カテゴリー

じゅん散歩は大手町!見逃した方はこちら!2020.3.17放送

大手町駅前からスタート!
大手町は、昨年の初夏でもじゅん散歩で来たばかり。
「ちょっと見ない間に、ビルがいろいろ。ここ全部働く人がいるわけでしょ」
わずかな間の変化が大きい様子。
その時のじゅん散歩の記事はこちら

【ナレーション】
常盤橋プロジェクトや、「Otemachi One」など大規模な再開発が続く大手町。
去年のじゅん散歩では工事中だったビルもまもなく完成し、オフィスや商業施設が入ります。7年後には、東京タワーよりも高い日本一の高層ビルができるなど、大手町に摩天楼が出現しそう。

銀行のロビーにお勤めの女性とお話。
「今、私はどれくらい借りられるの?」
「相談してください」


じゅん散歩(大手町)ソース焼きスパの「ボーノボーノ」

ガード下のお店。
パスタの店「ボーノボーノ」に入ります。
店を出して4年、値段は500円くらいとリーズナブル。

【ナレーション】
昼時には近隣のサラリーマンで行列ができる店。
通常のおよそ1.5倍、極太2.2ミリのスパゲティが評判。
醤油味のジャポネスタなど、本場イタリアとは一線を画す味付けも評判で、中でも「ソース焼きスパ」はもちもちの麺を焼きそばソースで頂く、新感覚の一品です。

試食した高田純次さん。「おお!完全に焼きそばの味だもんね」
「太目の麺です」
でも店主さんの一押しは、「ジャポネスタ」。
「ぼくがお客だったら、絶対これ食べます。」
「最初から言ってくれればいいのに!」と高田純次さん。

ボーノボーノ
千代田区大手町2-5-16
03-3271-6951
・ナポリタン 500円
・ジャポネスタ 500円
・ソース焼きスパ 550円

じゅん散歩(大手町)気象庁と気象専門「津村書店」

「Otemachi One」や皇居を通ります。
気象庁の建物が完成したのは昭和39年。「そろそろ建て替えだね」と眺める高田純次さん。

受付の女性とお話。
長官も建物内に部屋があるとのことで、「長官に会えるかな?」

【ナレーション】
天気予報の部屋や地震の観測をする部屋などは、無料で見学できるスポットです。
この秋、科学館やプラネタリウムを備えた、港区虎ノ門のビルに移転を予定しており、今が見納めと訪れる人も多いそうです。

建物内にある、気象に関する本を多く取り揃えている「津村書店」を訪れます。
あまたつさんも、良純さん、森田さんも訪れたお店。
気象に関係のある小説も並びます。

「世界気象カレンダー」や「天気トランプ」を見せてもらいます。
トランプの札には、すべてちがう気象のマークが!
めちゃくちゃマニアックなトランプです。

2階へある「地震火山現業室」を案内してもらいます。
技官の菊池さんが案内。
「ナマズは飼ってないんですか?」
「地震が起こったとたん、情報を発信するのが仕事です」

24時間体制で地震を観測していて、地震の速報などはここから発信されています。
さらには20の火山をカメラで監視しています。

次は、3階の「予報現業室」へ。
予報官の矢野さんとおはなし。
「テレビの中継は?」
「中継はここからしません。天気予報を出すシステムがここにあります」
「予報をはずすなんてことあります?」
「残念ながら。ご迷惑をおかけしております」
石原良純さんのような、気象予報士は、気象庁の予報を参考にしつつ、独自に予報をたてているそう。
「良純さんはどうなの?」
「上の上だと思います」

気象庁から発表される天気予報は1日3回。気象衛星ひまわりやアメダス等のデータをもとに、スーパーコンピューターが予測を出しています。最後に決めるのはその日の担当者。微妙なときの予報は、その人次第だそう。

「気象庁の移転は大変ではない?」
「天気予報はお休みできないので」
矢野さんは、個人的に通勤が少し遠くなるのが残念なようです。

気象庁
千代田区大手町1-3-4
03-3212-8341



津村書店
千代田区大手町1-3-4(気象庁内)
03-3211-5533
・世界気象カレンダー 2,400円
・天気トランプ 1,650円





▶この週の他のお散歩記事はこちら!長野選手がもう一度登場します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする