カテゴリー

正直さんぽ方南町!マルサかまぼこ&「バターマスター」のフィナンシェ&ぬるそば!2019.11.16放送

正直さんぽをすごーくくわしく紹介します。

有吉弘行と生野アナは方南町を散歩します。
「来たことあります?」
「中野に近いからね」
芸人さんが多い町みたい。
本日のゲストの六角精児さんに会います。
「復帰2回目なの、体気を付けいて歩かないようにね」
育休あけの小野アナにやさしい六角さん。

方南町は丸の内線、交通便利で商店街もにぎやかな町みたい!

私へいあらん、このあたりに住んでいまして、懐かしいなー

◆番組公式ツイッター 生野アナの動画

◆番組公式ツイッター ヒロシ(ナレーターの増岡弘さん)心の一句

正直さんぽ:方南町のぬる蕎麦「ワイズ」

3人は看板に「ぬるそば」と書かれたワイズというそば店を訪れた。

冷たい麺と常温のつゆ、とか温かい麺と常温スープ、とか、いろいろなぬるさな麺がある。
全部ぬるいらしい。
ご主人が、熱いと味がわからない、という理由でぬるいみたい。

いろいろ盛り合わせて100円の天ぷらはお得な感じ。

もともとは駅前の立ち食いそば屋として50年前にオープンし、1杯280円とリーズナブル。
にもかかわらず、昆布・鰹節・宗田節を使ってご主人が毎日手作りしている。

店主さんは、お父さんに勘当されたけど、店に戻ってきて、お父さんを継いだらしい。
湯気の一つもない蕎麦を食べます。
天ぷらはアツアツを用意してくれます。

一番冷たい蕎麦を食べる六角さん。
「なつかしい」
「電気が止まってるとき食べた。なつかしい」
有吉さんは、常温を食べて「ぬるい。確かに味はよくわかる」

「駅前でやってたから、サラリーマンは急いでるから、ぬるいのがよかった。」と店主さん。

「熱いそば食べたくなった」と今度は熱い蕎麦を食べる一行。
「うまい!」
冷たい蕎麦を経由して、熱い蕎麦のありがたさに気づいたよう。

もう1人のゲスト菊地亜美さんも合流!


正直さんぽ:苔のテラリウム作りに挑戦!方南町「フィールザガーデン」

フィールザガーデンという苔のテラリウムを作れるお店を訪れました。
テラリウムとはガラス容器などで植物などを栽培。都会暮らしの人にぴったりである。

4人はテラリウムを作ります。
石をのせ、苔を植え、背の高い苔を植えます。
ピンセットで作っていきます

最後に人形などの模型を選びます。

有吉さんうれしそう!
六角さんのは、崖の斜面に一軒家が建っていて不穏。
事件の予感!

このワークショップは、事前に予約がいるようです。
◆フィールザガーデンのインスタグラム!

この投稿をInstagramで見る

KABOLOで自然風景を縮小した庭園の様な風景造りで人気(YouTubeフォロワー34万人)の植物男子 @harmonize117 さんの作品を展示致します。 KABOLOとは 体験型植物イベント テラリウム、アクアリウム、盆栽、多肉植物、観葉植物、エアプランツ等の専門家、クリエイターによる作品展示販売、ワークショップを開催致します。 日程:11月23日(土)〜12月1日(日) 会場:茅場町駅徒歩1分 詳細はKABOLO で検索又はプロフィール欄のリンク先をご確認下さい。 https://www.kabolo.site/ @aqua_design_amano @kumanomi.360 @harmonize117 @sinajina_info @ateliertokiiro @mosslight1955 @barrel.plantlight @project_amateras @queue_de_ranun @michikusa3193 @moss_connectgram @toyohidetanigawa @kokemusubi @garage_livingwithplants @thefarmuniversal @picuta_official @umdimm @luff_fpw @tokiwa_botanical @feelthegarden #KABOLO #テラリウム #苔テラリウム #アクアリウム #パルダリウム #ワークショップ #盆栽 #多肉植物 #エアプランツ #観葉植物 #11月23日 #11月24日 主催 KABOLO 実行委員会 共催 一般社団法人兜らいぶ推進協議会 協力 平和不動産株式会社、株式会社プレココーポレーション @pleco.co.ltd @pleco.jp 、カフェ・カンパニー株式会社 メディアパートナー LOVEGREEN、Botapii

Feel The Garden苔のテラリウム(@feelthegarden)がシェアした投稿 –




正直さんぽ:方南町「バターマスター」月に1万個売れるフィナンシェ&プリン

「バターマスターというかわいい看板!
フィナンシェの専門店みたい。
はいったとたんバターの香りがして、テンションがあがります。

一番人気はプリンです。
塩味とか、コニャック味、発酵バター味と、おいしそうな名前のフィナンシエ。

バターマスターは今年できたばかり。
もともとはネット販売のみだったが人気に火が付き10店舗をオープンした。
また、店内が可愛いとインスタで話題になり行列ができるほど。

グラスもかわいい!コーラは自家製なんですって!
「初めてのコーラ、チャイみたい」と菊池亜美さん。
スパイシーなのかな?

フィナンシェを試食し「かため」「しっかり、ずっしり」「食感が美味しい」などと話す一行。
プリンを試食した六角精児は「味がしっかりしている、卵たくさん使ってるでしょ。スプーン入れたときの抵抗感がある」などと話した。

バターは、100年の歴史のある北海道から取り寄せ、月に1万個以上売れます。
プリンは、朝とれたばかりの卵の卵黄のみ使用、できてから一日寝かせるんだって。

デザインは男性がしている。お菓子はパティシエが一番好きなものを作ることにしたそう。

◆評判のお店みたいですね!

正直さんぽ:「妙法寺」徳川家康 縁の寺院

一行は妙法寺を訪れた。
「立派」と口々にいう4人。
妙法寺は江戸庶民の間で「堀之内のおそっさま」と親しまれ、厄除けの寺として全国から多くの参詣者を迎えていたんだそうです。
山門にある金剛力士像は、徳川四代将軍家綱が寄進したとされる貴重なもの。

本堂の中には、お坊さんが毎朝お経をあげる場所があります。
4人は御朱印をいただきました。

ご自由にどうぞのお菓子をみて、食べていいのかとざわめく4人。
おこられないように帰ります。
鉄門頑張ってすごい!
鳳凰がついてます。
この鉄門は、明治11年に完成した国指定重要文化財で、鹿鳴館やニコライ堂などを手掛けたJ.コンドル博士です。


老舗専門店の絶品おでん!方南町「マルサかまぼこ店」

妙法寺の門前町に、かまぼこ店が!
店頭には、おでんの具がずらり、ぐつぐつ煮えてるおでんもあります。
チーズ巻きに、しいたけとか、うずらとか、レンコンとか珍しい具ばかり。
「おでんって、コンビニのしか食べないな」
店頭で試食。しいたけがぷりぷり。チーズ巻きはちくわの間にチーズが。
れんこんはすり見に埋まってるんですね。

昭和36年創業のかまぼこ店。
マグロとイトヨリダイを混ぜて昔からの製法でつくっています。

マルサかまぼこのサイトもみてみました

当店のおでんは、大根、じゃがいも、卵、ちくわぶ(生ぶ)、こんにゃくを秘伝のだし汁でじっくり煮込み、一晩寝かせ、もう一度温め直した品物をご提供させていただいております。
他店にはない変わり種もご用意しております。

妙法寺参拝のお帰りの際には、あったか~いおでんと、お正月には三が日限定手造りの酒粕入り甘酒や日本酒(1カップ土佐鶴)もご用意しております。

テイクアウト専用の耐熱ビニール袋をご用意しておりますので、ご遠方の方でも安心してお持ち帰りができます。
特徴としてひとつひとつのネタが大きいので、ご家庭では適当な大きさに切ってお召し上がりください。

お酒もあるんですね!お酒や甘酒っもあるようですょ。

正直さんぽ:方南町忍者屋敷シュリケン方南町

「忍者屋敷」の看板が。
マンションの中にはいっていくと、いきなり刀を抜く人。
「修行されますか?」と施設の中に。

ミッションクリア型の忍者修行 方南町「忍者屋敷シュリケン」
夜叉と戦う「忍者集団・修羅」になるための修行がはじまります。
修行は刀・手裏剣・吹き矢の中から1つ選びます。

菊池さんは、刀の修行!ランダムに出てくるレーザーを刀で斬る。菊地亜美さんムリムリーと失敗。
有吉さんは、手裏剣の修行!ランダムに開く障子の隙間に手裏剣が入ればOK!有吉さんはmrちゃくちゃうまい。生野アナは残念!

六角さんは、吹矢で障子の隙間を狙う。これもうますぎ。
「やってたの?」

夜叉が来襲!って放送が流れます。
床の下を探して宝を見つける任務があたえられます。
有吉さんには、武器「床はがし」を受け取ります。

床は時々はがれるところがあり、巻物ゲット!
隠し扉を開けると、夜叉がきた。六角さんと菊池さんが夜叉をたおし、ゆかをはがすと、刀も出てきた。

5個のお宝のうち3つゲットし、すごく盛り上がる一行でした。

◆忍者屋敷はこんな感じ!

◆番組終了後のツイート!

正直さんぽ:方南町「キッチンなべ」芸能人も愛する洋食屋

4人はお昼ごはんを食べられるお店を探していると、キッチンなべが。
手書きでたくさんのメニューが書かれています。
このお店は、創業40年以上の洋食屋さん。
「安くておいしいものを提供する」がモットー!
常連さんのため値段を変えない。芸能人も多いみたい。

待つ間、沈黙するのも、この番組の特徴らしい。
「静かな番組」「会話しようという努力がない」
有吉さんは「街の洋食」
欲張りハンバーグを頼んだ生野アナは「ふわふわでおいしい」
みなさん大満足でお散歩おわりです。

安い材料で、どれだけおいしくできるか、ご主人は努力している!
買い出しは自分で!ソースにコーヒーでこくなど。さまざまな工夫が!

方南町どうでしたか?
「お寺」と菊池さん。
「近所に住んだことあるけど、近くて遠い町。つぶさに見れて地元の新しい発見だった」と六角さん。
ランドマークはないえれど、歩いて楽しみがわかる町でした!

苔テラリウムがプレゼントされます。


◆放送後のツイート!美味しそう!

◆議員さんもつぶやく!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 有吉さんが正直さんぽで歩いたばかりですが、同じところに行ったりしたんでしょうか? 「正直さんぽ・方南町」の記事はこちらです。 […]