カテゴリー

じゅん散歩は六町(ろくちょう)・足立区!見逃した方はこちら!2019.12.12放送

「今日は六町駅。2005年につくばエクスプレスができて、はじめてできた駅です。
周りも新しい建物が多くて、これからの町ですね」

【ナレーション】
つくばエクスプレスで浅草から10分。
以前は鉄道が通っていない街でしたが、つくばエクスプレスが開通し、ベッドタウンとして生まれ変わりました。穴場の散歩スポットでどういう出会いがあるでしょうか?

「空地が多い。建築中の建物も多い。これからの町ですね」
農業用ハウスも多い景色です。
「なんの芽かわからない、ほうれんそうということにしておくか。」


じゅん散歩:六町ミュージアム・フローラ!住宅街に…ユニーク建築美術館

白い建物を発見!
「金持ちが道楽で建てたものか?スポーツジム?」

入ってみると、個人で運営している美術館のようです。
スタッフの田中さんが案内。
中からは、池が見えます。
窓が透明すぎて、「これぶつからない?」と質問する高田純次さん。
横河健さん設計の、大きくはないけれど、池と傾斜を生かした建物です。

取材時は、片岡球子さんの作品を展示中。
「これは大変貴重なものだよね。これで1日に1000人くらい呼べますよ」
と高田純次さん。

近代日本画を中心に、江戸絵画、及び洋画を含めて展示しています。

◆足立区のツイート!

六町ミュージアム・フローラ
足立区六町2-5-35
03-3885-7333
・入館料 一般 300円 / 学生 200円
※季節によって展示内容は変わります



じゅん散歩:島田屋製菓! 大行列!ふんわりバウムクーヘン

「日本一柔らかいバームクーヘン」の看板。
住宅街の中に行列ができています。

「美味しいのよ」と行列に並んでいる女性が教えてくれます。
いつも行列ができるらしく、丸椅子も並んでます。

2時から切り落としの安売りをしているんです。
早速、買って食べてみます。
「口の中がバームクーヘンでいっぱい」

【ナレーション】
長崎バウムクーヘンは「長崎のカステラのように柔らかい」ということで名付けられました。
切り落としや型崩れ品を販売する、1日3回のタイムセールでは、100袋が10分で完売するそうです。

社長さんの島田さんは、80歳の女性。
「仕事が好き。ごはんなんてどうでもいいの」
「ごはん、バームクーヘン食べておけばね」
という、働き者の社長さんがいて、活気あふれるお店です。

◆放送終了後のツイート!

大行列!ふんわりバウムクーヘン
島田屋製菓
足立区南花畑2-12-8
03-3883-0632
・長崎バウムクーヘン 見切れ品 4個入り 1,100円
・長崎バウムクーヘン(中) 2個入り 972円



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 足立区で散歩した六町ミュージアムの模型もありました。 […]