カテゴリー

じゅん散歩はつつじが丘!見逃した方はこちら!2019.8.13放送 つつじが丘散歩情報も!

こんにちは。お散歩ブロガーのへいあらんです。
お散歩関係のテレビ番組をレポートしています。

2019年8月13日のじゅん散歩は、高田純次さんが、30代のころ家族で住んでいたつつじが丘を歩きました。

じゅん散歩:和菓子処 今木屋 名曲誕生地の思い出の和菓子
じゅん散歩:思い出の神代団地
つつじヶ丘散歩情報:武者小路実篤 記念館
つつじヶ丘散歩情報:手紙舎

高田純次さんのことをくわしくかいた記事はこちら!

つつじが丘駅前からスタート!
「おはようございます。あの有名な高田純次さんが住んでいた住宅公団、今はURてすね、30歳から36歳まで住んでたところを、里帰りみたいに、行きたいと思います」

【ナレーション】
高田純次さんが、サラリーマンをやめ、東京乾電池で劇団活動をし、アルバイトをし、舞台やテレビにも出はじめた頃に住んだ町です。記憶をたどりながらお散歩します。

銀行に行くという男性にインタビューとお話。「銀行でいくら下ろすの」「記帳だよ」


じゅん散歩:「和菓子処 今木屋」名曲誕生地の“思い出の和菓子”

「ここに踏切なんてあったかな?」
踏切前の和菓子屋 今木屋で聞いてみます。店主さんに聞くと、踏切は前からあったそう。そして、つつじヶ丘に、住んでいたころの高田純次さんを見かけていたといいます。
「青い車に乗ってましたよね。元気の出るテレビ、東京乾電池の人だつて、追いかけようかと思った。」
若い店主さんだから、子ども時代の思い出ですね!

今木屋には、地元の地名にちなんだお菓子が、並んでいます。

幼稚園や保育園の卒園式で歌われる「思い出のアルバム」という歌は、近くにある常楽院というお寺の住職で、幼稚園の園長もつとめ、た、本多鉄麿さんが昭和32年につくったそう。
「いつのことだか、思い出してごらん、あんなこと、こんなこと、あったでしよ」というあの歌です。

その歌にちなんだお菓子、「思い出のアルバム」を食べる高田純次さん。ミルク餡の入ったお菓子を食べながら、思い出したことが。
「焼肉の食べ放題があったね。卒業式の時とかに行く。どんどん思い出してきた」

◆今木屋の「ほのぼの調布」は、調布市観光協会の「調布のおみやげ」の一つになっていますよ。

和菓子処 今木屋
調布市西つつじヶ丘3-25-11
042-482-3619
・多摩っ栗 170円
・思い出のアルバム 170円
常楽寺
調布市西つつじヶ丘4-9-1
042-484-0900



じゅん散歩:思い出の神代団地

神代団地が見えてきました。

「私の13号棟は、前が駐車場で風通しがよかった。冷房なんていらないくらい」

この団地に住んだのは、前の中野のアパートと同じ家賃で、お風呂があったから。
「小さい子どもがいたからね」

緑の多い団地です。団地の案内板の前で
「変わんないな。5階に住んでた。59棟もあるんだね」
「5階まで毎日あがるから、足腰も鍛えられるよね。(いまの)散歩につながったと思えばいいことですよね」

前に住んでいた13号棟で。
「駐車場だったところに家が建ったなあ。ここは娘が小学校に上がるとき写真を撮ったところ。」昭和40年代の団地の様子が映ります。当時は、入居はするには抽選でした。

団地の外にいた1階に住んでいるという女性と話します。
「お子さん大きくなったでしょ」
「ずっと小学生で」
当時の高田純次さんの家族を知っている方です。
「団地祭のおみこしを一緒にしたり」
「おれは家にいなかったから女房だね」
「そういえば、水道局の人がラーメン屋になったよね」
「ええ、まだやってますよ」
「はじめて行ったときは二度と来るもんかと思ったけれど、そのあといったら美味くなってた」
近所の方の消息を語りあいます。

「お互いに元気で」と握手をして別れました。



団地の商店街に来ました。
「ここは、知らなかった。全然来なかった」
牛乳屋さんがあります。きれいな牛乳屋さんです。
中標津のびんにはいった牛乳を飲みます。
「濃い牛乳!おいしい!」

帽子をかぶった若い店主さんと話します。
「なんでここに?」
「雰囲気がいいのと、牛乳配達が夢で」
階段を上がって、配達しているようです。
「団地の空き部屋はあるの?」
「お年寄りが多いので、4階。5階は空いていますよ」

◆放送後のツイート!山本牛乳店です。

店の外で、URの担当の方を発見します。
空き部屋について尋ねると、新しくエレベータを外付けした棟は人気だが、高田純次さんの住んでいた13号の5階には空き部屋があるそう。

空き部屋の503号室に向かいます。5階の階段を上がって、部屋へ。
「きれいにしてる!フローリングも全部きれいだね。お風呂があるのが便利だった」
「ここで飯食べて、ここにはタンス置いて、こっちは寝室だった」

【ナレーション】
3人で越してきて、程なく次女も誕生した、かけがえのない思い出を残してくれた家です。

外を見ながら「見晴らしはいうことない。写真撮っとこう。おれ、日本の首相になろうとかね、そんなこと考えたりとかね」

山本牛乳店
調布市西つつじヶ丘4-23 神代団地商店街35号棟102号室
042-426-7739
・養老牛 放牧牛乳 1本(180ml) 400円
・宅配手数料 月700円 ※宅配は週4回のみ エリアは調布市・狛江市・世田谷区

思い出の神代団地
UR賃貸住宅 神代団地
調布市西つつじヶ丘4-23
狛江市西野川1-25
UR調布エリア現地案内所 042-440-3781
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kanto/tokyo/20_1320.html


◆番組終了後の、「公団ウォーカー」を運営していて、「日本懐かし団地大全」という本を出している「公団ウォーカーてるる」さんのツイート!



つつじヶ丘情報:武者小路実篤記念館

つつじヶ丘駅と仙川駅の中間地点あたりに、武者小路実篤記念館があります。

武者小路実篤は、晩年の20年間(1955年から1976年)をこの地で過ごしました。

記念館は、遺族から寄付された、実篤の本、絵や書、原稿や手紙、実篤が集めていた美術品などを所蔵しています。
閲覧室では、実篤の本を読んだり、実篤が好きだった画家の画集を見たり、友人の志賀直哉や岸田劉生らの本、雑誌『白樺』や日本近代文学の本や資料を見ることができます。

実篤の自宅は公園になっています。
自宅といっても、約5,000平方メートルという広大な園です。
園内には、四季の花木や武蔵野の野草が花咲き、秋には木々が鮮やかに 紅葉して、四季折々の風情をかもしています。
上の池には水源となる湧水があり、下の池には鯉が泳ぎ、また、野鳥も数多くやってきます。
園内にはあづまやがあります。

静かな環境で、武蔵野の自然に触れられるようです。

東京都調布市若葉町1-8-30
03(3326)0648

◆ガイドツアーもあります


◆館内はこんな感じ

つつじヶ丘情報:手紙舎 神代団地の本のあるカフェ

じゅん散歩で訪れた神代団地の商店街には、「手紙舎」というちょっと有名なカフェさんがあります。イベント、雑貨、カフェを手掛ける編集チームがやっているお店。

築50年以上経つ、レトロな集合住宅の大きな広場の片隅に、手紙舎本店はあります。大きなヒマラヤ杉を眺めながら、ゆっくりと過ごしていただけたら。“たそがれる”には、うってつけのお店です。お持ち帰りの焼き菓子も充実しています

山本牛乳店の方も言っていましたが、団地の雰囲気に魅かれて、若い人のお店もやってくるんです。

◆記念館と手紙舎を訪れた方のツイート!

◆こちらも手紙舎、独特に素敵な景色。神代団地いいな

つつじヶ丘情報:マヨテラス

つつじヶ丘と仙川の間にあるキューピーの見学施設「マヨテラス」も、ぜひ行きたいスポットです。
「ファクトリーウォーク」という工場見学的なものや、試食コーナーも充実!
デザインもかわいいですね。
あ、見学は予約がいるようです!

帰りには、「キューピーショップ」のカフェで一休み。
キューピー人形や、キューピーデザインのスイーツをおみやげに買って帰りましょう。

東京都調布市仙川町2-5-7 仙川キユーポート
03-5384-7770