カテゴリー

じゅん散歩は横浜・野島公園!見逃した方はこちら!2020.6.18放送

今日は横浜野島公園からスタート!

じゅん散歩(横浜・野鳥公園)広重も描いた公園

歌川広重に描かれた風光明媚な島の半分をしめます。
キャンプ場や展望台がある、夏に人気のスポットです。

人がいないので、フェイスガードをはずして歩く高田さん。
地元の家族とも、すごく遠くからおはなし。

しらない花をアプリでとると、名前を教えてくれる。
「シロタエギク、ダルビッシュ有?」

野島公園
横浜市金沢区野島町24
045-781-8146
※現在 バーベキュー場・キャンプ場は休止中

▶野鳥公園のサイト!

横浜市の最南部にある平潟湾の入口に浮かぶ、「野島」という島にある公園です。
江戸後期に活躍した、浮世絵師歌川広重によって描かれた、『金沢八景』の中の『野島夕照(のじまのせきしょう)』(野島の漁師村に夕焼けが映えている様子を描いた錦絵)で有名な地域です。
海抜57m の野島山を中心に、展望台、バーベキュー場、キャンプ場、野球場などの施設があり、展望台からは、横浜の海はもちろん、房総半島や富士山を臨むことが出来るでしょう。
<出典:野島公園/旧伊藤博文金沢別邸サイトより>

じゅん散歩(横浜・野鳥公園)旧伊藤博文金沢別邸

古い家を見つけ、伊藤博文邸。
「まあ、いい場所にね」

無料でオープンしているようです。
「太っ腹だね」

「ご夫婦で住んでいたの?」
「夏の間別荘として来たり、皇族方も見えたり」

2009年に一旦解体して、使える部材を全部使ってくみ上げたそうです。

「涼しくて、夏はいいよね。夏の間、3万か4万でかしてほしい」
「できれば4、5百万でおねがいします」

すべての部屋から海が見え、伊藤博文さんも海を眺めたようです。
「伊藤博文さん、海辺の方?」
「農家の出身なんですよ」
「うちは東京ガスなんだけど」

地元出身の案内の方におすすめを聞くと、「パン ド イル」

電話でアポをとり、今日はお休みのお店に向かうことに。

旧伊藤博文金沢別邸
横浜市金沢区野島町24 野島公園内
045-788-1919

▶旧伊藤博文金沢別邸のサイト!

旧伊藤博文金沢別邸は、初代内閣総理大臣を務めた伊藤博文により、明治31(1898)年に建てられた茅葺寄棟屋根の田舎風海浜別荘建築です。伊藤博文が風光明媚な金沢の地を好んで建てたといわれ、大正天皇や韓国皇太子なども訪れました。

明治時代、富岡などの金沢近辺は、東京近郊の海浜別荘地として注目され、第4・6代内閣総理大臣の松方正義や大蔵大臣・外務大臣等を務めた井上馨、日本画の大家の川合玉堂などが別荘を設けました。その後、大磯や葉山などが別荘地として栄え、金沢はその役割を終えました。旧伊藤博文金沢別邸は、当時の別荘地の数少ない貴重な建築遺構です。
<出典:旧伊藤博文金沢別邸のサイト>

じゅん散歩(横浜・野鳥公園)青いラムネパンの「パン ド イル」

パン ド イルには、まだ小さいお子さんたちと、店主さんがいました。
新しい名物ラムネ・パンを試食。
「これはラムネだね。アンパンのようでとても爽やかな味」
「あまり奇をてらったものが苦手なんですが」という店主さんが、思い切って商品化したもののようで、発売したばかりだけれど、評判の商品です。

「これはいいところ狙ったね!」

パン ド イル
横浜市金沢区野島町17-1
045-781-8137
・ラムネあんぱん 100円


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする