カテゴリー

じゅん散歩は檜原村!イタリアン「ヴィッラ・デルピーノ」と村長さん!見逃した方はこちら!2020.7.28放送

ここは、東京都で唯一村がつく檜原村。
トイレも檜だそうです。
「におわないな。フェイスダードつけてるからな」

「和田向のバス停、1時間に1本。」

今日は、JR五日市線「武蔵五日市駅」からバスで30分のところにある、檜原村をお散歩。
面積の9割以上が森林という雄大な自然が魅力。人口2000人強の村ですが、年間37万人もの観光客が訪れます。

じゅん散歩 檜原村役場

村役場に行きます。
アルコール殺菌して中へ。

「檜かしら」
木をたっぷり使った役場です。

案内の広報の方が来てくれます。
日野じゃ羅村のおすすめポイントを聞くと、村長室に案内してくれます。

坂本義次村長。
気さくな方のようです。
「あげるからさ」
と「檜原産 檜のマスクケース」をプレゼント。
マスク外した時に置く場所がないからね。

ペットボトルにはいった「檜原村の水」を頂いた。
「どうだい?」
「水としてすごくおいしい」

村が消えていくなく、檜原村は残っています。
調査をすると、6割以上の人が、村を残してほしい。

「働く場所がほしい」という村長に、「テレ朝の支局をつくりましょう」
「よりすぐった社員だけでお願いします」

檜原村役場
西多摩郡檜原村467-1
042-598-1011
・檜原産 檜のマスクケース 650円 ※村内のスーパーなどで販売
・檜原村の水 100円 ※檜原村観光協会などで販売

じゅん散歩(檜原村)エコツーリズムインフォメーションセンター

村長さんにオススメスポットを聞いて訪問。

小屋の中で忍者姿の男性。

地域の資源を生かしたエコツアーを行っています。
目玉が、檜原村にたくさんある滝めぐり。滝巡りマップもあります。

エコツアーガイドの甚川浩志さんに、北秋川へ案内してもらいます。
「水が冷たい!」
ボート遊びもできれば、泳ぐこともきるそうです。

エコツーリズムインフォメーションセンター
西多摩郡檜原村本宿5492
042-598-6928(NPO法人 フジの森事務局)

じゅん散歩(檜原村)イタリアン「ヴィッラ・デルピーノ」

いい感じの小屋風のお店。
店主の松村さんとおはなし。

13年前イタリアで、現地の食文化に魅せられた松村さん。奥さんの故郷の檜原村の野菜のおいしさに魅せられ移住。

特にじゃがいもを使ったパスタがおいしい。

「これは、イタリアに負けてないね」
この場所の上の方に住んでいるという松村さん、家からは横浜の明かりも見えるのだそう。

ヴィッラ・デルピーノ
西多摩郡檜原村本宿5493-1
042-598-1054
・本日のランチ コーヒー&デザート付き 1,700円
※現在 予約のみ メニューは日替わり


▶この週の他の放送はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする