カテゴリー

じゅん散歩は立川・砂川七番!見逃した方こちら 6月21日

2019年6月21日のじゅん散歩は、立川市・砂川七番を歩きました。

「ここは砂川七番。上はモノレール。この町のテーマ曲が七番まであるから七番!」

砂川七番は、多摩モノレール開業後ものどかな風景が広がります。

「砂川七番の名前の秘密を聞こう。お店やさんで」
街道ぞいにタイヤ屋さんがある。働く男女。

「この辺、七番っていうけど、どうして七番?一番もあるの?」
タイヤ屋さんの若くて元気そうな店主さん。
「一番から十番まであるんですよ。」「たまたまここは七なのね。」
「・・はい」

「このあたり、いいお店ある?おねえさんかわいいとか」
「ウドムロがありますよ。」

女性にもちょっかいをだす高田純次さん。
「働いてるふりしてるね!」
「働いてますよ!」

おすすめされた、ウド農家を目指します。


じゅん散歩 立川の名産「東京うど」の須崎農園

農園のご主人に話を聞きます。

「この辺は、江戸時代に開発された新田なんですよ。開発するとき一番から十番まで地区をわけたんです。」
「おもしろい話だね」
京都に近い方から一番、二番とつけたのだそう。

ウドムロを見に行きます。
原っぱの中に、穴があいていて、棒がささっている。

「花火の筒みたい。落とし穴みたい」
「何も見えない。はいってる?」覗きこむ高田純次さん。
「入ってないとつまらない。上から見えるようじゃ困るから」

ご主人、続いて高田純次さんがはしごで下におります。
「下は広い!」

白くて長いうどが暗闇の中に生えています。
「今収穫時期?食べられるの?」
思い切って、10cmくらい折ってくれるご主人。
「食べて」
困る高田純次さん。
「料理には使いやすいね」
おいしそうにぼりぼり食べるご主人。
「食べ残しをもどしちゃだめ?」ともとの場所にさす高田純次さん。
「食べちゃって」「あー」食べにくそう。

立川市は、ウドが東京一とれます。
アクを抜いてキンピラにして食べることが多いんだけれど、ご主人、ガブリとおいしそうでした。高田さんでなくても、ウドの丸かじりは勇気がいります。

<須崎農園>
立川市幸町5-27-1
☎042-536-0087


じゅん散歩 木を縫う!おしゃれメガネ工房

コンクリ塀に「63モッコ」の文字
普通のおうちに作業場がある。
店主の神田さん 黒いごっついめがねをかけてる。
ここは、木製フレームのめがねやさん。
サンプル品を机に並べてあります。(少しお買い得、でも数万円)
木のサンプチがボードに貼ってある。
こくたんの木も さくらの木も。数万年に黒い模様ができるクロガキ。
フレームは、4日から1週間で1個しか作れない。

「高価なメガネだからね。デザインはもう少し普通がいいよ」

お店のサイトです。
おもしろい眼鏡だけれど、作りたいものなんです。
売れるのか?でもきっと同じ感性の人に届くのかな。

ロクサンモッコーと読みます。 63は自分の名前の語呂合わせです。 主に木を用いて、自分が欲しいモノや使いたいモノを製作してきました

<63モッコー>
立川市若葉町2-1-10
メール:info@63mokko.com