カテゴリー

じゅん散歩は亀有!見逃した方はこちら!2020.1.28放送

今日は亀有南口から散歩です。
「亀有は繁華街ですね。」こち亀のモニュメントがあります。
「今日は『こちら葛飾区亀有公園前派出所で有名な亀有。こち亀の作者の秋本治さんは紫綬褒章を受章しました。私は象印賞をとりました。」

亀有はには、秋本さんが生まれ育った町下町風情がのこっています。


じゅん散歩(亀有):街の台所 青果店「やおさだ」

「この町はなんでもありそうだな」
活気のある商店街「ゆうろーど」を歩きます。
鰻店で、「1本どお?」と声をかけられる。
振り返って、「本当に食べるかな?」

商店街をはいったところに、「食品市場」がある。
「いい雰囲気だね。混んでるね。」
古い市場だけれど、にぎわっています。
ブルーの使われなくなった水道があります。
青果店「やおさだ」のご主人が、「ここでは秋本さんが遊んでいたんだよ」

この市場は、前は10軒以上の店がありましたが、今残っているのは、「やおさだ」と総菜の「バンビ」のみ。
いまは「やおさだ」さんが何軒分も使ってるが、もとの店の看板は残っている。

しかし、大繁盛のようで、
人気の秘密は驚きの安さ。

びっくりな量のたまねぎが100円!
主婦や料理人などであふれています。

「ここは令和の時代にも残してほしい」
「屋根がパッチワークになっちゃって」
確かに、かなり破れてつぎはぎ。
さつまいもの詰め放題にチャレンジした女性。
「上手でしょ」
袋からあふれるサツマイモ。詰め放題は、定期的に開催のよう。

やおさだ
葛飾区亀有3-20-6 亀有食品市場内
03-3601-3203
・野菜の詰め放題 不定期で開催 次回は1月30日(木)予定

◆亀有食品市場は注目スポットなんですね。



◆モヤさまも来たらしい

じゅん散歩(亀有)旧水戸街道で発見!黄門様の一里塚

「ゆうろーど」を抜けて、旧水戸街道へ。
店がなくなり、マンションなどが並びます。
道に一里塚があります。水戸黄門一行らしき、三人組の像があります。
「水戸黄門じゃないのかなあ。どっちが助さんかな。」

一里塚の前にある、美容室シザーハンズで聞いてみました。
「水戸黄門です。どちらが助さんなのかはわからないので、大家さんが町内会長なので聞いてみてくれましよう!」(カット中のお客さんはちょっと置き去りにして、隣の町内会長宅へ」

立派な家から、町内会長さんが来てくれます。
「テレビなどで見ると、右が助さんで左が格さんですね」

町内会費があまったので、この一里塚をたてたのだそう。
「普通なら、余ったら、温泉に行くのに」
「何か残そうと思って」
「それは、精神的にいいものをお持ちですね」となにか残そうという心をほめる高田純次さん。


じゅん散歩(亀有):ワインで有名!東欧の国・モルドバ「ノーロック」

駅の西側を歩きます。
三色の国旗が出ているのを見て「どこかな」

モルドバという国の料理のお店のよう。
ピロシキなどロシア風?

高田純さんが、このお店「ノーロック」を訪問。
民俗衣装を来た女性が応対してくれます。
モルドバは、ルーマニアとウクライナの間にあり、1881年にソ連より独立しました。
九州より小さく、ワイン醸造の歴史が古い国です。

この国で有名なのは、「オゾン」というグループで、「恋のマイアヒ」を歌い、日本でも人気だつたとお店の方。
高田さんは、この曲は知らないみたい。
この女性は、夫婦でお店をしているディアナ倉田さん。
モルドバから、16年前観光で来日し、日本人の倉田さんと結婚した。
デニーズで出会い、結婚までは出会ってから3週間だったことなどが、高田純次さんのインタビューでわかりました。出会ったころは、言葉は通じなかったみたい。

メニューは、「ザアマ」(モルドバで、毎日味噌汁のようにのんでる麺のはいったスープ)「キングレバー」「サルマーレ」 など。
倉田さんの作る「ラックラーメン」もあります。

高田純次さんは、たくさんの野菜と鶏肉で煮込んだモルドバの定番料理の「ザアマ」を飲みました。
サワークリームをとかして食べます。
「ミネストローネだね」
「ザアマだよ」
「やみついになる味」

ノーロック
葛飾区亀有5-19-2
03-5856-2454
・キングレバー 825円
・サルマーレ 1,155円
まぜて ミネストローネ めんもたべやすい  ・ザアマ 770円

◆こちらのお店のブログは面白い。私は、なんだか延々とみてしまいました。じゅん散歩についてはこんなことが!大使館とコラボしたり、パーティ、料理教室など。亀有で、モルドバを味わえそうです!

1月28日(火)放送テレビ朝日じゅん散歩にNOROCがご紹介されます。

テレビと変わらない高田純次さんとのトークは楽しく冗談ばかりで話の内容が何が本当かさっぱり分からない(笑う)

続きはテレビを観て楽しんで下さい






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする