カテゴリー

じゅん散歩は谷津!見逃した方どうぞ

2019年5月24日のじゅん散歩は、谷津を歩きました。

昭和57年まであった谷津遊園は、海水浴や潮干狩りができる遊園地でした。菊人形も有名でした。今でも、バラ園が残っています。

訪ねたのは。バラのアイス屋さん「金庄 茶茶」、「読売巨人軍 発祥の地」、貴重な渡り鳥を観察できる「谷津干潟自然観察センター」です。




バラのアイスの店 金庄 茶々

京成 谷津駅から散歩がスタートします。

バラのアイスを売っているお店があります。

高田純次さん、アイスを食べます。

「バラの味は知らないけど、なんかバラの味だね」

アイスは、食用のバラの花と実をすりつぶして作っているそうで、谷津遊園に来た人の二人に一人は食べているとか。

お店には、谷津遊園の写真があります。

「昔ここでおじいちゃんに口説かれた、っていうおばあちゃんがいましたよ」

昔からのデートスポットだったんですね。

<金庄 茶茶>

習志野市谷津5-4-8 

047-477-0732


巨人軍発祥の地

じゅん散歩は、バラ園に来ましたが、まさかの休園でした。

「ごめんなさいみなさん。チェックしてなくて!」

テレビの取材でまさかの休園!そんなこともあるんだ!!

「巨人軍発祥の地」の看板があります。「どういうこと?」

有名な選手の手形があります。

昭和9年、アメリカ選抜チームと巨人軍の前身となる日本チームがはじめて試合をしたのが「谷津球場」それを記念して建てたのだそう。

千葉県観光物産サイトによると、

千葉県の読売巨人軍発祥の地記念碑は、昭和9年(1934年)、アメリカ大リーグのオールスターチームと名選手、ベーブルースが来日しました。当時まだプロ野球団がなかった日本は、6大学から選手を選抜して全日本軍を編成しました。両チームの練習場となったのが旧谷津遊園内にあった谷津球場です。この選抜のメンバーが巨人軍の創設メンバーとなり日本プロ野球誕生への歴史的な第一歩となりました。

巨人軍の前身は、大学オールスターだったんですね。

<読売巨人軍発祥の地>(谷津公園)

習志野市谷津3-1



谷津自然観察センター

純さんぱは、谷津自然観察センターに来ました。

鴨がいます。干潟が広がります。

センターの方が、望遠鏡をのぞいています。

「シメという鳥がいたのですよ」

センターの中から、干潟を望遠鏡で見れますよ」

センターに入ります。

「「タイサギ」が見えます。一羽いると集まってきます。」とセンターの方。

この干潟は、昭和63年 国の鳥獣保護区になりました。

「シベリアに渡っていこうとしている鳥が来てます。ハマシギです」これもセンターの方。

鳥は飲まずま食わず一週間も過ごすそう。

「ぼくには過ごせないね」と高田純次さん。

職員の方が、本当に鳥が好きそうで、鳥と一体化していて、幸せそうでした。ここにいけば、野鳥についての熱いトークが聞けそうです。

<谷津干潟自然観察センター>

習志野市秋津5-1-1

☎047-454-8416