てますね?」

「ストロークが長くて雰囲気がありますね」
山手七福神は、奥の洞窟にはいった弁財天。

小道を通ると、おしろい地蔵。
昔の歌舞伎役者や鉛のはいったお白粉で肌があれたので、肌が治るようお願いしたそう。

もとは浅草にあったが、関東大震災でこの地へ。

今でも美容のお地蔵様として信仰されています。
化粧をほどこし、使った化粧品を奉納する人が多い。

高田純次さんもリップクリームを奉納。
「なんだか唇がしっとりしたかも」

とても雰囲気のいいお寺でした。

蟠龍寺
目黒区下目黒3-4-4
03-3712-6559


▶この週のおさんぽ記事のまとめは




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする