カテゴリー

じゅん散歩は青物横丁 見逃した方はこちら!6月12日

2019年6月12日のじゅん散歩は、青物横丁を歩きました。

江戸時代に青物の扱う店が並んでいた町です。

街灯が、ソラマメの形、向こうにはカボチャやいんげんの街灯もある!
街をいろどるやさいの街灯は平成16年に設置されたそうです。

現在は多くの飲食店がならぶ繁華街です。
八百屋さんは・・見当たらない。

「今は八百屋さんがひとつもないね。
渋い建物、明治時代かな?こういう建物はお医者さんが多いね。」
医院の建物を通り過ぎます。

「自転車屋さんに聞いてみよう」
「この辺、青物の店がないね」
「ええ。無くなっちゃたんですよ。うちは鉄もの」
確かに、自転車屋さんは鉄もの。

とんかつ屋の前に、おばあちゃんと男の子。
「もう名前変えないと。とんかつ横丁でいいんじゃない?」

男の子が笑っています。
「何年生?学校で何が流行ってるの?」
「一年生。ポケモン」
「ポケモン、どこの局?あ、ドラえもんって言ってみて」
「どらえモン。強引に言わしちゃだめだ。


じゅん散歩 ハマーカフェ

「あれ!ハマーの最初のでかい方だ」
お店の外にごっついハマー。

「ハマーカフェ。かなり大きいな。エキゾティックでいいですね。」

赤と黒の店内。アメリカンな雰囲気。スーツを着た「支配人」っぽい岸田さん。

「ここで飲むとハマーがあたるの?」

車の販売会社でカフェもやっているお店だそう。ハマー好きにはたまらないメニューとディスプレイが話題です。

「こっちもハマーーH1。軍用でしょ? 売ってる?」
「売り物ですよ」

シャッターが開くと、ここにもハマー。

ハマーもともとはアメリカの軍用車。シュワルツネッカーさんの要望で、民間にも販売されるようになりました。生産終了の今も人気が続きます。

地下に降ります。地下も広い。

「ここも人気あるでしょう?」
イベントやダンスパーティーができるスペースになっています。

高田純次さん、平成18年に1年間だけ生産されたハマーを見て、

「みんな欲しがったよね。」
「高田さん、ハマーに乗ったことは?」
「ハマーは乗ったことはないな」

車好きの高田純次さんの楽しそうなハマーカフェ。

*高田純次さんと車については「じゅん散歩が2倍楽しい!高田純次さんプロフィール!故郷調布(国領)!特技の絵!趣味の車!交友関係・隈研吾さん!」をどうぞ!

ごっつい車が店のそこここにあり、どれだけ広いんだ!

<ハマーカフェ>
品川区南品川3-6-27
03-5783-6117


じゅん散歩 日本でここだけ綿菓子の機械屋さん! 朝日産業

第一京浜を歩きます。

お店の前で作業するTシャツの男性。「コットンキャンディ」のピンクの看板。
「綿菓子の機械を作ってます」

社長の茂木さん。
「日本ではここだけなんです」

「一族でやってるの?」
「家族とスタッフですね。外にいたのが息子」
「息子さん。いい身体して!」

昭和37年創業の朝日産業。デパート屋上に昔から置かれていた綿菓子やポップコーンの機械をつくっています。綿菓子機製造は年間2000台。

フルーツ味のざらめを開発し、小売店への販売もしています。
写真映えする綿菓子が作れます。

店内では、数人の男性が綿菓子機作ってます。
「折角来たので何がいいですか」
綿菓子の試食をおすすめされる高田純次さん。

「バナナがいい」
「バナナの味がするよ。おいしいもんだね」
「まだ販売してない。これから売るんです」

何味かないしょでスタッフの東海林さん(女子)が試食します。
「メロン?」「すいか?」
「バナナだよ」
「あ。いわれてみれば!」
社長さん「販売中止ー」

わかりにくいのか?バナナ味

とても筋肉質て色黒の男性たちが、楽しそうに作っているかわいい綿菓子!
このアンバランスさが、なんか、とてもよい会社でした。

<朝日産業>
品川区東大井1-1-1



コメント

  1. […] ◆カラフル綿菓子は、青物横丁のお店かな?屈強な男性が作る可愛い綿菓子の会社でしたね。青物横丁の散歩レポートはこちら! […]