カテゴリー

じゅん散歩は高円寺!見逃した方はこちら!2020.3.2放送

じゅん散歩は高円寺

週のはじめ、またオープニング曲が変わっていました!
「高田純次選曲」と」いう赤いテロップが出ていて、また洋楽。
これからこの曲でいくのでしょうか?

「今日は高円寺。高円寺と言えば、阿波踊り、お笑い芸人が多い町。
ここは高円寺バルです。長いアーケードが見えます。

カラオケ屋の前に、若い男女グループ。
杏里の「悲しみが止まらない」を歌ってきたらしい。
「しぶいところを」

高円寺駅周辺には、10以上の商店街があります。ねじめ正一さんの小説で有名になった「高円寺純情商店街」も。
南口には、平成15年にアーケードができた高円寺パル。こちらは、カフェや雑貨店など若者に人気です。阿波踊りは、この商店街で、町おこしのためにはじまりました。

メインの通りからはずれても、網の目のようにお店がひろがっている高円寺です。
女性にインタビュー。
「高円寺好き?」
「ええ。古着などもも、どこから仕入れて来たのか、おもしろい」
手作りの地図が貼ってあったり、400円の雰囲気のあるラーメン屋さん、100円のまぐろの店などもあります。


じゅん散歩(高円寺)花のドーナツ「グムグム」

「お花のドーナッツ グムグム」という看板を見て入店。
油井奈奈さんは、お花を装飾したドーナッツを販売。
もとは、ドライフラワー専門店だったけれど、花をあしらったドーナッツを売るようになったそう。
試食した高田純次さん。「花の味もするの?」

ADさんを呼んで、一緒に試食することに。

油井奈奈さんがデザインし、ドーナッツを作るのはご主人。
味と華やかな見た目が人気です。

ご主人は音楽をする人。
「歌ってたらかわいい人がきた」というのが夫婦の出会い。

ドーナツといろいろな花を合わせていると聞いて、「中落(なかおち)あわせたら?」
確かにすぐそばに、まぐろの中落ちのお店がありましたね・・・

グムグム
杉並区高円寺南3-60-10

03-6877-0537
・お花のドーナツ


じゅん散歩(高円寺)妖怪専門店「大怪店」

「エトアール通り」を歩きます。
アーケードはない商店街です。

「妖怪専門店」の看板。
あやしい狭い階段を上ります。

でてきた店主さんが妖怪!
妖怪DJ や2000点の妖怪グッズ。

黒い服のかるべさんは、似顔絵を描く人。
顔をみて、かくしているけれど、実は美女?
番組スタッフのりっちゃんの似顔絵を描いてくれます。
できた作品は「骨女」

珍店発見!妖怪だらけの専門店
大怪店
杉並区高円寺南3-44-17 2F
050-5309-2219
・百怪一首 5,280円
・妖怪化似顔絵 30分 2,500円






じゅん散歩(高円寺)ミルク風呂の「小杉湯」

今度は高円寺駅北口を歩きます。
四方八方が商店街。

細い道には、研ぎの専門店もある。

「ミルク風呂」の看板のある「小杉湯」
かなり歴史のありそうな建物です。

ミルク風呂を用意する様子を見せてもらいます。
乳液の技術でつくったミルクを浴槽に入れて、泡だて器でしゃわしゃわかきまぜます。
お湯に触れた高田純次さん。「肌ざわりがシルキー」

この銭湯では、「漢方風呂」なども。
シャンプーやタオルが無料で使えるサービスもあります。

「こんなにサービスいいのは初めて」
ミルク風呂は初代の店主がはじめたもの。

この春には、となりに飲食店もオープンするようです。

小杉湯
杉並区高円寺北3-32-2
03-3337-6198
・入浴料 大人 470円
・Tシャツ 7,700円
・バスタオル 5,060円







同じ週のじゅん散歩(高円寺・阿佐ヶ谷・新高円寺・東高円寺・南阿佐ヶ谷)の記事はこちらからどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする