カテゴリー

高田純次さんが、印西のせんべい店へ 見逃した方はこちら!2020.12.11放送

じゅん散歩(印西)印西市観光情報館

印西市の観光情報館から、お散歩スタート。
世界一大きいせんべいのパネルがかざってあります。

利根川の豊富な水を使って、せんべいが有名な印西市。
市ではせんべいマップを作り、世界一大きいせんべいも作りました。

印西市観光情報館
印西市中央北3-2 イオンモール千葉ニュータウン内
0476-45-5300

じゅん散歩(印西)川村商店

せんべいマップを手に、せんべい店を訪ねます。
まずは、木下の川村商店に。
エプロン姿の女性たちが、網でせんべいを焼きます。
別の人は醤油を塗り、と流れ作業。
「木下せんべいは有名なんですよ。90年以上やってます」
女性たちが、炭火の手焼きで1日1500枚作っているこの煎餅屋さんは、全国に名が轟いています。
一枚できたてを食べる高田さん。
「醤油がいい味出してる。ちょっとなめてたな」
「買って帰ったら」
「買うお金はあるんだけど」
川村商店
印西市木下1626
0476-42-2220
・本炭火 手焼せんべい 1枚 90円



じゅん散歩(印西)関口米菓店

次に来たのは、関口米菓店。
こちらでは、男性二人が焼いています。
特長は、外で干してから焼くこと。
白いもちを、外にずらっと干しています。
「雨が来たらどうするの?」
「取り込む」
「これだけあったら大変だよね」
「乾燥機より天日がおいしい」
お店のお子さん?
保育園児の男の子が庭に登場。
好きな女の子がいるという。
「おせんべい、あげたことある?」
ないらしい。
「一度あげなさい」と高田さんから保育園児にアドバイス。
手焼きせんべいは、22年前、内閣総理大臣賞を受賞し自慢の一品です。
「中がぱりぱり。川村さんのとはまた違う。」
「店ごとに味は違う。天日干しだからおいしい」
「ぱりぱり感がすごい。何も知らないで食べて、天日干しだってわかる人はいるかな?」
「それはいないです」
関口米菓店
印西市発作1230
0476-42-2951
・木下名物 手焼せんべい 9枚入り 540円

この週の他のお散歩はこちら!







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする