カテゴリー

じゅん散歩は柴崎・調布 見逃した方はこちら!2019.8.16放送

こんにちは、お散歩ブロガーのへいあらんです。
今週は高田純次さんが、出身地・調布市を歩いた一週間。
最終日、2019年8月16日の放送で、柴崎駅周辺を歩きました。
「京王線の中で、地上駅で、各駅停車しか止まらない柴崎駅。どんどん通過する電車が見られます。5本のうち4本は通過しますよ。この電車も通過するかな?おや、止まりま したね」
駅前、線路のそばからお散歩スタートです。
【ナレーション】柴崎は、調布から3駅というアクセスのよさ、昭和の面影が残る風景が人気の駅です。
「住むには落ち着いていていいんじゃない?畑が残っていて、郊外に来たなって」
菊野台第二緑道 を歩きます。緑いっぱいの細ーい道。
「京王線沿線は緑深い。栗の木きゃない!実がまだウニくらい小さいね・各駅停車の町でまったりしてる」


じゅん散歩:森田園!石灯篭に野菜も…名物造園店

通り沿いに石屋さんが見えます。
女性たちがパラソル(野菜の販売所)で買い物中。
庭には石もいっぱい。

石屋さんのご主人が歩いてきます。
「趣味とはいえ、よく石灯籠集めましたね」
「売ってるんですよ」
「売ってるんですよね!商売ね」

「この置き灯籠はかっこいいね」6万円だそうです。
「高いのはどれかな?」
「白い石の灯篭が高い。形がよくできてる」とご主人。

織部灯篭で173,000円!

「ちっちゃな庭に石灯籠。意外といいかも」
「いいですよ」

【ナレーション】
このお店はもともと農家ですが、造園業もしているので、庭先に野菜と石が並ぶ珍しい景色になっています。問屋だけでなく一般にも灯篭を売っています。

「番組のプレゼントに灯篭とかないですか?」
ご主人苦笑・・

森田園
調布市菊野台1-46-1
☎0424-85-5066
・置道風型灯篭 70,200円
・織部灯篭(国産) 173,000円
・古代六角雪見型 68,000円
・稲荷様 92,000円
※全て一点ものに付き現品限り


じゅん散歩:ポンチキヤ!もっちりフワフワ「ポンチキ」20

甲州街道のクロスガーデンを通り過ぎ、また細い道へ。

「ポンチキヤ 」というお店があります。
「おもしろそう」

若くてとても美人な店主さん、山本さんとお話します。
ポンチキは、ポーランドのドーナツのようなお菓子だそう。
お店には、いろいろな種類のポンチキが売っていますが、ポーランドで伝統的なのは薔薇(ばら)ジャムを入れたもの。

バラジャム入りポンチキを5個買って、試食する高田純次さん。「おお、ジャムが、がつんとくる。うまいもんだね!」
とても美味しいみたい!バラジャムも手作りです。

【ナレーション】
子どものころからピアノを習い、ショパンにあこがれた坂元さんは、留学先のポーランドで、ポンチキと出会いました。ポーランドには、年に一度ポンチキの日もあり1日10個食べる人もいます。

ポーランド大使館にケータリングもしているんですよ。ブルーベリージャムが人気です」
「大使館に伝手(つて)がある?」
「ありますよ!大使も来ました」
「じゅん散歩で、ポーランド、行きたいんだよね。」

「カメハメハって、どこで切るか知ってる?」
「カ・メハメハなんだよ」
テロップで、カメハメハ:ハワイの王、カ・メハメハ:孤独な人 と流れる。

「でポーランドにつてはない?」
「ありますよ!」

◆ポンチキヤは、ぶらり途中下車の旅(愛華みれさん)にも出たんです!
放送の詳しいレポートはこちら!

◆放送終了後、ポンチキヤさんのツイートが!

ポンチキヤ KIKUNODAI
調布市菊野台1-27-20
http://poland.saleshop.jp/
・ポンチキ(薔薇ジャム)320円

来年あたり、じゅん散歩のポーランドロケが実現したりして!
ポンチキ屋さんは気になりますね。
へいあらんは、降りたことのない柴崎駅、
ポンチキを買いに出かけようかな?


コメント

  1. […] その時の放送は、こちらです! じゅん散歩柴崎 2019.8.16放送 […]