カテゴリー

アド街ック天国は浅草橋!見逃した方はこちら!2021.2.27放送

20位

花嫁DIYがブーム
ウェルカムボードも手作りで。この通りは、花嫁ロードと言われています。
くすみカラーのビーケがビーム。
アクセサリーのおおはしでも、ティアラなどを販売。150種類もあって、費用もおさえられます。手袋なども安くそろいます。

19位 文房具

ルーズリーフの専門店。オーダーでオンリーワンがつくれます。
縫い合わせる糸も選んで、2週間後に完成。
文具店で出会ったオーナー夫妻は、デート中もルーズリーフのことを語りあっていたらしい。
「ルーズリーフ沼」

18位 友安製作所カフェ

カフェでも、インテリア商材を売り、DIYワークスペースもあります。
糊付け不要で、賃貸でも使える壁紙があります。

17位 住吉

浅草橋らしいしぶい飲み屋。
ねぎたっぷりのマグロ中落が人気。

女将の長尾さんに聞くと、「メニューはハチャメチャ、手もこんでないよ」
なす天ぷらの衣には生ビールを加えると、からっとあがります。
つまみは、最高でした。

16位 レザークラフト

ジジ ファブリカ
レザークラフト教室です。
作りたいものを伝えれば、型紙を起こしてもらえる教室。

レザーメイドさとうでは、アフリカゾウの皮や、ダイヤモンドパイソンの皮もある!
2階では、皮の手芸教室。
レザークラフトで盆栽も作っています。

スタジオ

千秋さん ママ友とハンドメイド集団をつくっていたので浅草橋には行きます。
はプロポーズ時に、箱だけは浅草橋で買いました。

15位 レトロな建物

市丸さんが暮らしていた邸宅はルーサイトギャラリーに。

葉もれ日は、金井畳店の四代目が開いたお店。
組子コースターもあります。

14位 忍丘高校

蓬莱園の池の一部と大銀杏が残っています。

13位 洋食大吉

池波正太郎さんも来ていたお店。
牛肉のうす焼きがお好きでした。

「カニクリームコロッケは極上のグラタンがはいってるみたい」
「中にタラバがはいってるんですよ」
「岩中ロースカツは食べきれないほど」

12位 砥石 森平

人造と天然の2種類の砥石。
天然は、水をかけるだけでOKで、研いだものも長持ち。

「でも、今は自然破壊の問題があって、天然はとれない」
そこで素晴らしい人造砥石も開発。

コロナ前は月一できていたイタリア人が、今はローマの小学校で研ぎの教室をしています。

11位 ハンドメイドワークショップ

日本ヴォーグ者運営のKEITO

編み物ワークショップには、男性も。
この方は、講師の伊藤さんです。
東大の大学院を出て、メーカー勤務後、編み物講師に転身。

編み物は、「xyzと、巻き戻すと時間のtなので・・」という説明。

「確かに同級生に編み物はまっている人いた」
千秋さんは、編み物はだめだったそう。

10位 浅草橋
浅草見附にかかる橋でした。
今も石碑が建っています。

歴史物語。
浅草橋に人形問屋が多いのは。
日本橋、人形町、浅草橋では人形市が開かれ、大人気だったそうです。

9位 ミニ花火大会のコーディネート 長谷川商店

幼稚園の夏祭りなどのミニ花火大会のコーディネートをしてくれます。
千秋さんも、長谷川商店の設計図の花火大会で、平成の終わりを祝ったそうです。

8位 文具メーカー

ツバメノートはこの町です。
罫線がななめのノートも一部の人に愛用。

「大変だったのは、最小のノート」
3cmくらいのノートは小さすぎて、罫線はなし。

大きいノートもつくるのが大変だったそう。

「小さいのはスパイノノートみたい」

サンスター文具はアイデアで勝負。
「象がのってもこわれない」のアーム筆入れは昭和に大ブーム。

アイデアコンテストで佳作になったのは、ひっくりかえすと枕になるペンケース。
「寝ごこちで選べる3種類用意しました」
ちょいかた、モコフワなどが選べます。

7位 屋形船

柳橋の屋形船は江戸時代から。
感染症予防もして、明かりをLEDに変更。
7月には、青い提灯で、医療従事者への感謝を伝えたことも。

6位 「水新菜館」「水新はなれ 紅」

「水新菜館」は、町中華の評判の店。
あんかけ焼きそばが絶品。

となりのはなれは、雰囲気がちがうワインバー。
親戚の物件で、家賃がかからないのも安さの秘密。

5位 玩具「TOTOCO]着せ替え人形専門店

TOTOCOはおもちゃの卸問屋。
札幌オリンオピックの衣装の人形。
叶姉妹の人形。

ご主人は、総ての人形の顔を覚えています。

4位 江戸前の老舗

安政元年創業の蕎麦の店あさだ。若いお客さんが増えています。
八代目は十割蕎麦、あられ蕎麦がおすすめ。

江戸の佃煮 鮒佐
五代目と六代目。六代目は幼稚園の時から店を継ぐことを意識。
「鍋の中に自分の思い浮かべる絵を作れ」と先代の教え。

シモジマは梱包資材を充実。テイクアウト用品も需要急増。
シモジマオリジナルの紙カップが注目。上部をおりたためれば、カップにもなるエコな梱包資材です。

2位 手芸ショップ

パーツクラブ本店では、レジンが人気。
UVで固めれば、好きなアクセサリーが作れます。

きわ製作所 マスクのパーツが充実、
アマビエのアクササリーや、耳が痛くならない材料など。

千秋は友達と浅草橋に行くだけで、アイデアが湧くと語ります。

1位 人形問屋

木目込み人形の五色
創業者の原 は、無形文化財に認定。
丸いお顔のおひなさま。

今は三代目の原裕子さん。
細部までこだわった人形。
「クリスマスのように、その日まで家族で楽しみにしていただけたら」

現代的なサイズ感の壇飾りもスタイリッシュ。
「もう一個ほしくなった」
「お人形さんみたい、って言われて、ひな人形に親近感がある」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする