カテゴリー

じゅん散歩は西大島・江東区 お散歩ルート紹介!見逃した方はこちら!2019.6.27放送

2019年6月27日のじゅん散歩は江東区・西大島を歩きました。
江東区の観光キャラクター「コトミちゃん」もつぶやいています。




じゅん散歩 五百羅漢寺 素通りしましたが!

「おはよう西大島。五百羅漢跡です。」

【ナレーション】
都営新宿線 西大島駅の近くに、「五百羅漢寺」があります。
富士山がのぞめる景勝地。
境内には「栄螺堂」という、らせん状に昇る三階建ての高楼があり、仏教の聖者・羅漢像を五百三十体ほど奉ってあったといい、広重、北斎の絵に残されています。

「有名な画家に描いてもらえてよかったね。そうでなかったら、残らないものね。」
西大島の名所ですが、素通りします!

東京サップガレージ 運河で楽しむマリンスポーツ

階段をおります。小名木川。この川は流れてないんだ。
「あ。あれはハワイでやってるのだね!」

川の上で、ボートみたいなものに乗っている人たち。
「こんにちは。これ面白いの?つまんないの?」
「おもしろいですよ」
リーダー(先生?)が答えます。

「難しいの?」
若い女性が、「体幹使います!」
高田純次さん「こけてもいいから、漕いでみて!」
みんな漕いでくれます。
なんだか簡単そうに見えます。

「夏に向かってね、いいなあ!」と高田純次さん。

東京サップカレージのサイトを見てみました!
こんなことが書いてあります。

Active Famiry 東京SUPガレージの特徴
今話題のSUP(サドルアップパドルボート)を都心にいながら楽しめます。
基本的なパドルの使い方から、ボートの乗り方など丁寧にレッスンしてもらえるから初心者でも安心!
都内の川を渡り、いつもとは違う都会の景色を楽しむこともできますよ。

都内の川でこんなことができるなんて嬉しい驚き。
私は、このスポーツ、見るからに苦手そうなんですが、体幹強い人には、いいかも!
いつもと違う東京を感じられそうですね。

<東京サップガレージ>
 江東区東陽5-30-8 田山ビル1F
 ☎03-5654-7019
 https://www.facebook.com/tokyosupgarage/
 ・サップ体験スクール 2時間 5,000円(レンタル機材料込み)



バレーボール関係者も訪れるお食事処「プリエ」

かわいいお店の前に、日体大、中央大などの、幟(のぼり)がはためいています。

お店の中には、きれいな奥さんに、娘さん、お父さんも。
娘さんが日体大、マスターが大学バレー部応援団長だった縁で、大学のバレー部を応援するようになったそうです。

「プリエ」さんのの少し前のつぶやきです。FC東京の選手との仲良さが伝わってきますね。
スポーツ選手のおなかをおいしい食事で満たす店なんですね。

<プリエ>
江東区大島2-18-12
☎03-3637-4253
【営業時間】19:00~25:00 【定休日】月曜日
・あんこうの辛味炒め 1,200円
・馬のすじ煮込み 600円



シャドーボックスを体験!ミセスヤブキ ワーククラス

高層マンションのそとに「シャドーボックス」の看板

マンションの集会室には机をコの字にして、先生と数人の女性たち。
何やら作業中です。

高田純次さん、葛飾北斎の絵をモチーフにした生徒さんの作品や、外国の静物画のような先生の作品を見せてもらいます。

生徒さんの手元にも、ダンボールみたいな材料が・・

【ナレーション】
シャドーボックスは、17世紀のフランスで貴婦人の趣味として流行しました。
同じ絵を数枚用意し切り抜いて、立体にしたい部分を、重ねていきます。
重ね方によって表情が変わる奥深さが魅力です。
矢吹先生はこの道30数年、海外の展覧会にも発表して評価されている方です。

「皆さん、作りながら何話してるの?」
「夫の悪口!」
「それが一番仕事が進むんだよ。男はだめだからね。今度言っとかなきゃ」
「誰に言うんですか」
「うーん、それがむつかしい!」

高田純次さんのテキトー発言に、びしっとつっこむさすがの先生。
楽しいやりとりでお散歩は終わりです。

<シャドーボックス ミセスヤブキ ワーククラス>
江東区大島1-3-1-513
☎03-5626-3273
・受講費(材料費別) 2時間 2,500円