カテゴリー

じゅん散歩は広尾!見逃した方はこちら!2020.2.24放送

今日のじゅん散歩は広尾
「広尾は匂いがちがう」

以前の放送でノルウェー大使館を訪問したのをきっかけに、ノルウェーロケをすることになった高田さん。
「今回も大使館を巡ろうか」

【ナレーション】
広尾は、国際色の豊かな人気の街。
様々な国の大使館が集まり外国人が多く暮らしていることで、輸入食品を扱うスーパーやおしゃれな飲食店が立ち並んでいます。

「このあたりはセレブ通り広尾って感じ」
おしゃれな通りをお散歩。


じゅん散歩(広尾):アフリカ産のバラ専門店!アフリカローズ

お店の外の鮮やかな花束。
「アフリカローズ」は、アフリカから輸入したバラを販売しているお店。

お店の方が、出てきてお話してくれます。
アフリカのバラが日本のものを違うところは3つ。

日本のバラに比べて大きいこと、1か月も仲持するこ、色いろなグラデーションがあることだそうです。

「おじょうさんも生きてるバラみたい」

アフリカローズ
渋谷区広尾5-18-8
03-6450-3339
・コンフィデンシャル 1輪 880円
・シャポウ 1輪 880円

じゅん散歩(広尾)ナッツトーキョー

次に訪れたのは、ナッツの量り売りをしている「ナッツトーキョー」
ナッツを量り売りしている専門店。

人気は 梅昆布茶味のナッツだそう。
試食した高田純次さん、「やるもんだね。酒のつまみにいける」

近所の人がおやつがわりに買っていくそう。

しかし、「今月29日で閉店」とのテロップが!
せっかく番組に登場したのに、残念ですね。

ナッツ専門店
ナッツ トーキョー ※今月29日(土)で閉店
渋谷区広尾5-1-20 七星舎ビル 1F
03-3442-1518
・梅昆布茶 50g 864円




「あの白い建物はなに?」
坂の上にあるのは、 聖心女子大だそう。
坂を下りてきた学生さんとお話。
「坂を下りてくる子は聖心なんだ」

学生さんたちの、両手足をきちん揃えてお辞儀する姿に、「行儀がいいね」

その後、お店の前にすわるスタイリッシュ美女二人ともお話。
美容師さんとお客さんのよう。

じゅん散歩(広尾)イタリアンの「アンティキ・サポーリ」

続いて立ち止まったのは、レストラン。
「アベルト」と書いてあるんだけれど、これは?
「出てきたお店の方、高木さんにきくと「営業中」

ここは、「アンティキ・サポーリ」というイタリア・プーリア州の郷土料理をだすお店。
本店は、プーリア州に本店があるあります。

「広いんだ」
広々とし店内、夜11時まで開いているお店だそう。

プーリア州は農業が盛ん。
オリーブオイルは、イタリアで1位。

このお店は、内装も本店を再現、本店で修業したシェフが腕をふるう。

大使館関係者も通っている。
プーリア州の料理は野菜をふんだんに使っているのが特徴で「菜の花のパスタ」など日本では珍しいメニューが楽しめます。

カボチャのスフォルマートを試食。
これは、最初の前菜として出される料理で、かぼちゃ、たまご、チーズをスフレのように焼いたもの。
高田純次は「そこはかとなく広尾が漂ってくる」

夜のコースは、6600円が一番しっかりプーリア州を味わえる。
6600円で、前菜8種類、パスタ、メイン、デザート3つが楽しめる。

この地方の「おなかいっぱいの食べる」習慣で、皿数多めだそう。
「6600円ハリーズナブルじない?テーブルチャージが2万円だったり?」
「それは誤報です」夜とお店の方。

夜のコースもいいと思います。

アンティキ・サポーリ
港区南麻布5-2-40 日興パレス1F
03-6277-2073
・ブラーチェの盛り合わせ 3,960円
・菜花とサルシッチャの自家製オレキエッテ 1,562円
・カボチャのスフォルマート 792円
・焦がし小麦の自家製オレキエッテ ラグーソース 1,562円



▶この週のおさんぽ記事のまとめは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする