カテゴリー

じゅん散歩は小石川!見逃した方こちら!お散歩ルート紹介 2019.7.12放送

7月12日放送のじゅん散歩は、文京区・小石川を歩きました。

三代目散歩人・高田純次が「小石川」を散策▽衣装100着!お姫様になれる写真館▽還暦のお祝いに記念写真で大変身▽季節を感じられる「和カフェ」

「小石川っていうと時代劇、小石川養生所があったところですよね。
今聞いたんだけれど、川が流れていて小石があったから小石川っていうんだって。それ以外ないけどね!」

【ナレーション】
小石川養生所は、現在の小石川植物園にかつてあった医療施設でした

「このあたりは落ち着いている、住むにはいいね」

じゅん散歩「変身写真館 ミニーナ」新しいワタシに!変身写真館

マンションに赤い看板。マンション内の細い通路を進むと赤いドア。
髪の長い女性がドアを開けてくれました。

「ここは写真館。丁度撮影中ですよ」
階段を降りると、ゴージャスなセット。若い女性がお姫様になってる!

普通の写真は撮影しない、変身専門の写真館みたい。
「どういう人がお姫さまになってるの?」
「OLの方。主婦の方。15歳から80歳まで」

15種類の個性的な部屋(セット)が用意され、衣装は100種類!
60代70代の方の変身前後の写真が写ります。普通の方が姫に大変身です!

撮影中の女性の写真がモニターに映ってます。
「写真かわいくできている。もう見た?」
写真のできばえに撮られた人も満足な様子。

これで24,900円からと書いてあります。普段、地味に生活している私も、こんなに変身してみたいかも。
最近「終活」もはやっていて、「もしもの時の写真を用意しましょう」なんていっていますが、「もしもの時の写真、こういう姫の写真でもいいんじゃないか?みんなをびっくりさせたい」なんて考えてしまいました。

◆お店のホームページに今日の放送のことが紹介されてます

テレビ朝日「じゅん散歩」にミニーナが紹介されます!

ぷらっとミニーナに入ってきた高田純次さん。
軽快なマシンガントークにスタッフも唖然。
今回はリピーターのお客様の変身前の写真も紹介されます。
後楽園の散歩旅、是非チェックしてみてください。

◆お店のツイッターです。

<変身写真館 ミニーナ>
文京区小石川2-10-1 いろは館1階
☎03-6801-8766
・撮影 24,900円~
※衣装1着 ヘアメイク込み

播磨坂を歩きます。川が流れている緑の散歩道。
「いいね。文京区っていう感じだ」

お子さんをだっこしたママに「チョリース!」
ここに住んでまだ3日みたい。熊谷から越してきたそう。
「3日じゃわかんないね。がんばって!」

じゅん散歩「cafe竹早72」季節を味わう“和菓子カフェ”

小さく書いた「おしるこ」の看板を発見。
「竹早72」と書いてあります。
「おれとおなじ72歳のおやじがやってるのかな?行かなきゃまずいな」

暖簾の向こうは、木のにおいがするきちんとした佇いの店。
「72歳のおやじにきてほしい店なの?」
「72は日本の72の季節のことです。」

【ナレーション】
1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、それぞれをさらに6つに分けた24の期間を「二十四節氣」といひます。これをさらに5日ずつにわけて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候です。
放送日の今日は、温風至(あつかぜいたる)にあたっています。

このお店では、季節の移ろいを食で感じてほしいと、季節感あふれるメニューを提供しているそう。

「外におしるこって書いてあったよ」
メニューをみると「ANNぱん 850円」がある。
「これはすごくでっかいの?」

でっかいのではなくて、あんこを塗って食べるトーストだそうです。
これを注文します。
「あららら、かわいいのが来たね」
サイドイッチくらい、小さめに切ったトーストに、こしあんとつぶあんがついてきます。好みの量を塗って食べるみたいみたい。

「トーストにしたのがいいね」
「お客さんの好みで塗っていただけるように」
「もっと下品なあんぱんにしてくれっていわれない!あんこうまいね。こりゃ食べちゃうな」

<cafe竹早72>
文京区小石川5-14-2 1階
080-2247-4567
・季節のおこわと味噌汁 1,000円 ※時期により内容は変わります
・季節の菓子と抹茶 1,000円 ※時期により内容は変わります
・ANNパン 850円
素敵なお店も多く、町を歩けば歴史のある坂道にぶつかる小石川地区のお散歩でした。
今週最後の1枚は、昨日歩いた白山の「アイドル」を描きました。