カテゴリー

じゅん散歩は新柴又!見逃した方はこちら!2020.1.31放送

新柴又駅は北総鉄道の駅で、周辺はのどかな田園風景が広がり柴又とは違った趣が楽しめる。
駅前に子どもの絵がうめこまれたタイルがあります。

「駅前もシックっていうか?」
結構静かな感じの駅前です。

じゅん散歩(新柴又):野菜自販機にぬいぐるみ!ハーベスト

農園があります。
「小松菜かな?」
野菜の無人販売所があります。
ロッカーのようにお金を入れるタイプの販売所です。
もふもふしたキーホルダーを売っています。

番組スタッフのりっちゃん(鈴木律子さん)を呼んで、キーホルダーを買ってあげる。
500円。
「ここでキーホルダー買うとは思わなかった」

となりのハウスに声をかけます。
「キーホルダー何処で作ってるの?」
「内職で」
ハウスで働いていた女性が作ってました。
「今朝も1個売れた」

内職のキーホルダーを販売所で!
たしかにうっかり買ってしまうかも。

ハーベスト
葛飾区柴又5丁目
※電話番号非公開




じゅん散歩(新柴又):気軽に手頃に!お菓子屋 ビスキュイ

高田純次はお菓子屋 ビスキュイを訪れた。24年前にオープンしたケーキ屋で、一流の味を気軽に味わってもらうのをモットーにしている。ショーケースにはお手頃価格のケーキが60種類入っていて、1日中お客さんで溢れている。なつかしのモンブランを試食した高田純次は「これだよこれ」と話した。

「そこは土手だね」
江戸川が近いんですね。
柴又街道を歩きます。
オレンジのお店 ビスキュイが見えてきます。
赤い車のきれいな女性に聞くと、「なんでもおいしいケーキ屋さん」

店内は、大きくて明るいケーキ屋さん。
駒水さんとおはなしします。
駒水さんは、帝国ホテルで働いていた方だそう。
「雰囲気でてますよ」
「サンダルではいれる帝国ホテルを目指しているんですよ」

番組スタッフの東海林さんを呼んで、いっしょにケーキを選ぶことに。
「なんでもいいんですか?1個ですか?」
2個選びたい東海林さん。
「図々しいねー」
といいながら、高田純次さんは なつかしのモンブラン、東海林さんは、ティラミスショコラともう1つ選びます。

このお店は、朝から晩までお客さんがいっぱい、併設のカフェでお店のケーキをいただけます。

カフェでケーキを食べる二人。
なつかしいモンブランを食べて、「これだよ!」と高田さん。
東海林さんは2つ食べるようでした。

街中にすごいパティシェがいますね。お値段もやさしいです。

お菓子屋 ビスキュイ
葛飾区柴又4-32-16
03-5668-8870
・なつかしのモンブラン 420円
・ティラミスショコラ 360円



お菓子屋 ビスキュイのこだわりは?

お菓子屋ビスキュイのサイトにも、「サンダルで入れる帝国ホテル」をコンセプトにしていると書かれていました。

オーナーシェフの駒水 純一郎(こまみず じゅんいちろう)は、帝国ホテルで7年間勤務しパティシエとしての腕を磨き、現在「サンダルで入れる帝国ホテル」をコンセプトにぶれない経営スタイルを貫いています。<お菓子屋ビスキュイのホームページより>




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする