カテゴリー

じゅん散歩は立会川!見逃した方こちら!6月14日

2019年6月14日のじゅん散歩は、京急線立会川を歩きました。

立会川は、2003年にボラが大量遡上したことがあり、かなり話題になったことがあります。その時に「ボラちゃん音頭」という歌までできました。

【ボラ騒動】
 立会川は、高度成長期に水質が悪くなり、住民は悪臭に苦しみました。JR東日本による総武線トンネル内湧水処理事業により水質が大幅に改善されました。そのせいか、2003年に数十万匹のボラが大発生。ワイドショーでも報道されました。「ボラちゃん」という秀逸なネーミングも手伝い、立会川の町興しに一役買ったそうです。

また、立会川には、土佐藩下屋敷があり、坂本龍馬が警護についたことがある土地でもあります。


じゅん散歩 赤ちゃんとママのひだまり的居場所!
「マザー ネイチャーズ サン」

「マザーネーチャーズ サン ?何屋さんだろう?」女性がたくさん集まっているスペースです。

「ここの大将はどなた?」
「私とだんなでやってます」と、店長のさわだかなさん。
「ママと赤ちゃんのくつろげる場所。ママであっても様々なできることを発信していきたい。」

父の日も近いので、「パパのネクタイでリボンをつくろう」というワークショップが開催されていました。
「うちも娘に靴磨きセットをもらったよ。自分で磨けってね」

マザーネイチャーズ サンのホームページを見ると・・
午前中は日替わりでワークショップ+ランチ会の開催。午後はフリータイムのようです。

<マザー ネイチャーズ サン>
品川区南大井4-4-5 101号
☎03-6459-6405

「今週若い人と話してないな」と高田純次さん。
道行くおばあちゃんとおはなし。
「立会川はどう?」
「雰囲気はいいわよ。」
お菓子をくれようとするおばあちゃん。
辞退する高田純次さん。


じゅん散歩 坂本龍馬も来た?
安政3年開業の蕎麦「吉田屋」

雰囲気のある路地を歩きます。「裏通りはいいね。」
「あれ?また東海道?」
東海道に戻ってきました。
吉田屋さんの「白エビのかきあげそば」の看板に惹かれて、店に入ります。
庭も、雰囲気のある建物です。庭には、巨大な鯉!

店主と着物の女性二人がお出迎え。
「いつからですか?」
「安政3年(1856年)からです。6代目」

手打ち十割そばの店です。坂本龍馬も来たことがあるそう。

「茹で時間は15秒。目覚まし時計で測ってる」
茹でているところを見せてくれます。
大きなざるで15秒丁度で引き上げます。

「20秒茹でるのと違いがあるの?」
「20秒だと風味が抜ける。10秒だと固い」

15秒茹でたそばをいただきます。
「能書きを言うだけある。うまい!」

うなづく高田純次さん。こんなに褒めるのは本当においしいのでしょう。
坂本龍馬が来たことのある、風格のある店なのに、鯉もいるのに、ランチのお値段はごく普通です。

<吉田家>
品川区東大井2-15-13
☎03-3763-5903