カテゴリー

じゅん散歩 4年間の総集編!赤羽でパー子さん!日本橋・吉祥寺・勝浦・大正大・人形町・武蔵小山・仙川・霞ヶ浦・京成高砂 2019.8.6放送

2019年8月6日放送のじゅん散歩は「真夏の感謝祭」。9時30分から9時55分は、4年間の放送での笑いと涙の名場面の総集編でした!

じゅん散歩 パー子さんに会う!<赤羽>

朝9時からの商店街。
パー子さんが来ました。
「この辺に住んでるの。中学もここよ」
「パー子さんは普段もピンクなんだ」

じゅん散歩 まさかの道案内<日本橋>

「ここはメリルリンチ」
上品なおばあちゃん。道に迷っているみたい。
「私も迷ってるのよ」
茅場町に行くらしい。
「茅場町は、向こう。結構距離ありますよ」
通行人にも道を聞いて、一生懸命教えました。

じゅん散歩 サインに名前は書かないで!<吉祥寺>

バッグ屋さんの前で、サインをお願いされました。
高田純次さんが、紙にサイン。
「サインは、(自分の)名前書いてもらわない方が価値があるのよね」
「よく知ってるね」
「名前は?」
「まちだたかこ。あ~名前書かないで!」

じゅん散歩 目が悪い?<勝浦>

勝浦の市で。

「勝浦の魚どうぞ。焼いてるよ。マヨネーズつけるとうまいよ。」
焼いた魚を食べさせてもらう高田純次さん。

「視力弱ってるのか、おかあさんの髪が紫に見える」
魚を焼いているおかあさんは、本当に、紫ヘアー!
「勝浦は変わった?」
「若い人は消えたね」
「おかあさんみたいな40代はほとんどいないんだ」
「目が悪くなったね!」

じゅん散歩 なぜか臨床心理学の学生に好かれる <大正大学>

大正大学のキャンパス内。
学生さんが近づいてきて、
「小学校のころからファンです!大好き!」もう、泣いてます。
臨床心理学の3年生。

もう一人学生さん「ファンです」
また臨床心理学の学生さん!



じゅん散歩 人形町の名物横丁で一服<甘酒横丁>2016年12月13日放送

人形町のお茶屋さんで、手作りのほうじ茶を飲む高田純次さん。
「のどちんこが喜んでる。」
湯呑まで口に入れていると、
「そんなことしなくても笑いとれるじゃない。いい男が台無し!」
とお客さんの女性にたしなめられてしまいます。
「きついお言葉」お客さんの女性はお母さんと娘さんみたい。
「姉妹かと思ったよ」
森乃園
中央区日本橋人形町2-4-9
03-3667-2666

じゅん散歩 銭湯で冗談もほどほどに…<西新井>2017.2.21放送

銭湯の裏側の材木置き場?
銭湯の堀田さんが、「こんなに大勢で来るなら、みんなから460円もらうとすごいね」
今の時間、銭湯は掃除中のよう。
「あとで、若いきれいなコが、レオタードで風呂の写真撮りに来るかも」
「日本の政治家と同じで、うそがおおいんじゃないの?」と堀田さんに返されます。

<堀田湯>
足立区関原3-20-14
電話03-3852-4126



モデルさん<渋谷>

渋谷で、サングラスをかけたきれいな人を発見。お話すると、モデルのなるみさん。服は自分の服だそう。
「いや、きれいだね。今日はついてるね。毎週渋谷でいい」

金の一万円札<武蔵小山>

武蔵小山の長い商店街。
「よくこんな長い商店街がね」
金の一万円札のキャッチャーに挑戦!→成功します!
「ダメかと思ったね。この金で肉でも」

スーパーマーケット激戦区<仙川>2018.1放送

仙川で女性にインタビュー。

「物価安いの」
「こんなに おしゃれなのに?」
「スーパー5つもあって競争がすごい、一つが安いとお客さんが言ってしまうから、他も安くして・・」

「ファンなのよ、あれ、お名前なんだっけ」
「高田こうきち」
「そうだそうだ」


ワカサギ釣り<霞ケ浦> 2018.1放送

川べりで、ワカスギ釣りの帰りの男性に会いました。朝4時半に行ったのに、釣れなかったそう。
「朝から行ったのにね」
「好きでやってるから」
すごく遠くまで、自転車で帰るそう。自転車で遠くを走っていくのを見て。
「絵になるね。元気だ。きれいなフォームだね」

じゅん散歩 あかずの踏切体験 <京成高砂>2018.7京成高砂

「あかずの踏切体験に来ました。この1本が行くと・・」
なんと、踏切が直ぐ空いてしまいます。
自転車を押して、女性が踏切を渡ってきます。
「あかずの踏切じゃないの?」
「時間がわかればあくのよ、きゅうり食べる?」

じゅん散歩 銭湯で<西八王子>2018.6放送

銭湯の前で、出てきた女性と会話。
「高田純次さんは、混浴がいいのよね。うちにくればあるわよ」
「おかあさんと入るの!?」

じゅん散歩 明治大学生にインタビュー <明治大学>

「ここは明治大学の子が来るよ」
若い女性がきます。
広島からきて2年経ったそう。
「彼はできた?」
「はい、向こうでは自転車でばーっだから、会うのはイノシシくらいで・・」
すごくしゃべれる人でした!

「あなたとお店に入ってもっとしぇべれ、ってカンペが出てる」
「出てないでしょ!」



じゅん散歩 ハンガー専門店で衝撃の一服<北参道>2018.10.8放送

ハンガー専門店で、突然シャツを脱ぐ高田純次さん。「ボディービルで鍛えた体を見せたい」
ハンガーにシャツをかけて、飲み物を飲んでいると、
「パパー」と小さい子の声。
「バカって言われたかと思った」

<バルミーカフェ>
渋谷区千駄ヶ谷3-3-1
03-5413-6737
・バルミーハンガー(メンズ・黒) 490円