カテゴリー

じゅん散歩は立川 モノレール基地・防災基地 2020.10.27放送

じゅん散歩(立川)多摩都市モノレール

多摩都市モノレールの玉川上水駅からスタート!
まずはモノレールに乗車。
電車の一番前にすわり、「子どもの頃を思い出しますね」


「団地群、ああいうところに住んでいたんですよね。」
立飛駅は、前にたずねた「タチヒビーチ」があったところ。



じゅん散歩(立川)多摩都市モノレール車両基地

高松駅で降ります。
アメリカから返還された土地に、裁判所や研究所が建てられています。

多摩都市モノレール株式会社へ。
モノレールと鉄道、どちらがリーズナブルなんでしょうか?
鉄道の方が。
「モノレールの上からみるのは楽しいものですね。」

16台のモノレールの整備はこの基地で行っています。
年に一回の見学会は人気のイベントです。

車両を見ると高い。普段は車両の上部しか見ていないのです。
ゴムタイヤでレールをまたいで走ります。走行輪・・など数種の車輪で安全性を高めているようです。「これは安全」

次はモノレールに載って洗車機の中に。
基本は機械で洗浄し、細かいところだけ人が洗浄するようです。
自動車の洗車と同じように、走りながら青いブラシでこすられる。
「洗車は一瞬だったね。もう少し長いといいのに」

じゅん散歩(立川)立川広域防災基地

次は長さ2キロの直線道路を歩きます。
「なかなかこんな直線はないよ」
内閣府の看板を発見!
「防災合同庁舎」を訪問。

「内閣府ということは菅首相も来たりするんですか?」
「参事官の田中さんが案内してくれます」
「総理官邸や防衛庁が使えなくなった時に、この建物を使います」

シン・ゴジラにも登場!
中には200人以上が1週間働ける準備がありますが、使われたことは幸いにしてあります。

会議室が立派!
「ロケに使えるね」
テレビのセットのようです。

対策本部長の控室です。
「質素な感じだね」
対策本部長の椅子は、総理大臣もすわる椅子に座らせてもらいます。

ダンボールの箱があります。
「何に使うでしょうか?」
「災害時のしきり?」
ダンボールベッドです。
ダンボール数個としきりでできています。

寝てみる高田さん。
「腰が悪いんだけど、この硬さはいうことないですね」



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする