カテゴリー

ぶらり途中下車の旅 なぎら健壱さんが南北線 見逃した方はこちら!2020.3.14放送

縄文おやき、スーパーでは売っていない独自製法のトキハソースと焼きそばがおいしそうでした。最後の目黒の焼き鳥屋さん、香ばしいトサカ食べてみたいです。
気になる「縄文おやき」については、別記事に書きました。
長野からやってきたものだそうです。縄文おやきの記事はこちら

ぶらり途中下車の旅(赤羽岩淵)足立区都市農業公園

荒川堤。 桜が咲いています。
十月桜という、年に2回咲く桜のよう。
川沿いの都市農業公園には、梅も咲いています。
朱鷺の舞という、赤と白が両方咲いている梅も。

古民家もあれば、畑もあります。
農業公園のスタッフが、無農薬の野菜を栽培。
園内のキッチンで食べられるそうです。

五色桜と呼ばれている桜は100年前に、ワシントンに贈ったもの。
その間、日本は戦争なので、五色桜が絶えてしまい、再びアメリカから分けてもらったそう。
里帰り桜ともいわれています。

明治時代、ワシントンに贈られた桜が里帰り。4月、35種類、3000本が満開に!

【最寄駅】「赤羽岩淵駅」バス停より国際興業バス「西新井駅」ゆき乗車20分
「鹿浜五丁目」バス停で下車徒歩5分
【所番地】東京都足立区鹿浜2丁目44-1
【電話番号】03-3853-4114
【ホームページ】https://www.ces-net.jp/toshino/
【休園日】
第1、第3水曜日(祝日の場合は翌日)
※3/31(火)まで閉園

ぶらり途中下車の旅(赤羽岩淵)タイの楽器「ISAN’S(イサーンズ)」

バスで赤羽岩淵駅へ。
勝って知ったる飲み屋街を見に行くなぎらさん。
「赤羽の飲み屋さんは、今ブームなんですよ」
店の中から不思議な音色が。
タイのイサーン地方の音楽のストア。
店の名前は、「イサーンズ」

音が聞えていたのは、ケーンという楽器で、日本の笙の原型だそうです。

ピンというのは、独特な飾りがついた弦楽器。
「オープンコード。なにも押さえなくてもコードになってるんだね」
いきなり弾いてしまうなぎらさん。
イサーン地方の方がひいてくれます。

店主のこみなとさんは、地元でタイの魅力を伝えたいと店をオープン。

雅楽の笙の原型といわれるタイの楽器、ケーンやレコード、カセットも扱うお店。

【最寄駅】赤羽岩淵駅下車徒歩2分
【所番地】東京都北区赤羽1丁目34-4
【電話番号】090-3137-3893
【インスタグラム】https://www.instagram.com/isansakabane/
【ホームページ】http://isans.jp/
【定休日】水曜・木曜



ぶらり途中下車の旅(赤羽岩淵)「FUJI BAGEL(フジベーグル)」

こだわりのベーグル専門店。
石垣島の塩、沖縄の黒糖。
北海道のあんこを使って、中間をとって、「富士ベーグル」

店主さん夫妻は、赤羽の人だそうです。
娘さんも地元幼稚園。

「ごまあんこ」のベーグルを試食するなぎらさん。
「もちもちしている、ベーグルの考えが変わりました。このあたり、よく試飲にくるのでまた来ます」

店主さんたちは、沖縄好き。子どもに安心して食べさせられるものをと、素材にこだわった。月替わりのものもあり、今月は、「屋久島のたんかん」ベーグルだそう。

なぎらさん行きつけの夜の町をチラリとみて、電車に。

ご主人がこだわる素材は、石垣島などの黒糖、塩。そして、北海道の小麦粉と小豆。

【最寄駅】赤羽岩淵駅下車徒歩2分
(JR赤羽駅より徒歩7分)
【所番地】東京都北区赤羽1-35-8
【ホームページ】https://www.fujibagel.com/
【インスタグラム】https://www.instagram.com/fujibagel/?hl=ja
【営業時間】8:00~ 売り切れ次第終了
【定休日】日曜日、祝日、月曜日(不定休)

ぶらり途中下車の旅(西ヶ原)すがも鴨台観音堂

西ヶ原で降りて、巣鴨へ。
都電(サクラトラム)が通っていきます。
観音堂があらわれました。

らせん階段をのぼると、赤い糸が指について観音様。
お釈迦さまとご縁を結ぶ糸をいただける様子。

行きと帰りは違う階段をおりるようになっている不思議な構造は、「会津さざえ堂」と同じ二重らせん構造。

大正大学構内になり、仏教に親しんでもらう目的で作られたたてもの。
さきほどの赤い糸が建物の外まででていて、この糸に触れただけで参拝したことになるそう。

大正大学構内にある二重らせん構造の観音堂。

【最寄駅】西ヶ原駅下車徒歩25分(西巣鴨駅から2分)
【所番地】東京都豊島区西巣鴨3-20-1
【電話番号】03-3918-7311
【ホームページ】http://ohdai-sazaedo.jp/
【拝観時間】9:00~17:00

ぶらり途中下車の旅(西ヶ原)「トキハソース」と「瀧野川やきそば」

ソースの自動販売機を発見。
「生ソース」とあります。
野菜を酵素で分解して気化熱で作ったソースなんだそうです。
ソースを試食させてもらいます。

「一番人気の濃厚になります」
「普段口にしているものとはちがう。酸味や野菜の味が感じられます」
「特選ソース」は容器の底にたまったもの。

生ソースは、野菜をくだいて、酵素を加え、2週間かきまぜる。
火にかけて作場合は捨ててしまう野菜が捨てないですむ。

大量生産できないので、スーパーでは売られていない貴重ものです。

「やきそばも販売しますよ」
キッチンカーで焼きそばも販売中。
「瀧野川やきそば」として売られているのですが、なんとローストビーフときんぴらごぼうがのっている!

焼きそばはなつかしい味。ローストビーフもソースでつけこんだもの。
なぎら健壱さん。思わずソースを3本も購入。

大正12年創業の生ソースメーカー。野菜を酵素で溶かし製造。そのソースで作る焼きそばは絶品!

【最寄駅】西ヶ原駅下車徒歩30分(JR板橋駅より徒歩10分)
【所番地】東京都北区滝野川7丁目39-8
【電話番号】03-3916-7181
【ホームページ】https://tokiwa-sauce.co.jp/





ぶらり途中下車の旅(白金高輪)伊皿子貝塚遺跡 三田台公園

三田台公園にはいります。
貝塚が展示。
伊皿子貝塚遺跡の展示のようです。

階段をおりると、縄文人の住居をみることができる。

【最寄駅】白金高輪駅下車徒歩10分
【所番地】東京都港区三田4丁目17-28
【ホームページ】https://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/koen/takanawa/03.html

今度は、幽霊坂の標識。
「すごい坂。上がってくる人がみえないもんね。錯覚がおきて幽霊なのかな」

ぶらり途中下車の旅(白金高輪)縄文おやき「和合堂」

坂をおりたところに、「あったか縄文おやき」の看板。
きれいな店内で店主さんとおはなし。
長野県の縄文遺跡で作られているおやきだそうです。

待っている間に店主さんが不思議なつるをみせてくれます。
折った鶴を平らにして、手の上でぽんぽんしていると、また鶴にもどる。
「おもしろい、3日くらい楽しめる。形状記憶のようです」

桜のおやき。「香がいい」桜の葉もねりこんでいます。
ピリ辛おやき、「素朴、あとからぴりっとくる。」

縄文遺跡が残る長野県小川村で作られているおやきを販売。

【最寄駅】白金高輪駅下車徒歩15分
【所番地】東京都港区三田2丁目17-18 1F
【電話番号】03-6435-3880
【ホームページ】https://wagoudou.com/

和合堂のサイトには、下のように書かれています。

食品は、極力、自然そのままの状態で、身体に優しいものにこだわりました。
パーソナルケア・ヘアケア等も、余計なものが入っていない、自然由来のものにこだわっています。
そして博多織・紙の技術など、日本の伝統技術・文化を現した和小物たち。
見ているだけで心が、浮き浮きするようです。  <和合堂サイトより>

身体にやさしい商品の一つが、番組でなぎらさんが食べた「縄文おやき」
「小川の庄おやき」という商品のようです。

村のお母さんや、おばあちゃんたちが、
生涯現役で生きがいをもって働ける職場づくり、
村の宝である、美味しい山菜や野菜、
きのこなどの特産物を生かした商品づくりで、
活気ある地域づくりに挑戦しています。“地元の美味しさ”を追求した手作りお惣菜
おばあちゃんの愛情たっぷり!
ひとつひとつ手作りで包んだ特別なおやきです。
素材本来の旨みを引き出したおふくろの味です。種類は20種類以上、春夏秋冬、信州の旬のお野菜
や山菜、茸がたっぷりのお惣菜をご用意してます。
毎日、違う味をお楽しみ頂けます。    <和合堂サイトより>

ぶらり途中下車の旅(白金高輪)発明「ピラミッドフィルム クアドラ」

駐車場で回転いすで遊ぶ若者二人。
おしりをふると、音楽が聞こえる。
ウエブ制作会社の人なんだけれど、変わったものをつくって会社をアピールしているらしい。上でやるとうるさいので、駐車場にいたそうです。

手を振ると音の震動で音が鳴る機械。
なかなか実用化はしていないみたい。

手を洗ったかどうか検知する機械。手を洗うと温度が下がるので、そこを検知。
なぎらさんは、手を洗っていないと判定されてしまい、「アルコールしたのになあ」

アイドルを応援するライト。持つ人の心拍数で色が変わるので、感情がわかる。
「コンサートであいつのってないな、ってわかるんだね」

「もし壁」
まず、両想いになったら送りたいメッセージを入力。
二人で密室で互いに壁に手をおいて、二人ともドキドキ度が高ければ、メッセージ交換。
この会社でまずまずの評判商品。
婚活イベントで人気だそう。

社員の自由な発想で新製品を次々に製作。旅人もチャレンジした「もし壁」とは?

【電話番号】03-5476-4745
【メールアドレス】info@pfq.co.jp
【ホームページ】http://www.pfq.co.jp



ぶらり途中下車の旅(目黒)串焼き 錦

いい感じに暮れている目黒駅
「希少部位」の看板にやられて入店。
「かんむり(トサカ)」「リンパ」「はつおち」(大動脈)などがおすすめ。

待ち時間にビール。

リンパ(胸腺)が来ました。にんにく醤油で、「コリコリ、かめばかむほど味が」

はつおち(大動脈)きました。小さいひとかけらが一羽分。
「うちは、一串で十何羽分の鶏を使ってます」

トサカが来ました。トサカがたくさん並んでいて、なまなましい!
「トサカを食べるとは」
食べてみて「うまい!香ばしい。醤油がいいですね。敬遠するかもしれないけれど」

「鶏はいろんな味を持っていますね」

この店は取引先との信頼関係で、希少部位を入手、お手頃な値段で出しています。
味つけも、オーソドックスなものからバターなど新しい味付けまで、工夫をこらす。

最後に「うまい!!」と叫んでいたなぎら健壱さん、このお店はかなりおいしかったようです。

希少部位を扱う焼き鳥屋さん。1羽からひとかけらしかとれない「はつおち」などいろいろ楽しめます!

【最寄駅】目黒駅下車徒歩3分
【所番地】東京都目黒区目黒1-4-15-1F
【電話番号】03-6420-3858



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする