カテゴリー

じゅん散歩は月島!見逃した方はこちら!2019.10.31放送

2019年10月31日のじゅん散歩は、月島を歩きました。

お母さんと息子さんに出会います。

もんじゃストリートへ!
アーケード街の中に、もんじゃ焼きの店が並んでいる。
「ぼくは、お好み焼きよりもんじゃ焼きが好きなんですよ。
これだけあってもつぶれない、うまくお客が分散しているのかな」

本屋さんに立ち寄ります。
「もんじゃ焼き屋に変えないの?」
この本屋さんは、子どものお客さんが多いため、子ども向けの本を多くおいているようです。「孫が小4なのでね、読むんだよね」
となぜか鬼平犯科帳の本を指さす高田さん。
まさかそんな!

店の外にはガチャの機械があります。
手に入れたのは、もんじゃ焼きのヘラのミニチュア!
「500円は高いな」
「月島名物、月島のはがし」と書いてあります。名物だから仕方ないのか・・

通りを通りかかる素敵な女性。
川崎からロゼットの講習にきたそう。
バッグにつけられる円形の小物です。
「こんなの川崎にはないの ?」
「ないんです。急がないと」と去っていきます。


じゅん散歩:銀一スタジオショップ!プロも愛用!撮影ひみつ道具

カメラや三脚などがズラリと並ぶ店内。
みんな黒ポロシャツの店員さん。

「このカメラ下取りしましょうか?」と撮影のカメラを下取りする勢いの高田純次さん。

「面白ものをみせて」とお願いすると、店員さんがいろいろ案内してくれます。

撮影用の氷は、手でちぎれる樹脂みたいなもの。どうみても氷です!
粉を水に含ませると、雪に変身する謎のパウダーも!
「孫にいいね」
「もともとは子供用だったんですよ」

枯れ葉を小袋につめたものも売っています。

カンの表面に水滴をつけるための特殊液体も。
水よりねばりがあるので、たれてこないらしい。
コブスプレーという名前のよう。

繊維が残らず、カメラのレンズをふけるティッシュもあります。
番組のカメラさんの意見も聞いて、一つ買いました。

今日はもんじゃ焼きを食べない月島散歩でしたね!
へらはでてきたけれど。

銀一スタジオショップの小道具は面白かったです。
お店のサイトを見ると、氷といっても、外国の職人さんが一つ一つけずったものから、安価なものまでいろいろあるみたい!
写真の背景に使える紙や布も売っているらしい。

私へいあらんも、職場で簡単なチラシをよく作るんです。
簡単なチラシといっても、写真を撮るときには、背景に色画用紙や布をせっせとひいたりしますもの。
このお店にいけば、いい感じの背景が手に入るんだな!
いくらでもおもしろい小物が出てきそう!

◆いろいろワークショップもしているみたい!

◆銀一スタジオのツイッター 氷を使った撮影についてのツイート

プロも愛用!撮影ひみつ道具銀一スタジオショップ
中央区月島1-14-9
03-5548-5131
・フローティングソフトアイス 小 6,600円
・スノーインセカンズ 1袋
・グリセリン 2,530円
・コブスプレー 5,280円
・ケイドライ 385円



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする