カテゴリー

じゅん散歩は野田 郷土博物館・櫻木神社!見逃した方はこちら!2020.8.24放送

今週は野田市からのじゅん散歩。
「野田市といえば醤油ですよね」

【ナレーション】
野田の醤油発祥地の看板。
野田市駅の改札の前は醤油メーカー。4つのメーカーがあり、シェアは15%。
江戸時代から醸造があり、町を歩けば醤油の文字が。
醤油の羊羹もあります。

醤油の羊羹は、喜久屋で売っているようです。

喜久屋
野田市清水132-1
04-7122-1604
・醤油羊羹(ようかん) 御用蔵 1棹 1,350円



じゅん散歩(野田)野田市郷土博物館

まずは、ゆかりの地から散歩スタート。

赤いカベのただ者ではない建物は、郷土博物館。
案内してくれます。
醤油の匂いもしますね。
風向きによっては。

壁が赤いのは?
「インドのベンガル地方の塗料です」

キッコーマン醤油の創始者 茂木家の邸宅を案内されます。
邸宅や庭園が残ります。
ベンガラ色は、この時代の豪華な家によく使われた塗料なのだそうです。

非常に広いお宅。
「ガラス窓も当時のままで、少し景色がゆがんで見えます。」

「将棋の対戦もここでしました」と大きな和室を案内されます。
羽生名人もここで対戦したようです。
「羽生さんもね!」
羽生名人は、じゅん散歩に出演したのでした。

関根金次郎という将棋名人が近くにいたことから、将棋の対戦がこの場所で行われるようになったそうです。

台所と食堂。
みんなで食事ができる大きな部屋には、広げると2倍になる机が!
「麻雀でもするんですか」

醤油を使った工房を紹介してもらいます。

野田市郷土博物館・市民会館
野田市野田370-8
04-7124-6851※入館無料

じゅん散歩(野田)樽最中「丸嶋屋」

樽最中は、醤油を使った最中。
「醤油というか、普通においしい」
「キッコーマン醤油と、キノエ醤油をブレンドして使ってます」

丸嶋屋
野田市野田355
04-7122-3111
・樽最中 151円




じゅん散歩(野田)櫻木神社

櫻木神社に来ました。
「鳥居が相当大きい」
参道が曲がっています。

「参道めずらしいですね」


ベニシダレの桜の木があります。
アーコレード桜も。

「ケンケンパで厄落とし。200円をお納めください。」
玉をとって、石の上をケンケンパで渡り、厄と書いた石に玉を打ち付ける。
「神社によって、いろいろな厄落としがありますね」
「けんけんぱは珍しいですね」
「大地を踏みしめて、邪気払うのです」

人気のお守りは、「時節柄「疫病除け」
妖魔、病魔のお守りを売っています。
ちょっとユーモラスな魔です。

これからは、十月桜の季節。
妖魔の神事もあり、神社を訪れる人も増える季節になります。

巫女さんに質問?
「坂本は」「竜馬」
「西岡は」「徳馬」

案内してくれた神社の方がしている桜のマスクも売っています。
「こんな私でもかわいいといってもらえるマスクです」
「うん、かわいいね」

櫻木神社
野田市桜台210
04-7121-0001
・疫病除お守り 700円



▶今週の他の散歩はこちら!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする