カテゴリー

じゅん散歩は豊洲市場・ランニングスタジアムで為末大さんと!2020.8.6放送

じゅん散歩 豊洲市場ぐるり公園

「ひさびさの豊洲市場。市場をぐるりと一周するぐるり公園、あまり知られてない感じだけどね。」

ここはサスペンスの最後のところにありそうなところ。
「今日はドラマでぼくも出るんですが」
刑事役でのドラマ出演の番宣もちょっと。

豊洲市場を囲う「ぐるり公園」
豊洲ぐるり公園
江東区豊洲6-1地先・5-1地先
03-3520-8819
・手ぶらBBQ広場 11,550円(1区画6名まで)



じゅん散歩 為末大さんが館長の「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」

「あれはなんだろう。ブリリアン?」
ドームみたいなものが!

「ランニングスタジアムって書いてありますよ。」
中はランニングスタジアム。

「ランニングできるなら走っちゃおうかな?」「ぜひ」

奥は全天候トラックがあります。

「館長の為末大がおりますので」とトラックに案内してもらいます。

為末大さんと対面。
「イケメンで!おいくつなの?画面でしか見たことないんだよね」
イケメンの為末さんは、40代。

400mハードルの日本記録保持者です。

このランニングスタジアムは、国立競技場と同じ素材を使い 一般の方も楽しめる施設。

ハードルを見せてもらうと、90cmか110cmとすごく高い。
「これを越えてくの?おれ10センチか20センチかと思ってた」

「飛んでみましょうか」跳んで見せてくれる為末さん。

為末さんは、最初は100mを目指したのですが、「海外レースみたら、選手が早くて。 ハードルを見たら、みんなころんでいて、これならいいかなと」
ハードルを目指すことにしたそうです。

「ぼくも行間をぬいながら、やってきましたけどね」と高田さん。

「聖火ランナーに決まってたんですよ。」という高田さんに、為末さんから走りのアドバイス。

「遠くをまっすぐ見て走る。スキップがうまくなると足も速くなる」
高田純次さん、トラックでスキップを練習しました。

陸上界のレジェンドが館長の施設
新豊洲Brilliaランニングスタジアム
江東区豊洲6-4-2
【HP】http://running-stadium.tokyo/
・利用料金 一般 800円



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする