カテゴリー

じゅん散歩は本郷三丁目!見逃した方はこちら!2021.3.2放送

「本郷といったら東大。東大に行っても話が合わないので、ここを探し当てまして」

じゅん散歩(本郷三丁目)「吉田晴亮商店」金魚店

「金魚やさん、大きいけどいつから?」
「350年、お殿様に献上していたんです」

おうちにいる人が多いので、今は金魚はよく売れている。

店員さんに「女剣士みたいだね」
きりっとした方です。

週末にも金魚すくいもしているお店。

ランチュウを見せてもらいます。
江戸時代の娯楽だった金魚。
「鑑賞用でもあるけれど、毒見にも使われていました」

「金魚は体調が悪いと背びれを畳んでしまうんですよ」

ハーフムーン東錦は、中国の金魚。
中国の金魚は、派手なものが多い。

大きな池もあって、鯉を飼っています。

「これは何?」
白メダカです。

同じ敷地内には、喫茶店「金魚坂」もある。
「喫茶店にいくと、金魚がつくとか?」
「お嬢さん、ここのお嬢さん?」
「いえ」
「理路整然と説明するよねえ。おすすめのお店は?」
「ハイカラさんのお寺がありますよ」

吉田晴亮商店
文京区本郷5-3-15
03-3814-5951
・東錦 1匹 1,800円
・丹頂 1匹 2,800円
・伊勢オランダ 1匹 4,800円
・更紗琉金 1匹 500円
・水泡眼 1匹 1,800円
・振袖金魚 1匹 6,000円
・金魚すくい(土日限定) ポイ 1枚 200円 3枚 500円 8枚 1,000円
・宇野系蘭鋳 1匹 1,000円
・上和金 1匹 500円
・素赤琉金 1匹 800円
・ハーフムーン東錦(中国産) 1匹 8,500円
・錦鯉 1匹 1,000円
・白メダカ 1匹 250円




じゅん散歩(本郷三丁目)法眞寺

すすめてもらったお寺へ。

ハイカラさんファッションの銅像がいます。

そばの洋風なお宅にはいると、そこは霊園の事務所。
「よく、イタリアンレストランと間違えられるんですよ」
本当にそういう空間です。

ハイカラは、ハイカラー(衿が高い西洋のファッション)からきている。
当時、東大生に見初められようと、女子学生がこのあたりを歩いていたそう。
「誰かに似てません?」
「顔をどうするかと言われて、好きだった朝丘めぐみに似せたんですよ」

住職がデザインしたお堂は、和洋折衷の空間で、ステンドガラスも美しい。
若いころ、アメリカの教会などを見て歩いた経験が生きた建築です。
「ずっとねころがっていたいね」

このすぐ近くが樋口一葉が住んでいて、よく読書に励んだ家があるそうです。

住職さんのおすすめの場所は、「和菓子の㐂久月」
「髪型がツーブロックですね」と指摘する高田さんと、噴き出す住職。

街で話題!ハイカラさんがいる寺
法眞寺
文京区本郷5-27-11
03-3813-8241

じゅん散歩(本郷三丁目)本郷給水所公苑

神田上水の石樋もある、水を使った公園。
「なんだか面白い公園だね」

江戸時代の神田上水を復原
本郷給水所公苑
文京区本郷2-7




じゅん散歩(本郷三丁目)「㐂久月」文人スイーツ

落ち着いたたたずまいの和菓子店。

店主は、文人スイーツがおすすめだそう。

夏目漱石は医者に止められても、亡くなるまでピーナッツを食べていたそうで、漱石のお菓子はピーナッツ好き。

樋口一葉は、詠んだ歌「おぼろ月」から、おぼろ月のお菓子。
森鴎外は、小説「雁」にちなんで、表に鳥が飛んでいるお菓子。

外のベンチで、森鴎外のお菓子を食べて、「これはまたうまいね」
浅野内匠頭の歌を詠む。

樋口一葉のお菓子を食べて、調布第二小学校の歌を歌う。
「何か足りないと思ったら、お茶がないんだ。失敗した」

㐂久月
文京区本郷4-6-13
03-3811-0467
・文人スイーツ 3個入り 580円
・そうせき 170円
・雁 170円
・おぼろ月 170円


この週の他のお散歩はこちら!
ttps://osanpotv.com/post-10997-10997



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする