カテゴリー

6月4日のじゅん散歩は荻窪!見逃した方どうぞ

2019年6月4日放送のじゅん散歩は、荻窪。
「荻窪というとイメージはラーメンだね」とお散歩開始。

じゅん散歩 荻窪といえば荻!

地名の由来となった荻が栽培されています。
看板があります。
「この小さいのが荻?大きいものはないの?」
まだ育っていないみたい。

「荻窪」の地名の由来は、708年この地を訪れた旅人が、荻をつかってお堂をたてたことによるそう。

駅のそばでは、「荻を知ってほしい」と、地元の人の植樹活動が行われています。

荻窪は、青梅街道や環八が走り、暮らしやすい町として知られています。

女性二人組に話しかけます。
「3分大丈夫?お嬢さん!長く住んでいる?」
「50年住んでいます。いろんな面で平均以上の町ですね」
「いろんな面で平均以上!」
ずっと住んでいる荻窪への満足が伝わるコメントでした。



じゅん散歩 荻窪を支えた!タウンセブン

タウンセブンの前にきました。
「いつから建ってるんですか」
「30年くらいたっているんじゃない?」

暮らしの器 やなぎさわに入ります。
店主の柳沢さんに話をうかがいます。

「お店は38年間しています。父親が引揚者で。このあたりは引揚者のマーケットだったんでいす。」
「入った時にすぐ入れたということは、実績があったの?」
「いや権利者ということで」

戦後すぐから高度成長を支えたマーケットは 昭和の終わりに現在のような建物に。マーケット時代からの店も含め25店舗がはいっています。

屋上に来ました。
電車がよくみえます。男の子とお母さんがいます。
「どこから?」「中野からです。電車スポットなんですよ」

<荻窪タウンセブン>
杉並区上荻1-9-1

03-3391-2201

<暮らしの器 やなぎさわ>
杉並区上荻1-9-1 タウンセブン1F
03-3392-2766



じゅん散歩 スパイス屋 和菓子屋 教会通り

「教会通り ようこそ鐘のなる町へ」のフラッグが素敵な、懐かしい感じの商店街「教会通り」を歩きます。

「こじんまりしたいい雰囲気だね。」

スパイス店に入ります。
カレーの匂いがするけれど スパイス屋です。

東京スパイスハウスの川久保さん。
本人は、スパイス店を開いて半年ですが、だんなさんは40年スパイスの卸しをしているそう。
「5人の6割が帽子かぶってる」と高田純次さん。

夜はバーになり、おつまみが出るのだそう。
「お酒にスパイスいれるとおいしくなるんです」と川久保さん。

謎めいた、おしゃれな雰囲気のお店です。スパイスのことなら、何でも教えてもらえそうです。

<東京スパイスハウス>
杉並区天沼2-28-8
03-5991-7188

高田純次さんは、和菓子の榛名屋にやってきます。
店頭のおばあさんに「こちらのママ?」
明治生まれだというおばあさん(さすがに明治ではないんでは?)は、ママじゃなくて上得意さんのよう。

あんころ餅110円を食べます。
「この粒あんは私が作ってる」と店主さん。
「いい甘さだ」と高田純次さん。

榛名屋のホームページには、

昭和52年(1977年)創業の和菓子屋です。初代である父が始めました。父は、大福が大好きでした。仕事を探しているときに「どうせやるなら大好きな事をやろう。」と和菓子の世界に入りました。

と二代目の方の文章が、あります。
モットーは、「おししいお菓子を食卓へ」毎日食べてもらえる、高価でなくて、工夫されたものを作っている。

和菓子屋さんのお菓子はおいしいですよね。
私も、せっかく和菓子を食べるなら、足を延ばして和菓子屋さんに行きたい。榛名屋さんにもそのうち!

<榛名屋>
杉並区天沼3-6-22

03-3398-5347


天沼教会で高田純次さんが讃美歌を歌う

高田純次さんは、東京衛生病院の前を通り、天沼教会セブンスデーアドバンチストにはいります。

この教会は大正時代にできたものです。

パオプオルガンの音がしています。
高田純次さん、リクエストのように、「いつくしみ深く」を歌うと、演奏してくれます。

聖歌隊の方がきます。男性ばかりで、医師や教会関係者だそう。

歌声に聴きいる高田純次さん。

音楽につつまれて、お散歩はをしまいです。

<天沼教会

杉並区天沼3-17-3

03-3392-0716



コメント

  1. […] ◆荻窪の名場面は、「天沼教会」の讃美歌かな?荻窪の回の詳しいレポートはこちら! […]