カテゴリー

じゅん散歩は横浜・天王町 2020.6.5放送

相鉄の天王町からスタート。
3月16日収録。
じゅん散歩の「名物プロジューサー」、細川プロデユーサーが、結婚した当初住んでいた町だそうです。

横浜へのアクセスのよさと、「横浜のアメ横」と言われる商店街が自慢の町。

帷子川を渡ります。
橋の向こうから手をふる人たち「住んでる人も情がありそうだ」

浜のアメ横と言われる「松原商店街」
アーケードのない庶民的な商店街です。




じゅん散歩(天王町)松原商店街・外川商店

ダンボールをポンポン屋根にあげているこの商店。
ダンボールが風で飛ぶ。
置くとこがないから屋根に挙げているらしい。

「大きい魚屋さんもある」とすすめてくれます。

昭和48年創業
外川商店
横浜市保土ヶ谷区宮田町1-2-10
045-333-3927



じゅん散歩(天王町)松原商店街・魚幸水産

歩いている人も、「住みやすい」
個人の店がにぎわっています。

名物のマグロ解体は終った跡でしたが、切り身の立派なものが並んでいます。

魚屋さん、八百屋さんが多い。
「ちょっとごちょっとしているのがいいね」

ハマのアメ横「松原商店街」
魚幸水産
横浜市保土ヶ谷区宮田町1-5-2
045-331-0100

じゅん散歩(天王町)ポテサラたい焼き「京町屋 鯛あん亭」

若い女性が売っているたい焼き屋さん。
「ポテサラたい焼きをすすめられます」

「あんがいい」と言いながら、「ポテサラたい焼き」を食べます。
ポテサラを研究している?細川プロジューサーと一緒に食べます。

「サラダ好きな人にはいいな。ポテサラうまいから、これだけ売ったら」
「それはお惣菜で売っています」

総菜店の“ポテサラたい焼き”
京町屋 鯛あん亭
横浜市保土ヶ谷区宮田町1-7-1
045-332-3211(京町屋)
・ポテトサラダたい焼き 150円

久保山タウン新聞に記事が

▶この週の他の放送はこちらです



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする