カテゴリー

ぶらり途中下車の旅 なぎら健壱さんの傑作選!2020.5.23放送

今日は、なぎら健壱さん案内の傑作選です。

ぶらり途中下車の旅(二子玉川)帰真園

2015年のなぎら健壱さんが訪れたのは、帰真園。
多摩川の源流から本流までの景色を表現した庭。
回遊式庭園。
「私が回遊してみましょうか?つくるのは大変だったでしょうね。」
涼しい日はずっといたいような庭園です。

013年4月に開園した帰真園は、日本古来の優れた空間文化を人々に伝えていくことを主題に作庭された、世田谷区立初の回遊式日本庭園です。
帰真園という名称には、自然に回帰するという意味が含まれており、約5,800平方メートルある園内には、多摩川の源流から本流まで、そして国分寺崖線のみどり豊かな丘陵と武蔵野の風景を表現した縮景が再現されています。園内にある旧清水家書院は中根岸にあったものを、大正8年に区内瀬田の清水家屋敷に移築したもので、平成25年、帰真園に再度移築したものです。【最寄駅】二子玉川駅より徒歩9分(上野毛駅より徒歩8分)
【所番地】東京都世田谷区玉川1-16-1
【電話番号】03-3700-2735
【定休日】火曜、年末年始
※入場料:無料
※現在は一部を除き開園しています



ぶらり途中下車の旅(西大井駅):東京手描友禅 町田久美子さん

馬込三本松商店街の中にガラス扉のお店。
中はすっきりした工房と、お茶も売っているみたい。

中で作業をしているのは、町田久美子さん。
おばあさんが、お茶を売っていたので、お茶も小売りしています。

町田さんが描いているのは、東京友禅の下絵。
14歳から友禅をはじめた町田さんは、着物に縁のない人にも、友禅の美しい色を知ってほしいと財布などの小物も手掛けます。

絵は、伝統的な柄だけでなく、かわいらしいデザインのものも作っています。
うさぎがプロポーズしている柄のお財布、素敵です。

その時の放送の様子はこちら

14歳で手描友禅の職人を志した町田さん、伝統的な作品から現代的なものまで、幅広い作風が新鮮!

田山さん、お魚とくらげの小物入れを購入。

14歳で手描友禅の職人を志した町田さん、伝統的な作品から現代的なものまで、幅広い作風が新鮮!

【最寄駅】西大井駅から徒歩24分(馬込駅)
【所番地】東京都大田区中馬込2-5-10
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】日曜日・祝日
【電話番号】03-3772-8357
【ホームページ】https://www.machidakumiko.net/
【インスタグラム】https://www.instagram.com/koubouq/?hl=ja
※現在、工房兼店舗は予約制です。
インターネットでも販売しています。



ぶらり途中下車の旅(浜町)ハグ ファクトリー

金子昇さんが訪れたのは、ショーウィンドウにふくろうや、さいのバッグが並ぶお店。
ハグ ファクトリーの代理店と書いてあります。

「お店ではなくて代理店なんです。ショールームのように見ていただければ」
香港のアーティストスティーブ・チャンさんの作品を扱っているそうです。

ミミズクバッグ、多くのパーツからできています!
草をたべているサイのバッグ。ファスナー部分が草をたべている感じ。
マンタのリュックは広げると三角形、包むとリュック型に。

12年前に会社をしたいなあ、と思った時、奥様が香港で買ってきたウサギバッグが目に留まった。
思い切って香港に電話をしたところ、アーティストのスティーブ・チャンさんにつながり、その縁で代理店をすることになったんだそう。

香港のデザイナーが作る、可愛くておしゃれなアニマルバッグ!

【最寄駅】浜町駅から徒歩約5分
【所番地】東京都中央区日本橋浜町3-32-8 藤ビル1F
【電話番号】03-5623-2261
【ホームページ】http://www.hug-factory.com/index.php
【定休日】土日祝
※ショールームですが販売もしています(現金のみ)

▶お店のサイトです

ぶらり途中下車の旅(川越市)創作うどん くらうど

木下ほうかさんが、「創作うどんくらうど」の看板につられて訪問。
「うどん好きなんですよ」と木下さん。

店主さんに、高菜漬けが好きだと言って、すすめてもらった「炙りたらこ高菜のだし茶漬けうどん」を食べます。

「おだしは関西風の澄んだ色です」
「関西風ですね」
だしも関西風で、麺もさぬき風、自家製だそうです。

「当店のコンセプトは、第二のカレーうどんを作りたいんです」
店主さんは、カレーうどんのように、どこでも食べられる新しい定番商品を作りたいと思っているそう。
店主さんは、いろいろな店での修行経験をいかし、「ネギトロうどん」や「デミグラスソースのふわとろオムうどん」なども開発!

このお店もたくさんの方が紹介していて、どのメニューもおいしいそう。
カレーうどんのような大ヒットがこのお店から誕生するかもしれませんね。

「炙りたらこと高菜のだし茶漬けうどん」や、ワサビ醤油で味わう「ネギトロうどん」、「デミグラスソースのふわとろオムうどん」など、独創的なうどん!

【最寄駅】川越市駅より徒歩12分
【所番地】埼玉県川越市連雀町16-4
【電話番号】049-215-1781
【定休日】無休(臨時休業あり)
【ホームページ】https://www.facebook.com/sousakuudon.kuraudo
※現在は、時間を短縮(11:00~13:00)して営業しています。
今後の営業につきましては、お店HPをご確認ください。

▶お店のサイトです

ぶらり途中下車の旅(茅ヶ崎)魚醤ラーメン!欣ずし

ナンプラー(魚醤)を作っているというお寿司屋さん。
今はいわしが原料。
季節によって、魚の種類が変わります。

「とれすぎたり、傷がついた魚を活かしたい」と開発したばかりだそうです。
採れた魚をそのまま魚醤にするので、くさみもありません。
塩のかわりにつけられる魚醤。
魚醤を活かしたラーメンも作っているそう。

「寿司屋でラーメン!」
「魚醤をわかってもらえるにはラーメンだと思って」

運ばれてきたラーメンは、透明で美しい。
貝がはいっています。
「普通のラーメンとは違うね。ナンプラーだめな人でも、鼻にこない。くせになりそうで、また食べたい味ですね」

寿司屋さんが試行錯誤の末に作り上げた、茅ケ崎の旬の魚を使った、クセのない澄んだ魚醤。透き通ったスープの魚醤ラーメンは旨味たっぷり!

【最寄駅】茅ケ崎駅から徒歩20分
【所番地】神奈川県茅ケ崎市南湖2-3-12
【電話番号】0467-82-7884
【営業時間】11:30~21:00(L.O20:30)
【定休日】水曜日
※現在は、時間を短縮(11:30~20:00)して営業しています。
寿司のテイクアウト販売もしています。
今後の営業につきましては、お店にご確認ください。

ぶらり途中下車の旅(上野):立体切り絵 ともだあやのさん

なぎら健壱さんが訪問。
うさぎや、鳥などが飾られています。
全部紙でできているそう!
作っているのは、若い女性のアーティスト。

カラスも一つ一つ小さいパーツを切りだして、つくっています。

「細かい作業だなー」
「若さが武器です」
「そのうち目にきますよ」
「そうなったらレーザーカッターにお願いして」

大きな作品だと出来上がるのに半年以上。
中学生から切り絵に取り組み、美術系の学校を出た友田さん。
「ありがとう、またチクチクやってください」

その時の放送の様子はこちら!

パーツごとに細かい花の模様を切り抜き、それを貼り合わせて作る立体切り絵。大きな作品だと、完成まで半年以上かかるそうです。

【ホームページ】https://www.tomoda-paperart.com/
【Twitter】https://twitter.com/unico0c_0
【インスタグラム】https://www.instagram.com/unico0c_0/?hl=ja
※現在GALLERY心は閉館しています。

▶ともだあやのさんのホームページはこちら!



ぶらり途中下車の旅(上野):メタルアート 春田幸彦さん

舞の海さんが訪問したのは、雑貨屋さんのような店内。
東京芸大出身の春田玲子さんがデザインしたものや、同級生のものなどを販売。

ご主人は、春田ゆきひこさんは、隣のガレージでメタルアートを製作しているそう。

飾ってあるのは、バッグ。
皮かと思ったら、金属です!
有線七宝という技法を使っているそう。
線の上に釉薬を盛って、焼いて、削るという工程を繰り返して作られています。

へびのお財布。ぎざぎざの口を持っています。
「無駄口、無駄死に、無駄使い」がテーマ。

「貴重な作品、ありがとうございました」
その時の放送の記事はこちらです。

ヘビやワニなど爬虫類の体の柄を七宝焼きの技術で表現!金属を母体に様々な作品を生み出しています。



ぶらり途中下車の旅(経堂):鉄板焼肉「大当たり」

石井正則さんが訪れたのは、博多名物の鉄板焼肉のお店。

各テーブルになぞの木の角棒が置いてあります。
じゅじゅうの鉄板焼き。
「香がすごいですね」

角棒でお皿を傾け、油がたまったところに、辛い味噌を溶かして食べるのだそう。
「にんにく利いてますね、破壊力がすごい!元気でるわ」
「辛味噌をつけて・・うまい!」
「脂もいい味でして、ハーモニーになってる。」
油に野菜と肉のうまさがとけこんでいます。

店主さんは、学生時代博多の鉄板焼きにめざめ、この味を広めたいの店を開いたそう。最初は客足に苦労したけれど、今は、みんなに愛されるお店に。

博多出身の店主、後藤さんが学生時代に虜になった博多名物、「鉄板焼肉」。20年かけてたどり着いたという本場の味を楽しめます。

【最寄駅】経堂駅より徒歩10分
【所番地】東京都世田谷区経堂1-25-19
【電話番号】03-3439-8929
【営業時間】11:30~15:00(LO 30分前)
18:00~23:00(LO 30分前)
【定休日】年中無休
※現在は時間を短縮(ランチ11:00~15:00※14:30LO、ディナー17:00~20:00※19:30LO)して営業しています。
テイクアウトの販売もしています。(ランチ14:30LOで15:00まで受け渡し可、ディナー20:30LOで21時まで受け渡し可)
※テイクアウトは事前にお電話でのご注文がおすすめです。
※今後の営業につきましては、お店にご確認ください。

ぶらり途中下車の旅(木更津):フォアグラと穴子の炊き込みごはん「ビストロ レコルト」

千葉県産の食材のお店「ビストロ レコルト」に、太川陽介さんが入店。
フォアグラと穴子の炊き込みごはんを注文。

リンゴとベーコンのソテーがやってきます。
「ベーコンの塩気とリンゴの甘味、酸味が最高!」

大塚さんが、千葉県産の材料を使ったフレンチがおすすめ。
「ベーコンとリンゴのソテー」もすすめられて注文。
「メープルシロップも加えて、甘さのバランスもいい」
ベーコンの塩気と甘みが絶妙!

「穴子とフォアグラの炊き込みごはん」がやってきます。
穴子もフォアグラもたっぷり。
「油がガツンと来るかと思ったらそうじゃない」
「ソースにワインを使うことで、さっぱりしているんですよ」
「フォアグラが入ってるけど、フレンチじゃない」

穴子の白焼きをフォンドボーで煮込み、注文が来てから、米やきのこなどと一緒に炊きます。
フォアグラをソテーして炊けたごはんに乗せるそうです。

料理を口にした太川さんも深く満足な様子でした。
その時の放送は、こちらです。

千葉県産の厳選食材にこだわった料理を、ワインと共に楽しめるビストロ!人気は「江戸前アナゴの白焼きとフォアグラの土鍋炊き込みご飯」

【最寄駅】千葉駅より徒歩8分
【所番地】千葉県千葉市中央区富士見2-13-1 第2山崎ビル1F
【電話番号】043-216-2402
【営業時間】
月・水~土 11:30~14:30 17:30~23:30~23:30
日 11:30~22:00
【定休日】火曜
【ホームページ】https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12042341
【Facebook】https://www.facebook.com/recoltechiba/
【インスタグラム】https://www.instagram.com/recolte_0624/
※現在は一部メニューのテイクアウトのみの販売です。
「江戸前アナゴの白焼きとフォアグラの土鍋炊き込みご飯」のテイクアウトは予約制です。
【営業時間】平日 7:00~19:00(11:00まではパン類のみ)
土日 11:00~19:00
※事前にお電話でのご注文がおすすめです。
今後の営業につきましては、お店HPをご確認ください。

▶お店のサイトです



ぶらり途中下車の旅(吉祥寺):肉ドレス海鮮丼

かとうかづこさんが、「肉ドレス海鮮丼」の看板をみて、入店。
和風のお店。
メニューはほぼ「肉ドレス海鮮丼」
いくらの盛りが選べます。

きたのは、ご飯の上に黒毛和牛がドレスのように並んだもの!

まずは、岩塩をお肉にかけるのがおすすめ。
「肉、大きいですよ。甘い。おいしいです!」
「ここには、マグロ?」
「なんて贅沢なんでしょう。真ん中には半熟たまご!」

「美味しいものが全部のっているんですよ」
「幸せがいっぱい」

「最初は塩、それから醤油、最後はお茶漬けがおすすめ」
「出汁をかけると、また違うお肉になってます」

ご主人の板橋さんはもともと居酒屋を経営。ランチメニューだったこの料理が評判になり、専門店としてオープンしました。

A4ランクの黒毛和牛をまとった“ドレス”の下には、、マグロ!シメは、カツオベースのお出汁をかけてお茶漬け風にいただきます。

【最寄駅】吉祥寺駅より徒歩1分
【所番地】東京都武蔵野市吉祥寺本町1-24-6 福助ビル2階
【電話番号】0422-27-1942
【定休日】年末年始
【営業時間】11:00~15:00 /17:00~22:00
【ホームページ】https://kfoodinnovation.com/kichijoji-meatdress
※現在は時間を短縮(11:00~15:00/16:00~20:00)して営業しています。
現在はテイクアウトの販売もしています。

黒毛和牛肉ドレス海鮮丼のテイクアウトは5月末までです。
今後の営業につきましては、お店HPをご確認ください。

▶お店のサイトはこちら!

今日のなぎら健壱さんのテイクアウトは、肉ドレス海鮮丼。
帰って曲でもつくるそうです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする