カテゴリー

じゅん散歩は女化(おなばけ)(牛久)!見逃した方はこちら!2021.2.4放送

じゅん散歩(牛久)女化神社(おなばけ神社)

読めますか?これは「おなばけ」と読みます。

参拝の女性とお話し。
「何と読むとわかりますか?」
「昔農家の男の人がキツネを助けたら、恩返しにきて・・でもしっぽをみられていなくなった」

1509年の創建。
キツネの伝説は、歌舞伎の演目にもなり、歌舞伎役者が参拝におとずれたことがあるそうです。

1509年創建
女化神社
龍ケ崎市馴馬町5379
029-872-2237




じゅん散歩(牛久)澤田茶園

誰もいない道を歩いていると、畑に青いビニールのようなものが。
農家の方とおはなし。

青いビニールがかかった出っ張りは、「ぼっち」という。

(※)ぼっち…落花生の株を円柱型に約2メートルほど積んだもの。積んだ状態で一カ月程度自然乾燥させることで、落花生の実に含まれるデンプンが糖分に変化し、甘味が増していくといわれる。

農家の方は、機械で、中身がはいった落花生と空の落花生を選別しています。
空っぽのものは軽いので、外に飛ばされる。

「分けた殻はどうなるの?」
「土にすきこむんですよ。」

話していた方は、澤田茶園というお店をしていて、落花生や茶の広い畑を持っていることがわかりました。
「すごいですね。仲良くしましょうよ」

お店で、お茶をいただくことに。

「半立」という品種の落花生をいただきます。
皮をむかずに食べるのがおすすめ。
「味が濃い」

落花生ごはんをいただきます。
売り物にならない落花生を入れたごはんです。

「これは売り物?」
「いいえ家で食べるものなんです」
「うちの店でも出したいな、これ」
「えっ、お店やってるんですか?」
「やってないんだけどね」

隠れた名産!茨城の落花生
澤田茶園
牛久市女化町30
029-872-0307
・半立 320g 1,080円

この週の他の放送はこちら!








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする