カテゴリー

じゅん散歩は所沢!見逃した方はこちら!2019.9.9放送

2019年9月10日のじゅん散歩は所沢を歩きました。

「今日は所沢!超高層の建物がまた建つみたいですよ。
ここプロペ通りは人気のあるところですよね」

【ナレーション】所沢駅前の「プロペ通り」は昭和55年に命名されました。所沢はもともと飛行場があり、”プロペラ”にちなんでつけられました。
西武鉄道本社や埼玉西武ライオンズ本拠地も所沢にあります。
都心からのアクセスもよく、風情のある町並みが人気です。

「ここは、なんでもあるね。ないものはない」


じゅん散歩:「くるま」昔ながらの定食屋さん

プロペ通りから一歩入って、人がとおるのがやっとの路地を歩きます。
「うまいものありそう。雰囲気がいいね」

高田純次さんは、路地の中の店「くるま」に入ります。

女将さんは昭和41年店から店をしています。
「この店は残してほしいね」
「昔はライオンズの人も多かった。工藤監督も若いころジュース飲んでいたのよ」

通りで、若い女性とおはなし。
スタジアムで西武の試合を観に行くと話した。秋山選手が好き。

◆放送終了後のツツイート

くるま
所沢市日吉町10-19
04-2925-2465
・黍女子天ぷら 320円

所沢市東町を歩きます。
日東会館という建物の前で、「三遊亭究斗 ミュージカル落語」という掲示を発見。
三遊亭究斗さんが歌っていました。

「劇団四季出身で10年くらいやってたんですよ」
落語家になろうと思い立って、日本にただ一人の”ミュージカル落語”に挑んだとのこと。

「なるほどね 私も東京乾電池から弁護士になるはずだったんだけれどね」

ナレーション
ピアノ教室の先生の奥さんとともにつく上げるミュージック落語は、落語にアレンジした「オペラ座の怪人」や、ミュージカルにアレンジした「芝浜」など39。

究斗さんは、ミュージカル落語「寿限無」を披露。
「いやー奥さん末永くしあわせにね」

◆ファンの方のツイート!


夜のまち 盃横丁を通ります。


じゅん散歩:東京堂時計店!アンティーク時計店でお宝探し

国の登録有形文化財である秋田家住宅などを通ります。

東京堂時計店という時計店に入ります。明治大正のアンティーク時計が並んでいます。

高田純次さんが、「いいね」といったのは、精工舎(現在のセイコー)の掛け時計。小型で品のいい時計です。

「音の鳴る時計も昔は多かったけれど、なくくなってしまった」と高田純次さん。

ミニッツリピーターという、暗闇の中でもスイッチを操作することで、時刻をかんかんと音の数で知らせる時計もありました。機械式時計の中でも最高の複雑さだそうです。

店主の山崎さんはこれまでに1万個以上を修理した達人。メーカーも直せものを直してきたそう。

アンティーク時計店でお宝探し
東京堂時計店
所沢市元町28-7
04-2922-287
・精工舎製 掛け時計(昭和初期) 64,800円 ※整備代別
・ブルウル兄弟商会 18kミニッツリピーター 非売品
・ドイツ製掛け時計(大正頃) 86,400円 ※整備代別
・ふくろう時計(昭和初期) 非売品

◆4歳のじゅん散歩ファンがかわいい!




コメント

  1. […] 細い路地の奥にある定食屋さんに、レトロな時計店。懐かしい感じの所沢の散歩レポートはこちら! […]