カテゴリー

じゅん散歩は新馬場!見逃した方こちら!6月11日

6月11日のじゅん散歩は、品川区新馬場を歩きました。

品川神社に来ました。

「ここ有名な品川神社。あ、今日、用があった!」と引き返す高田純次さん。
長い長い階段があるから中止にした様子。

出世にご利益があるという品川神社は、サラリーマンに人気です。

北番場(きたばんば)参道を歩きます。
「食べ物屋が多い。8割が食べ物屋」


昭和40年創業のおせんべい!たいし堂

「おいしそうな おせんべい! ざらめだ。おれの好きな! 」
298円 のざらめせんべいを手に取る高田純次さん。

「このあたりは変わった?」と店主に尋ねます。

「ここにきて40年・・変わりましたね。ビルが建って」
「そんなに変わらないじゃない。ずっとこのままがいい」

さらに歩きます。すれ違う男性に「同級生だよ」と握手を求められます。

<たいし堂>
品川区北品川2-11-11
☎03-3471-2588



じゅん散歩 ガラスの表札!ガラス工房グリーンミント

「ステンドグラス?表札かな?」

ショーウィンドウに目をとめてお店の中へ。オフィスのような造りです。

「窯でステンドグラスを焼いて表札にしています」
「なぜステンドガラスを?」
「引っ越した家のとなりにステンドガラス工房があって・・」

「刈り上げてるけど、大丈夫?無くなるとね・・似合うからいいですよね」

店主のじぼうゆうさんは、結構刈り上げてるのがかっこいい女性。
ニューヨークやスイスでも作品を発表している作家です。

色とりどりの表札を見た高田純次さん。
「高田がない。林でもいいか」

ガラス表札は13年前から作り始めたそうです。
お値段は、57000円の文字がみえます。

「今自分の表札を作っているんです。」
「絵は自分で描く?」
「子どもの絵も使います」

ガラス切りで、葉っぱの形を鮮やかに切り出します。

「この工房は借りてる?」
「買いました。自分の作品を置きたくて」

壁にステンドガラスがはめ込まれたシャワー室を見せてくれます。
「どこに金があるの?家は?」
「自宅は旭川」
「実家?」
「実家は釧路湿原」

どうして工房が買えたのか興味深々の高田純次さんです。
美しい表札と、釧路湿原から来たアーティスト。興味の尽きないお店です。

<ガラス工房 グリーンミントオフィス>
品川区北品川2-9-1



「不思議な道。川の跡かな」
目黒川を渡って、東海道にもどってきました。

じゅん散歩 和紅茶!「茶箱」

「茶箱」という店に入ります。 黒豆大福などの手作りの和菓子とお茶のお店のよう。

店主の岡部さん「昨年の12月から営業しています。もとは床屋でした」
「鏡があると、広くみえるね」

和紅茶は、日本茶をつんだあとで、紅茶に仕立てたもの。紅茶といえば、海外産のイメージが強いが、昭和46年に紅茶の輸入が自由化するまでは、国産の紅茶も多かったそうです。

和紅茶と菓子を味わう高田純次さん。
「あたりがすっきりしている」
和菓子を味わって「味が深い」

<茶箱>
品川区南品川2-11-5



じゅん散歩 閻魔いなりの「遠州屋」

「時間が時間だから、まったりしてる」
和菓子の遠州屋に入ります。

「しぶいね ご主人」
閻魔いなりを10個買います。

近くにある「閻魔堂」が品川区の文化財になった時、この稲荷寿司を考えたそう。

高田純次さん、自分の分は手で食べます。
「ちょい辛い! 一味入れてる。アイデアだね」

今日も十条で買ったカードマジックを店主さんに披露する高田純次さん。

先週に続き、マッック登場!
多分スタッフの分の稲荷寿司もさっと買っている、太っ腹の高田純次さんです。

私は、品川は、駅前しか歩いたことがありません。神社と稲荷に、川の跡。歩きたくなります。

遠州家>
品川区南品川2-8-16
☎03-3471-7278



コメント

  1. […] 高田純次さんのマジションブームが少し続いてる気がします。 (西荻編 と 新馬場でマジックを披露) […]