カテゴリー

じゅん散歩は航空公園!見逃した方はこちら!2019.9.10放送

2019年9月10日のじゅん散歩は航空公園(所沢市)を歩きました。

じゅん散歩:航空公園 航空発祥の地

駅前にある航空公園の飛行機の前からお散歩スタート!!
「西武新宿線の航空公園駅です。YS11!名機ですね。」

【ナレーション】
ここは、明治44年、日本初の飛行場がつくられた航空発祥の地です。
飛行場の跡地は公園となり、アンリー・ファルマン機が展示されています。

航空機に詳しい方のツイート!展示されている航空機(YS11)の写真が載っています。

所沢航空発祥記念館
所沢市並木1-13(所沢航空記念公園内)
04-2996-2225
・入館料
大人 510円 / 65歳以上 410円 / 小・中学生 100円



じゅん散歩:アンリー・ファルマンベーカリー!街の名物「ひこうきパン」

「ひこうきパン」の看板が出ている店に入ります、

「人気のパンは?」
「ひこうきパンです。チョコレートはいってますよ」
飛行機の形のかわいいパン。高田純次さんは、10個くらい思い切りお買い上げ!

すぐに一つ試食して、

「思ってたとおりのおいしさ これだけ買って2500円」

「駅自体がアンディファルマン機の形なんですよ。複葉機の」

高田純次さんは、もう一度、駅を見直して、

「あー複葉機に見えました。」

地元のウォーキングの会女性たちとお話しします。

「駅が、複葉機って知ってました?知ってる!さすが地元だね」

所沢市並木2-4-1(航空公園駅 1F)
04-2998-0047
・ひこうきパン 1個 199円
・小倉あんぱん 1個 151円
・つぶつぶピーナッツパン 1個 162円
・フランクフルト デニッシュ 1個 291円



じゅん散歩:うずら屋!産地直送 うずら卵料理のカフェ

航空公園駅の反対側、宮本町へ。こちらは、落ち着いた町並でさ。「洗浄うずらまめ じゅんちゃん」書いたバンがあり、うずら屋さんへ。

うずら屋は、平成20年開業のうずら卵料理専門店。

赤いポロシャツのご主人が案内してくれます。すぐ近くに工場があって、卵の検査をしているところを見ます。

この会社では20万羽の鳥を日高市に飼っています。卵は、スーパーなどにおろしているが、濃厚な味を知ってもらおうと、カフェをを開きました。

高田純次さん、オムレツを食べます。

「うまい!デミグラスソースのあとから、卵が追いかけてくる!」1つのオムレツに卵を10こも使っているそうです。豪華です!

◆うずら屋でオムレツを食べた方のinstagram!

この投稿をInstagramで見る

本日の昼食、オムライスセット🥰

Tsutomu Sugimotoさん(@sugiben)がシェアした投稿 –

所沢市宮本町2-5-8
04-2922-2696
・フランスうずらのまったり濃厚大人プディング 360円
・冷製うずらーめん 1,000円
・フランスうずらの贅沢オムライス 1,000円



じゅん散歩:長屋門能面美術館!初心者でも楽しめる!能面美術館

北有楽町では、緑のガードに電車が通るところを見ます。

西新井町の住宅街に能面美術館が!広い敷地に赤い屋根の旧家。能面研究所と木の看板に書かれています。

中には、ずらっと面が並びます。
やせ女の面を見て、「やせてますね」

能面研究所の福山さんが説明してくれます。

面は、「顔をうつむけて悲しみを、あおむけて喜びを表現する。一つの面に、いろいろな表情がはいっています」
「般若は女性の嫉妬を表現しています」

能面は木彫り。採色する前の面をつける高田純次さん。

福山さんは、月2個くらいのペースで面を作っており、実際の舞台にも使われています。
教室では月2回通って 1年で面を完成させます。

「先人の形に工夫を加えている」と福山さん。

「ぼくはどうでしょう。この中に喜びと悲しみがありますか?」
「さあどうでしょう」

とあっさり返す福山さん。
これで今日の散歩は終わりです。

◆番組を見た方のツイート!

長屋門能面美術館
所沢市西新井7-11
090-1708-8468
・入館料 300円(第1・3土日のみ開館)
・能面教室(月2回・事前申し込み) 月額 10,000円
※別途道具代 70,000円 入会金 10,000円など必要



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする