カテゴリー

じゅん散歩は有明!ミニチュアの「スモールワールズ トーキョー」見逃した方はこちら!2020.8.3放送

じゅん散歩(有明)「シティタワーズ東京ベイ」

シティタワーズ東京ベイからお散歩開始。
「なんてったってこの景色、一度は住んどかないと。」
高田さんがいるのは、9900万円のお部屋。
真の前には有明ガーデンもオープンしました。

6月にオープンした有明ガーデン。
ホテルや生活雑貨の店など、200以上の店舗を併設し、有明四季劇場も来年開業します。
「ライオンキング」でこけら落としが予定されています。

「オリンピックの会場は見えます?」と尋ねると、案内の住友不動産の方が、
「有明体操競技場、東京五輪で使用される予定の有明アリーナ、BMX会場、有明コロシアム」と指さしてくれます。

「マラソンは札幌へ行ってしまいましたが」
「いくら住友不動産でも札幌は見えないね」

絶景!話題の街を一望のタワマン
シティタワーズ東京ベイ
江東区有明2-1
0120-345-838




さっき、マンションから見ていた、有明ガーデンへ。

きれいな女性とおはなし、東雲(しののめ)まで通う会社音の方。

天然温泉の天空の湯、東京ガーデンシアターもあります。
「こんなところではちんけな舞台はできないね。」

前にきたアンダーアーマーの建物を通ります。
その時には、建設中だったBMXの会場もほぼ完成しています。

じゅん散歩(有明)屋内ミニチュアパーク「スモールワールズ トーキョー」

ミニチュアパークにやってきました。
「ミニチュアのテーマパークになってます」とスタッフの原田まみさん。
エヴァンゲリオンやセーラームーンのテーマパークにもなっている6そうで、6月オープンの施設だそうです。

宇宙センターエリアでは、1970年代のアポロの発射を再現しています。
管制塔もリアルに再現。

ここは、屋内では、世界最大規模を誇る施設。
ガラスに覆われていず、模型の目の前まで近づけるので、迫力のある写真や動画の撮影ができます。

高田さんは、中国エリアでスマホでの撮影を楽しみます。
「いやあ楽しいね」
「最近スマホもよく使えるようになってきたんですよ。」

1990年の麻布十番。
「登龍さん、この前もいったよ。タンメンがおいしい。」
焼き鳥のあべちゃん、麻布十番温泉も再現。

「何かいじくってる人がいるけど、注意した方がいんじゃない?」
作業していたのは、このフィギュアの作者の男性。
フェイスシールドをして、ミニチュアのお手入れ。
「一年ほどで仕上げた」
と聞いて「こういう仕事いいねえ」

次は、関西国際空港。飛行機の離陸を再現。

自分にそっくりのフィギュアを作成することもできます。
「住民権付フィギュアプログラム」というプログラム。
360度撮影できるカメラ(エレベーターの箱のようなもの)の中にはいり、10秒停止。
2週間後にフィギュアができるそう。

2週間前に来館して、写真をとった細川プロジューサーのフィギュアができあがっています。
「小さすぎて細川さんかどうかわからないけど」
「リアルなところでは、麻布十番かな」とマンションの屋上に設置。

一年間置くことができるそうです。
後日、高田純次さんのフィギュアの完成し、麻布十番に置かれたそうです。
「探してみてくださいね」と下平アナのナレーションでした。

スモールワールズ トーキョー
江東区有明1-3-33
・入場料
大人 2,700円 / 中高生 1,900円 / 幼児・小学生 1,500円
・住民権付フィギュアプログラム 4,800円~ (フィギュアの設置は1年間)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする