カテゴリー

じゅん散歩 グローバルな一歩一会 青葉の感謝祭 2020.5.28放送

オープニングは、ステイホーム中の高田純次さん。
「ノルウェーにもロケに行ったんですね。その時の写真は・・あ、ないや」
ということで、スタート!

じゅん散歩(六本木)「文喫」入場料のかかる次世代書店

<2019年4月15日放送 六本木>
入場料がかかるけど、快適空間で本を読み放題の話題の店「文喫」へ。
大きな椅子で読書中の、お父さんと娘さん。

「どうしてこちらへ?」
「美しい物を見に日本に。この店は、娘に教えてもらいました」
娘さんが読んでいる本は、三島由紀夫作「金閣寺」
「日本の有名な作家と聞いて」読んでいると話しました。

文喫
港区六本木6-1-20
03-6438-9120
・入場料 1,650円

▶文喫のサイトはこちら!

文ぶん喫きつとは

―― 文化を喫する、入場料のある本屋。

人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約三万冊の書籍を販売します。一人で本と向き合うための閲覧室や複数人で利用可能な研究室、小腹を満たすことができる喫茶室を併設しています。エントランスでは約九十種類の雑誌を販売。普段はあまり出会うことのできないラインアップも交え、来店されたお客様の新たな興味の入り口となります。また、企画展も定期的に開催します




じゅん散歩(谷中)「ザクロ」ベリーダンスショーのお店

「ベリーダンスショー」のポスターに釣られて、店の前に来た高田純次さん。
「ベリーダンスショーは夜か」
と言っていると、中から男性の店主さん。
「今できますよ!」

店の前にいた店員さんと二人でちょっと踊ってくれます。

ザクロ
荒川区西日暮里3-13-2 谷中スタジオ1F
03-5685-5313
※現在 ベリーダンスショーは休止中

ザクロの店主さんは、ただものではなかった!こちらの記事、面白いです。




じゅん散歩(西新井)「エンブレムホステル西新井」外国人が9割!人気ホステル

<2019年12月9日放送 西新井>

ホステルの前で外国人男女のグループにインタビュー。
「何で西新井に?」
「このホステルは出会いが多い場所として有名だよ」
ホステルは一人で来る人が多く、ここでお友達になる人が多い。

大きなテーブルでは、抹茶のワークショップ中。
講師の西脇さんが、「日本文化紹介」

空手、書道、寿司づくりのワークショップをしている。
「茶碗を回すのはどうして?」
「正面をさけるためでしょ」
と詳しい外国人男性。

この時の放送の記事はこちら!

エンブレムホステル西新井
足立区梅島3-33-6
※現在 臨時休業中
※最新の営業情報はHPをご確認ください
http://emblem-hostel.com/
・4人部屋 1人1泊 4,000円



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする