カテゴリー

モヤさまは青葉区(横浜市)!見逃した方はこちら!2020.8.16放送

ギリギリ横浜の青葉区をお散歩。田奈駅、こどもの国と緑いっぱいのお散歩。後半は、大分県日田の流れをくむパリパリの焼きそば、マイスターのソーセージ工房とおいしいものを堪能してました。

田奈駅からスタート!
「渋谷から30分でこの感じ、いいけど、名前を変えたほうがいいんじゃない?田奈プラザとか?」

でかい葉っぱや、恩田川がある。
恩田川の向こう側には、農作業する人たち。
「ここ横浜?」
「ハマッ子ですか?」
「そうよ」
「この辺にいない美人さんだと思って」
田中アナ、褒められます。

木片やブロックの無償提供。
ブロックが豊富!
「いつ放送なの?」
「来月です」
「横浜の人はロケ中に聞いてくるね」


モヤさま(青葉区)三村豆腐店

「三村とうふ」の看板発見!
「せっかくだから寄らせてもらおう」
「三村さんですか?」
「私も三村です」
店主の三村さんは、秋田の方。地元出身の奥さんの名前が三村さん。
今の店主さんは、婿養子で二代目。
三村さんには、親近感をいだいていたみたいです。

豆乳のプリンや杏仁豆腐、チーズケーキ、コーヒープリンも売ってます。
「遊び心で」
一つ130円。さま~ずは、店主さんをイライラさせようと焦らすので、「早く食べて安心してくださいよ」と店主さん。

味はかなりおいしいみたいです。

田んぼの横に無人販売所。
黒いやぎさんが、ヒモでつながれています。
ヤギは、ヒモをひっぱりながら寝ています。
もう少し、楽なところで寝ればいいのにね。


モヤさま(青葉区)世界の知恵で悩み解決「ドリームチーム」新素材タフブローン

広報の女性ががいきなり、プランクローラーやマッチョなマシンを実演してくれます、

次は、驚異の新素材を見せてくれます。
ハンマーが割れたとします。
これにタフブローンを巻き付けると・・・
タフブローンを60度のお湯につけて水あめのようにして、ぐるぐる巻きにする。
「そんなに巻くなら買いに行く方が」
でも、タフブローンをまいたハンマーは、くぎを打てるくらい丈夫になる。
「タフブローン」を押してくるお店でした。

▶ドリームチームのホームページはこちら!

モヤさま(青葉区)こどもの国

こどもの国線に乗って、こどもの国へ。
できてから55年、ディズニーランドと、ディズニーシーを合わせた大きさ。

3人はビンゴを持って、池を目指します。
園内は、平日?かなり空いています。

三村さん、穴のあいた葉、きれいな花と「初級編たんけんビンゴ」に夢中。

ビンゴは意外と盛り上がり、やっているうちに池に到着。
ジャンケンして、大竹さんがドラム缶いかだに乗ることに。

大竹さん、かなり必死でいかだをこぐも、二人はビンゴに夢中で、カメラマンも見てくれないという残念さ。
「見ろよ!」

「みんなの知ってる横浜間はないけど、ここは横浜なんだね」

モヤさま(青葉区)シュタットシンケン緑山店

横浜らしい、異国風のお店が!
「ここは横浜だね」
横浜マイスターの看板も。

「県から国から全部賞状もらった」
ドイツなどでも働いたご主人が、自宅の隣に作ったお店。
国からも現代の名工に選ばれた中山一郎さん。

「ソーセージいただきたいです」
田中さんのことを気に入ったらしいご主人。
「なんかのチャンスがあったら、アナウンサー日本一になるんじゃない?」

「本格的な燻製してますから」
「ぎゅーっとはいってますね」
▶お店のサイト




モヤさま(青葉区)寺家町の「里のengawa」

寺家町(じけちょう)は、昔ながらの景観が守られた地域。
そこに、セレクトショップ的な「里のえんがわ」の看板。

「やばいくらい鬱蒼としてるね。トトロみたい」
里のengawaありました。

シェアオフィスだそうです。
オーナーは、日本語上手なフランス人。
19年前に来て、日本の農業にはまった人で、ワークショップで日本の農業のおもしろさを伝えている。

子ども用の遊具。
かっ車の玩具。体重の1/3の力で持ち上げられる。
田中アナが乗って見る。
「持ち上げんねーよ」
体重の1/4で持ち上がる滑車で持ち上がる田中アナ。
「楽しいですよ。これは」

▶こちらの記事がくわしいです。

モヤさま(青葉区)焼きそばの「想夫恋(そうふれん)」

町中にはいってきました。

「あなたはもう本物の焼きそばを忘れられない」の看板。
麺を両面やいて、焦がす焼きそばらしい。
「一週間に一回食べにくる人もいるくらいです」

三村さんが、代表で試食。
「パリパリ。鉄板にじゅーっと押し付けた感じ」
「ソースはトマトベースなんですよ」
「他にはないですね」
「九州に42店舗あるんですよ。九州北部の大分日田焼きそばのチェーンです」

福岡出身のご主人は、もともと、この九州の焼きそばが好きで、こちらに来たらお店がなかったので、作ってしまったそうです。
▶こちらの記事っがくわしいです




モヤさま(青葉区)高木美帆選手も通った「にんにく屋 嘉六 」

青森産のにんにくが売り物のお店。
日体大時代の高木美帆選手もよく訪れたお店。

「わー、にんにく。もう誰とも会話ができない」
三村さんはカレー。

大竹さんはハンバーグ。
玉ねぎたっぷり。
「気負いのない皿がいいね」

メンチにも玉ねぎがごろごろはいっている。
「この店は、気負いがない、ナチュラルな店だね。学生も来るよね」
▶こちらの記事がくわしいです。

モヤさま(青葉区)中古レコード店 「タチバナ」

試しに聞けるレコード店。
アナログ板を常時豊富に在庫。

「レコードに針を置いたことがない」という田中アナ。
「針を置いてみます?」
大竹さんは、フインガー5をチョイス。
田中アナは、世良公則をチョイス。「宿かり?」「宿無しだよ」

フインガー5の個人授業をかけて、全員すごく盛り上がる。
「いい音だね。最初にブツブツっていうのもいい」

ツイストを掛けておどる田中アナ。世良公則が降臨する三村さん。

モヤさま(青葉区)ぶたの「まさるくん」

突然、ガソリンスタンドにブタ。
ガソリンスタンドの社長のペット。
もう16歳だそうです。

名前はまさるくん。
さいっよはミニブタだったけど、今はご飯以外はねてるらしい。
ごはんをあげると、まさつ起きてきた。
すごく大きい。
「寝起きで急に食ってるよ」

しっぽをふって、うれしそうに食べるまさる。


モヤさま(青葉区)イタリアンの「カネ保水産」

ショーケースには、マグロ、ジェラート、おしゃれお惣菜が並ぶお店。
イタリアンの店だけど、お父さんはマグロ屋さんというお店。

チョコレートのジェラートがおいしい。
もものジェラートもももいっぱい。

ご主人は、さま~ずとは初対面ではない。
「ぼくの同級生の結婚式で会ってるんですよ」
さま~ずのマネージャーの松沢さんの同級生で、一緒に北海道から出てきた。
結婚式では、ギターの余興をして、三村さんに「ナゲーよ」と言われたそう。

▶こちらの記事がくわしいです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする