カテゴリー

じゅん散歩は金沢文庫!見逃した方はこちら!2020.6.16放送

金沢文庫前からスタート。
今日もフェイスシールドの高田さん。案内人の先生とはリモートでお話していて、「新時代のお散歩」という感じ。


じゅん散歩(金沢文庫)金沢文庫

金沢文庫は、北条実時が建てたもの。
教養人の実時の意志を受け継ぎ、蔵書は政治・歴史・文学が中心となっている。

自分の著書を寄贈しようとする高田さんですが、ロケ時には閉館中。
(今は開館しているようです)

この町にゆかりの小田和正さんのメロディーが駅で使われています。歴史を感じられる町をお散歩です。

神奈川県立金沢文庫
横浜市金沢区金沢街142
045-701-9069
※現在 図書館のみ開館中(予約制)
・大人 250円 / 65歳以上 100円

▶観光協会の説明がくわしいです!後で出てくる称名寺との関係が深く、昔からトンネルでつながっているらしい。




じゅん散歩(金沢文庫)称名寺

案内役をご用意してます、とスマホを差し出された高田さん。

歴史にくわしい「横濱金澤シティガイド協会長」の長瀬先生が自宅からリモートで案内してくれます。
(新しい展開です!)

「ここは、北条実時が建てた寺。仁王門も」
途中で、先生と高田さんが同じ年だと判明しましたが、音声がとぎれ、会話が中断。
「聞こえませーん」と叫ぶ先生の画面では、高田さんがフリーズ!

リモート難しいですね。

【ナレーション】
リモートがうまくいかなかったので、下平アナのナレーション。
ここは、金沢北条家の菩提寺。面積はおよそ2万7000坪。境内は、お堂の前に池を設けた浄土庭園となっています。

池の景色が美しい庭園です。
「向こうに富士山をリモートで入れますかね」

池には亀も向いています。
赤い橋と池の周りの緑のコントラストが素晴らしい。

建物はいずれも古い。
「ここから見ると、普通のお寺と違う、京都にありそうだね」

「北条実時公の像だ。坊主なのかな?」

再び、リモートで先生に接続。
「北条實時は、出家してますよ。誰かに似てません?」

「海老蔵?日本武尊?」
「高がつく」「日本男子のあこがれ」
「菅原文太さん?」
「高つきませんよ」
「先生、つっこみますね。高倉健さん?似てるかな?」

「高倉健さんの先祖が北条氏なんですよ」
「そういえば、最初から似てましたよ」

先生に見どころを聞くと、永島庭園を教えてくれます。
最後に、ちゃんとリモートで会話ができてよかったです。

金沢山 称名寺
横浜市金沢区金沢町212-1
※電話番号非公開




▶観光協会の説明がくわしいです!




じゅん散歩(金沢文庫)キクラゲと椎茸の永島農園

きくらげと椎茸を作っているという永島農園。
500年以上の歴史ある農園です。

「きくらげって作っているところって、見ないよね?」
「みなさん、海のクラゲだと思ってますよね」

ハウスの中には、スポンジ状のものが棚に並んでいて、そこにキクラゲが生えています。
キクラゲは、キノコの一種だそうです。

キノコ類を多くつくっているこの農園。
おがくずなどでできているブロックには、菌類がうめこまれていて、傷をつけると、菌が空気に触れ、次々とはえてくる。
湯通しして刺し身風にしたり、オリーブオイルとにんにくで「アヒージョ」にするのもおすすめ。

高田純次さんは、ゴマ油味のキクラゲを食べてみる。
「キクラゲは味がないよね?」

次はアヒージョ。
「ぬめっとした感じがいいね。しいたけがすごくうまいんだけど、一個しかはいってない。しいたけ、歯ごたえがいいね。歯がバウンドするよう。おひさましいたけ、スポンジのよう、褒めてないか」

永島農園
横浜市金沢区釜利谷東7-6-17
045-780-5706
・おひさま干しシイタケ 1袋(50g) 600円
・おひさま干しキクラゲ 1袋(50g) 800円

▶永島農園のサイト
大正時代からこの地で農業。花の生産など、時代とともに新しいことにとリンクで来た農家のようです。


▶永島農園のオンライン
最近人気のおうちでシイタケを育てるキットもありますよ。


◆マンガにもなっている?


▶この週の他の散歩はこちら!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする