カテゴリー

じゅん散歩は檜原村!かあべえ屋とまいたけパン!見逃した方はこちら!2020.7.29放送

じゅん散歩(檜原村)

今日は、めるか檜原という第三セクターの中からスタート。

物件を紹介してくれます。

「いい物件は?」
「山つき、450万円」
「手直し必要だけれど」

「今、空き家の問い合わせは多いんじゃないですか?」
「そうですね」

檜原村は足立区2つぶんの広さに2100人余りが生活している檜原村。
のどかな住環境を求め、若者や子育て世代が移住してきているそうです。

「村の暮らしがわかるところを教えてください」
と「かあべえ屋」を紹介してもらいます。

めるか檜原
西多摩郡檜原村468
042-519-9601

じゅん散歩(檜原村)ショッピングストア かあべえ屋

ショッピングストアかあべえ屋を訪問。
コンビニくらいの大きさのストアです。

村の第三セクターが運営するスーパーです。
「コンビニなくてもいいね」

檜原村の名産はまいたけ。
フライなどもおいしそう。

「檜原の人はすごく助かってるのよ」とお店の方。
お弁当なども売っている。すべて370円。

4年前のオープン当日は記念式典やテレビ取材もあり村をあげてのお祭り騒ぎでした。
商品は約500点、都心部に負けません。
特に高齢者に人気のせんべいはラインナップが充実。
この時期の一番の高級品はスイカで、観光客に人気です。
お店でよく売れるのはアイスだそうです。
町から遠いので、溶けてしまうから、近くで買うんですね。

「ジャイアントコーンが好きなんだ、毎日食べたいくらい」と高田さん。
ジャイアントコーンを買います。

ショッピングストア かあべえ屋
西多摩郡檜原村463番地イ
042-588-5595
・桧原村の舞茸 1袋 370円
・弁当各種 1個 400円


じゅん散歩(檜原村)まいたけパン「森の風(もりのぷう)」

高田純次は森の風゜を訪問。
かわいらしいピンクの建物。

「風に〇がかいているのはなぜ?」
「プウと読むんです」

平成5年オープン。
元々府中市のスーパーでパンを作っていた店主が地元にUターンしお店を始めました
おすすめのまいたけぱんは、もっちりして香が強いです。

「まいたけのパンって珍しいね、マイタケの香がいっぱいだ」
「店が出来た時は、子どもも多く、日の出町にもないパン屋ができたって、喜ばれました。が」とお店の方。

「ディスコがほしいとかない?」
「踊る人がいないでしょ」
「スナックはありますよ」

森の風゜
西多摩郡檜原村下元郷18番地
042-598-1685
・まいたけぱん 137円
・まいたけ入りピザぱん 294円
・おぐらあんぱん 115円


じゅん散歩(檜原村)スナック花水

訪問はしませんでしたが、スナック花水は平成12年オープン。
都内の有名クラブで働いていたママが結婚を機に始めたお店なんだそうです。

スナック花水
西多摩郡檜原村樋里4450
042-588-5775

▶この週の他の放送はこちら!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする