カテゴリー

じゅん散歩は白金台!見逃した方はこちら!2020.2.27放送

「今日はしろかねだい!にごらないんですね。
でもしろがねーぜはシロカネーゼじゃおかしいもんな。」

白金台は、カフェやレストランが並び、洗練された雰囲気に包まれています。

「このあたりは全然きれいでしょ」
美しい通りをお散歩。

「これは東京大学のあれかな?」

じゅん散歩(白金台)港区立郷土歴史館(ゆかしの杜)

「旧公衆衛生院!こんなに広いの?」
「建物は東大っぽいよね。安田講堂と同じ人が建てた?」
そのとおりです。

ここは、「ゆかしの杜」
昭和13年に完成した建物で、国立公衆衛生院として使われていました。
東京大学総長を務めた内田祥三が設計。
港区が引き取り、2年前に郷土歴史館、
ガン在宅ケアセンター、子ども支援センターなどの用途に使われています。

「床は大理石です。」東大以上に価値が高い建物のようです。

内田祥三の建築は、大学などが多く、この建物のように、自由に鑑賞できるのは珍しいそう。
「この建物の外観はゴシック風になっていて、内田ゴシックと言われています。」
「高田マジックはご存じですか?」

ちよっと語感が似てるかも?

港区立郷土歴史館(ゆかしの杜)
港区白金台4-6-2
03-6450-2107
・入館 無料

こちらの記事が詳しいです




じゅん散歩(白金台)プラネタリウム バー

外苑西通り プラチナ通りです。
「あれはなんだろう。聞いてみよう」
青いドームの建物を見つけてはいります。

お店の白石さんとお話。
お店の中でプラネタリウムをするバーなんですね。
この建物はフランス人のフィリップスタルクが、平成元年に建築。
天井がドーム状になっていたのを利用し、プラネタリウム好きの店主が15年前にバーを始めたそう。

「お寺でプラネタリウムをしているところがあったけれど?」
「そこ、知り合いです。」

いろんな星座をイメージしたカクテルを提供しています。
スポーツドリンク風味のアクエリエス。
かに座のカクテルは、ジンジャーエール味で、見た目もかにっぽい。
赤い飲み物に、はさみみたいにオレンジが顔を出してる!

カップルにも人気です。

プラネタリウム バー
港区白金台4-9-23 ツツイ白金台ビル5階
03-3440-2595
※午後7時開店
・チャージ料 660円
・12星座カクテル 各1,100円

▶この週のおさんぽ記事のまとめは




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする