カテゴリー

じゅん散歩!高田純次が梅島・足立区を散歩!見逃した方はこちら!2019,12,14放送

じゅん散歩:メヒコ 足立区役所店!区役所の展望レストラン

「素敵なロケーションです」
足立区役所の展望レストランメヒコからスタート。
「見渡す限りビルだね」
夕方の東京の風景。でも、これが区役所から見れる、って足立区の方、うらやましい!

【ナレーション】
ここは、北千住から東武線で5分。区役所もある足立区の中心地です。
せんべろの店が並び、夜にぎわう町で、お酒以外のものを探してお散歩です。

そういえば、じゅん散歩ではお酒飲みませんね。禁酒番組か・・
ぶらり途中下車の旅は、お酒解禁なのに・・・

メヒコ 足立区役所店
足立区中央本町1-17-1 足立区役所本庁舎南館14階
03-3886-3939

じゅん散歩:サンベルゴ!あだち菓子「パンの耳かりんとう」

駅前から、広い通りを歩きます。
「パンやさんありの、八百屋さんありの なんでもありだね」
もつ焼きののしぶいお店があったり、夕焼けに鉄塔がどかんとそびえます。
ここからは住居のマンションも足立区に本社のある会社15社で団体つくった 多く建っているエリアになります。

サンベルゴというお菓子の店にはいります。
息子さん(店主さん)とお母さんとおはなし。

「あだち菓子」のコーナーがあります。
足立区に本社のある会社15社で団体つくって、足立区のお菓子をPRしているそうです。

一番のおすすめは、パンの耳をかりんとうにしたものだそうで、高田純次さんはお買い上げ。
「みなさんで召し上がって」と店主さんのお母さんが、温かいかりんとうをお皿に出してくれます。
アットホームですねー
高田純次さんが早速試食!
「パンのみみってわからないねー」美味しそうで親切なお店でした。

サンベルゴ
足立区梅田8-10-1
03-3887-5783
・食パンかりんとう 小 324円

「あだち菓子」を調べてみました

今のお店で並べていた「あだち菓子」というのが気になって調べてみました。

足立朝日のサイトにしっかり載ってました。
足立区はお菓子会社が多いまちみたいですね。

あだち菓子本舗 販売スタート!
掲載:2018年3月5日号
都内の菓子メーカーの約3割を占める足立区。60社のうち、区内で製造している15社が集まり、昨年結成された「あだち菓子本舗」(宮下和朋代表=「サンベルゴ」店主)。その菓子が、2月21日(水)~25日(日)、イトーヨーカドー竹の塚店1階で売られたほか、梅田8‐10‐1の「サンベルゴ」でも26日(月)から小売りをスタートさせた。いずれも売れ行き好調で、菓子本舗では「『ついで売り』により必ずお客は増えるので、売ってくれる小売店の方は連絡をください」と話している。
イトーヨーカドー竹の塚店の特設コーナーは無人で、菓子を紹介するチラシも置かれた。
販売された菓子は五家宝、雷おこし、豆板、食パンかりんとう、きんつば、ようかん巻き、人形焼き、はちみつカステラ、ウエハース、金平糖、芋ようかん、くずもち、ゴーフレット、リンゴジャムサンド、うす焼きせんべいの15種で、どれも200~300円。バラ売りだったが、お年寄りを中心に「安くて美味しい」とかなりの人気に。
お客の中には「こんなお菓子も足立区で作ってるの? 知らなかった」「試食させてくれればもっと買いやすいのにね」「人がいて宣伝すればもっと売れるのに……」と話す人もいた。5日間で約1100個売れた。
一方、「サンベルゴ」では本格販売をスタート。パンのついで買いが多く、たくさん買った人には特製土産袋を付けた。
宮下代表は「会としてしっかりしたパンフレットやノボリなどを早急に作りたい。小売店の活性化が目的なので、販売してくれるお店を増やしたい」と話す。
【連絡先】TEL3887・5783サンベルゴ

◆足立区生物園の方がPRしてます

じゅん散歩:パティスリー ラヴィアンレーヴ!コンテスト優勝の絶品ショコラ

すっかり夜になっています。

「せんべろも気になるな」
と言いつつ、ケーキ屋さんへ。

ちょっと見ただけで、ケーキの華やかーなお店。
「日本のケーキ、本当にすごいよね、修行は外国ですか?」
店主さんはフランスで修行したそう。
大きなコンクールでの優勝経験もある実力者。

パンプキンモンブランなど、ゴージャスなケーキが並びます。
一番のおすすめは、ショコラスペシャリテ。
丸くて、つやつやにコーティングされたケーキです。

おすすめケーキを店内のテーブルで食べる高田純次さん。
近くのテーブルでは、女性4人組がティータイム。
「誰もおすすめを食べてないんだ。ほら、このケーキ賞をとったんですよ」
と自分のケーキを宣伝する高田純次さん。

ケーキのお味は、
「おー美味。チョコレートがいやらしくなくていいね」

【ナレーション】
このお店のオーナーは、最大級の洋菓子コンクール、ジャパンケーキショー東京で優勝。
独創的なケーキ30種類を置いているお店です。

店主さんの奥さんは、今臨月で、女の子を出産予定だと言います。
「安産祈願お願いします」
と言われ、
「女の子なら、ショコラでどう?」とかなり適当に命名します。

【ナレーション】
その後、奥さんは無事赤ちゃんを出産したそうで、くるみちゃんと名づけられました。

くるみちゃんのかわいい写真も写ります!
さすがにショコラではなかったですが、お菓子やさんのお嬢さんらしい素敵な名前!
番組の最後でほっこりしました。

パティスリー ラヴィアンレーヴ
足立区梅島3-6-16
03-6887-2579
・ショコラスペシャリテ 540円
・ノエル・ヴェール 650円
・ノエル・ルージュ 650円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする